あなたのココロの病はどんなもの?
『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』
『本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本』

ココロの健康シリーズ

最近落ち込んだり、イライラしたりする人はココロの病かも?
下記の自己チェックでまずは調べてみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたのココロの病はどんなもの?

書籍内で紹介している「うつ病」「パニック症」「強迫症」のケースを見ながら、
自分と同じ症状はないか自己チェックをしてみましょう。

最近、よく眠れない

日曜日の夜は、翌日の出社のことを考えてひどく落ち込む

「自分はダメな人間だ」と思うと、涙が止まらなくなる

職場の人たちから嫌われている気がする

電車のなかで何回もパニック発作(動悸や息苦しさ)を起こしている

地下鉄に乗るのが特に怖くて、目的地には大回りして行くことが多い

最近は、車の渋滞も苦手になってきた

ドキドキしただけで不安になり、「またパニックでは?」と考えて怖くなる

1日の大半が手を洗ったりすることに費やされている

最近は、寝る前にガス栓の確認を何十回もするようになった

お風呂に入ると壁や床を徹底的に洗ってからでないと出られない

頭の隅で、「こんなことは時間のムダだ」と別の自分がいっている

当てはまる項目が多かった方は…

うつ病・パニック症・強迫症の可能性があるかもしれません。

書籍内には、3分ほどで手軽にできる「簡易チェック表」があります。

心当たりのある人は、自分の状態を把握するために、ぜひトライしてみて!

『自分でできる認知行動療法
うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』

『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』

書籍情報

監修:清水栄司
著:浅岡雅子
ページ数:160
発売日:2017年08月10日
価格:1,296円(税込)

目次

● PART 1 あなたのココロの病はどんなもの?
● PART 2 そもそも認知行動療法って何?
● PART 3 3つのココロの病に対する標準的な認知行動療法の流れを知ろう
● PART 4 セルフカウンセリングのすすめ

【ダウンロード特典】
認知行動療法のためのワークシート

『本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本』

薬を使わない優しいココロの治療法です。
薬物療法と同じか、それ以上の効果が期待できます。
薬物療法に比べて再発しにくいのも特徴です。

本書の特徴

本書は、認知行動療法についての知識と、それをベースにしたセルフカウンセリングを紹介した本です。
「うつ病」「パニック症」「強迫症」に特化し、疾患ごとに最適なセルフカウンセリングの方法がわかります。
肩の力を抜いて、マイペースで読んでみて!

『本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本』

「認知行動療法って何?」といった疑問に、基礎から丁寧に解説しています。

セルフカウンセリングは、認知行動療法の知識がなくてもできるようになっています。

ココロが苦しいときは、集中することが難しくなり、文章を読むのが辛くなります。
その点に配慮し、できるだけわかりやすい言葉でまとめています。

うれしいダウンロード特典

ダウンロード特典

本書で紹介している各種「認知行動療法のためのワークシート」の拡大版がダウンロードできます。
再発予防にも効果があるので、何回も練習しながら書いてみてください。

監修者プロフィール

清水栄司

清水栄司(しみず・えいじ)

千葉大学大学院医学研究院教授、千葉大学子どものこころの発達研究センター長。千葉大学医学部附属病院認知行動療法センター長。精神科医。千葉大学にて千葉認知行動療法士トレーニングコースを主宰。著書、監修書に『自分でできる認知行動療法 うつと不安の克服法』(星和書店)、『自分で治す「社交不安症」』(法研)、『認知行動療法のすべてがわかる本』(監修/講談社)など多数。

『本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本』

本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本

書籍情報

監修:上島国利
著:松田慶子
ページ数:160
発売日:2017年08月10日
価格:1,296円(税込)

目次

● PROLOGUE こんな様子が見られたら強迫症かもしれません
● PART 1 “とらわれ”から抜け出せない!強迫症とは
● PART 2 強迫症のさまざまな症状
● PART 3 病院やクリニックでの治療
● PART 4 やる気がカンジン! 認知行動療法
● PART 5 家族や身近な人が強迫症だったら

【ダウンロード特典】
自己チェックリスト

本書の特徴

強迫症とはどのような病気か、症状や治療、発症のメカニズムなどをやさしく解説。
治療を支えるためのほどよい距離の保ち方など、家族や周囲の人が心がけるポイントも詳しくご紹介。
病気を理解することで、気持ちが軽くなります!

本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本

最新のデータを踏まえ、語りかけ調でやさしく病気を解説。

家族や周囲の人が心がけるポイントが満載!大切な人にあった対応を探すヒントが、見つかります。

愉快なネコ先生が、元気になるヒントをやさしく教えてくれます。

うれしいダウンロード特典

ダウンロード特典

【悪循環の図】
自分がなぜ強迫行為をやめられないのか、その修正ポイントを知る手がかりになる、記入式の図です。頭の中が整理されて治療がより効果的になります。

【モーズレイ強迫検査】
記入してみて強迫症が疑わしい場合は、相談や受診を考えてはいかがでしょうか。また自分の状態を把握するために、ときどきチェックするのもいいでしょう。 

監修者プロフィール

上島国利

上島国利(かみじま・くにとし)

昭和大学名誉教授。OCD研究会主催「小さいことが気になるあなたへ」監修者。現在も都内を中心に診療にあたるほか、講演、執筆などで活躍。『よくわかる強迫性障害―小さなことが気になって、やめられないあなたへ』(監修/主婦の友社)、『強迫性障害を乗りこえる!最新治療と正しい知識』(日東書院本社)など、強迫症に関する一般向け著書、監修書を上梓。

書籍のご注文はこちらから

『自分でできる認知行動療法
うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』

『自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方』

監修:清水栄司
著:浅岡雅子
ページ数:160
発売日:2017年08月10日
価格:1,296円(税込)

Amazonで注文する
他書店で注文する

『本人も家族もラクになる
強迫症がわかる本』

本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本

監修:上島国利
著:松田慶子
ページ数:160
発売日:2017年08月10日
価格:1,296円(税込)

Amazonで注文する
他書店で注文する

お問い合わせ

お問い合わせは、下記のアドレスまでご連絡ください。

SE Book事務局
contactus@seshop.com