1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクルマスター教科書 ORACLE MASTER Expert Oracle on Linux編

オラクルマスター教科書 ORACLE MASTER Expert Oracle on Linux編



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798116440
価格:
本体4,500円+税
仕様:
A5・432ページ
分類:
PCベンダー資格(専門)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Silver保有者のためにLinux環境の構築から運用・保守まで詳細に解説!

オラクルマスター教科書は、ORACLE MASTER取得のための受験準備を最も効率よく行えるように構成されています。その秘密のひとつは、試験を知り尽くした人気講師、中でも特に信頼と実績のある著者によって試験分析および執筆がなされている点です。もうひとつは、大人気のオラクルマスター模擬試験ソフトウェア「iStudy for Oracle Master」との連携にあります。本書に記載されている問題はすべて、「iStudy for Oracle Master LE」として、付録のCD-ROMに収録されています。本書とiStudyを併用すれば、試験対策は万全です。
(付録CD-ROM:Windows 2000 Professional / XP Professional / XP Home/ Vista 対応)

・-解説+問題で、無駄なく効率的に学習できる
・-試験に必要な重要ポイントを適切かつ簡潔に記載
・-図をふんだんに用い、難解な用語や技術をわかりやすく解説
・-実際の出題パターンに沿った練習問題や模擬試験を豊富に収録
・-iStudy LEとの併用で、より実践的に実力を付けられる


【付属CD-ROM動作環境】
プロフェッサ:PentiumⅡ400MHz以上
メモリー:128MB以上のRAM(256MB以上を推奨)
OS:Windows2000 Professional / XP Professional / XP Home / Vista
モニタ:800×600以上の解像度
ハードディスク空き容量:30MB以上
Webブラウザ:Internet Explorer6.x/7(IE7は、XP SP2およびVistaのみサポート)


序章 ORACLE MASTER Export資格の概要

ORACLE MASTER Expert Oracle Database 10g:Managing Oracle on Linux Certified Expert資格の概要
受験の概要
認定までの流れ
試験の傾向と出題頻度

第1章 Linuxの基本

Linuxのバージョン
Linuxのコマンド
確認問題

第2章 Oracleのインストール

OS環境の準備
OSグループとOSユーザーの準備
Oracleのインストール
アップグレードと再リンク
確認問題

第3章 データベースの作成

記憶域の準備
自動ストレージ管理(ASM)
データベースの作成
確認問題

第4章 メモリー管理

OSによるメモリー管理
拡張バッファキャッシュ機能(VLM:Very Large Memory)
SGAの再配置(mapped_base)
確認問題

第5章 パフォーマンスチューニング

CPUのチューニング
メモリーのチューニング
I/Oのチューニング
Oracleサーバーのチューニング
確認問題

第6章 Oracleの管理とデバッグ

OS起動シーケンス
Oracleサーバーの自動起動と自動停止
スケジューリングツール
ユーティリティによる診断
確認問題

第7章 模擬試験

模擬試験 問題
模擬試験 解答
模擬試験 解説

付録

付録A 用語集
付録B Linux主要コマンド一覧
付録C 付録CD-ROMの使い方

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2012年07月25日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 000
カバー含む全体の試験番号
1Z0-046J
1Z0-046

その他の試験番号についても、全て「J」を削除します。
2012.07.04
1刷 018
表0-3の下のURL、表0-4の下のURL
以下に差し替えます。
http://education.oracle.com/jp/

2012年7月4日時点の情報です。
2012.07.04
1刷 023
「●ORACLE MASTERに関するお問い合わせ」のURL
以下に差し替えます。
http://education.oracle.com また、「●ORACLE MASTERに関するお問い合わせ」の「E-mail」の下に以下の内容を追加します。 ●受験のお申し込み / お問い合わせ先 ピアソンVUE URL:http://www.pearsonvue.com/japan/ TEL:0120-355-583または0120-355-173 FAX:0120-355-163

2011年6月1日から、ORACLE MASTERの試験配信会社が変更されました。詳細は日本オラクル株式会社のホームページにてご確認ください。
http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=450&p_org_id=70&lang=JA

2012年7月4日時点の情報です。
2009.09.02
1刷 023~025
P23 認定までの流れ~P25ページ末
全て削除します。

この訂正に伴い、9ページの目次「認定までの流れ・・・23」~「合格から認定まで・・・25」も削除します。
2009.09.02
1刷 168
表4-1 「8GBより大きい」の「スワップ領域サイズ」
(例:物理メモリ8GB、スワップ領域6GB)
(例:物理メモリ16GB、スワップ領域12GB)
2012.07.24
1刷 187
本文3行目
SGA開始アドレスにを設定し、
SGA開始アドレスを設定し、
2012.07.04
1刷 258
「重要」最後の項目
dbstop:データベースインスタンス、ASMインスタンスの停止
dbshut:データベースインスタンス、ASMインスタンスの停止
2012.07.24
1刷 409
[ISTUDY]フォルダ 文末
*iStudy Limited Editionの使用方法は将来変更される可能性があります。詳しい情報については下記Webページにてご案内します。 http://www.istudy.ne.jp/le

2012年7月4日時点の情報です。
2010.09.03
1刷 試験直前チェックシート
7ページ 右側の段 下から8行目
●dbstop
●dbshut
2012.07.25

関連書籍