1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database DBA11g 新機能編

オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database DBA11g 新機能編



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798117003
価格:
本体6,200円+税
仕様:
A5・600ページ
分類:
PCベンダー資格(専門)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10gGold保有者のための待望の11gGold移行試験バイブル

オラクルマスター教科書は、ORACLE MASTER取得のための受験準備を最も効率よく行えるように構成されています。その秘密のひとつは、試験を知り尽くした人気講師、中でも特に信頼と実績のある著者によって試験分析および執筆がなされている点です。もうひとつは、大人気のオラクルマスター模擬試験ソフトウェア「iStudy for Oracle Master」との連携にあります。本書に記載されている問題はすべて、「iStudy for Oracle Master LE」として、付録DVD-ROMに収録されています。本書とiStudyを併用すれば、試験対策は万全です。
(付録DVD-ROM:Windows 2000 Professional / XP Professional / XP Home 対応)



・- 解説+問題で、無駄なく効率的に学習できる
・- 試験に必要な重要ポイントを適切かつ簡潔に記載
・- 図をふんだんに用い、難解な用語や技術をわかりやすく解説
・- 実際の出題パターンに沿った練習問題や模擬試験を豊富に収録
・- iStudy LEとの併用で、より実践的に実力を付けられる


【付属DVD-ROM動作環境】
プロフェッサ:PentiumⅡ400MHz以上
メモリー:128MB以上のRAM(256MB以上を推奨)
OS:Windows2000 Professional / XP Professional / XP Home
モニタ:800×600以上の解像度
ハードディスク空き容量:30MB以上
Webブラウザ:Internet Explorer6.x/7(XP SP2のみ)以上

【Oracle Database 11g for Windows 30日間トライアル版ハードウェア要件】
プロフェッサ:最小550MHz(Windows Vista の場合、最小MHz)
OS:Windows2000 Service Pack1以上、Windows Server 2003、Windows Server 2003 R2、Windows XP Professional、Windows Vista (Business、EnterpriseおよびUltimateの各エディション)
物理メモリー(RAM):最小1GB
仮想メモリー:RAM容量の2倍
ディスク領域「基本インストール」タイプの合計:4.55GB
ディスク領域「拡張インストール」タイプの合計:4.92GB
ビデオアダプタ:256色以上


本書の使い方
ORACLE MASTER Oracle Database 11g資格の概要
試験の傾向と出題頻度

第1章 インストールとアップグレードの新機能

インストールの新機能
アップグレードの新機能
ダイレクトNFSクライアント
ホットパッチ(オンラインパッチ)
確認問題
確認問題解答

第2章 ストレージ管理の新機能

管理性の拡張
スケーラビリティとパフォーマンスの拡張
新しい管理オプション
ASM高速ミラー再同期化
ASM優先読取りミラー
ASMCMDの拡張機能
確認問題
確認問題解答

第3章 変更リスクに対処する新機能

変更管理の必要性
スナップショットスタンバイデータベース
データベースリプレイ
SQLパフォーマンスアナライザ
SQL計画管理
確認問題
確認問題解答

第4章 インテリジェントインフラストラクチャ

自動SQLチューニング
自動化メンテナンスタスク
AWRベースライン
リソースマネージャの拡張機能
スケジューラの拡張機能
確認問題
確認問題解答

第5章 パフォーマンス関連の新機能

ADDMの拡張機能
自動メモリー管理
データ圧縮の拡張
オプティマイザ統計のプリファレンス
オプティマイザ統計収集の拡張
適応カーソル共有
確認問題
確認問題解答

第6章 パーティション化の新機能

時間隔パーティション化
仮想列ベースのパーティション化
参照パーティション化
システムパーティション化
コンポジットパーティション化の拡張
SQLアクセスアドバイザの拡張機能
確認問題
確認問題解答

第7章 Recovery Managerの新機能

バックアップの最適化
アーカイブログ管理の改善
アクティブデータベースの複製
リカバリカタログの拡張機能
確認問題
確認問題解答

第8章 障害診断の新機能

自動診断リポジトリ
状態モニター
問題の調査/パッケージング/解決
データ破損からの保護
確認問題
確認問題解答

第9章 リカバリの新機能

SQL修復アドバイザ
データリカバリアドバイザ
フラッシュバックデータアーカイブ
フラッシュバックトランザクションバックアウト
Enterprise ManagerによるLogMiner
確認問題
確認問題解答

第10章 セキュリティの新機能

セキュアなパスワード
セキュリティの強化
ネットワークコールアウトに対する制御
透過的データ暗号化の拡張
Oracle SecureFiles
確認問題
確認問題解答

第11章 その他の新機能

オブジェクト管理の拡張機能
ロックメカニズムの拡張機能
非表示の索引
結果キャッシュ
一時表領域の拡張機能
その他の管理
確認問題
確認問題解答

模擬試験

模擬試験解答

付録DVD-ROMの使い方

iStudy for Oracle Masterについて
iStudy LEについて
インストール方法
iStudy LEの操作方法
LE版の操作やライセンス登録に関するお問い合わせ
Oracle Database 11g for Windows 30日間トライアル版のインストール

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2013年03月13日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷
iStudy LE 章末問題(第3章)Q1の解答
※正解の選択肢 ・変更前後のパフォーマンス取得では、ワークロードを完全に再現するように実行が行われる ・パフォーマンスの比較では、ワークロードに対する影響を確認できる
※正解の選択肢 ・変更前後のパフォーマンス取得では、実行計画と実行統計が取得される ・パフォーマンスの比較では、ワークロードに対する影響を確認できる
2009.05.07
1刷 009
図1の「Platinum Oracle Database 11g」行の「10g資格からのアップグレード試験」列
2刷
10g Platinum保有者は……11g Platinum移行試験(仮称)
10g Platinum保有者は……Platinum Oracle Database 11g移行試験
2010.01.06
1刷 009
図1の「Platinum Oracle Database 11g」行
3刷
図1の2行目・誤
図1の2行目・正

2013年3月現在の情報に更新いたします。
2013.03.13
1刷 009
図1の注
3刷
(注1)Gold、Platinumに新規に認定されるためには、試験に合格するほか、別途、日本オラクルが開催する指定研修コースの受講が必要です。今後の予定など、詳細についてはOracle UniversityのWebサイト(http://www.oracle.com/global/jp/education/certification/dba.html)を確認してください。 (注2)「11g SQL 基礎I」の代わりに、「Bronze SQL 基礎I」(1Z0-017)か、「SQL」(1Z0-011)+「Oracle入門」(1Z0-012)でも可。
(注1)Gold、Platinumに新規に認定されるためには、試験に合格するほか、別途、日本オラクルが開催する指定研修コースの受講が必要です。今後の予定など、詳細についてはOracle UniversityのWebサイト(http://education.oracle.com/jp)を確認してください。 (注2) 「11g SQL 基礎I」の代わりに、「Bronze SQL 基礎I」(1Z0-017)でも可。

2013年3月現在の情報に更新いたします。
2013.03.13
1刷 010
表1
3刷

※試験時間、出題数、合格ラインは、2008年9月現在のものです。変更されることもあるので、Oracle UniversityのWebサイト(http://www.oracle.com/global/jp/education/certification/dba.html)を確認してください。

※試験時間、出題数、合格ラインは、2013年3月現在のものです。変更されることもあるので、Oracle UniversityのWebサイト(http://education.oracle.com/jp)を確認してください。

2013年3月現在の情報に更新いたします。
2013.03.13
1刷 010
下から8行目
3刷
URL:http://www.oracle.com/global/jp/education/certification/dba.html
URL:http://education.oracle.com/jp

2013年3月現在の情報に更新いたします。
2013.03.13
1刷 010
「ORACLE MASTERの最新情報」下から4行目
2刷
●受験のお申し込み / お問い合わせ先 プロメトリック株式会社 URL:http://www.prometric-jp.com/ TEL:0120-867-737 FAX:03-5541-4692
●受験のお申し込み / お問い合わせ先 ピアソンVUE URL:http://www.pearsonvue.com/japan/ TEL:0120-355-583または0120-355-173 FAX:0120-355-163

2011年6月1日から、ORACLE MASTERの試験配信会社が変更されました。詳細は日本オラクル株式会社のホームページにてご確認ください(別ウィンドウが開きます)。
http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=450&p_org_id=70&lang=JA


2011年7月7日時点の情報です。
2009.09.02
1刷 074
最初の網掛け箇所「# 既存のディスクグループの変更時」
2刷
ATTRIBUTE 'DISK_REPAIR_TIME'='<時間>';
SET ATTRIBUTE 'DISK_REPAIR_TIME'='<時間>';
2008.12.24
1刷 148
2行目
3刷
DBMS_SQLTUNEパッケージで
DBMS_SPMパッケージで
2010.03.04
1刷 224
表5-6 上から2つ目の項目の「説明」
3刷
SGA_MAX_SIZEがMEMORY_MAX_SIZEの値に設定される
SGA_MAX_SIZEがMEMORY_MAX_TARGETの値に設定される
2010.03.04
1刷 310
表7-2 NO UNREGISTERの「説明」
2刷
インポート後、ソースリカバリカタログから登録を解除する
インポート後、ソースリカバリカタログから登録を解除しない
2008.12.09
1刷 425
表10-4 「暗号化」の「属性」欄の3~4行目
3刷
デフォルトの暗号化方式はAES128だが、USING句で他の暗号化方式(AES192、AES256、3DES168)を指定することも可能
デフォルトの暗号化方式はAES192だが、USING句で他の暗号化方式(AES128、AES256、3DES168)を指定することも可能
2011.05.10
1刷 440
「ロギング」1~2行目
3刷
デフォルトはNOLOGGINGです。
デフォルトはLOGGINGです。
2011.10.05
1刷 584
「iStudy LEについて」の3~6行目
3刷
さらに本書の購入者特典として、このiStudy LEから、豊富な模擬問題や質問 / 診断のサービスを受けることができる製品版へアップグレードする方法が用意されています。詳細については、http://www.seshop.com/se/edu/career/oraclemaster.aspでご案内いたしますので、記載されている情報を参照してください。
* iStudy Limited Editionの使用方法は変更される可能性があります。詳しくは下記Webページにてご案内します。 http://www.istudy.ne.jp/le/

2013年3月現在の情報に更新いたします。
2013.03.13
1刷 カバー含む全体
試験番号
2刷
1ZO-050J
1ZO-050

その他の試験番号についても、全て「J」を削除します。
2010.01.06

関連書籍