1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 販売士教科書 販売士2級 一発合格テキスト 問題集

販売士教科書 販売士2級 一発合格テキスト 問題集


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798121253
価格:
本体2,000円+税
仕様:
A5・312ページ
分類:
ビジネス資格

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新2級ハンドブックに対応 ほかでは手に入らない精選予想模擬問題付

「販売士」は、東京商工会議所・日本商工会議所が主催する販売士検定試験による資格で1級~3級があります。激動する流通業界で勝ち抜くための必須資格・検定で、「流通業界で唯一の公的資格」として社会的にも高い信頼と評価を得ています。2級試験は年に1回(10月)に行われ、小売業について、主に販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる売場主任、もしくは部課長など中堅幹部クラスが対象の、流通・サービス業の業界においては大企業ではほぼ必須の資格です。
本書では、販売士資格取得講座を長年続けている講師を向かえ、試験に出るところだけを効率的に学んで確実に合格できる内容に精選しました。これだけで受かると自信を持ってお勧めする“テキスト&問題集”です。


はじめに
本書の使い方
販売士検定試験・資格について

第1章  小売業の類型
 

Section 1  流通と小売業
Section 2  小売業の構造変化と業態変化
Section 3  世界の小売業の動向
Section 4  流通経路とメーカーのチャンネル戦略
Section 5  卸売業の構造と機能変化
Section 6  サプライチェーンの効率化とパートナーシップ
Section 7  組織形態別小売業の運営特性
Section 8  ボランタリーチェーン(VC)
Section 9  フランチャイズチェーン(FC)
Section 10  COOP(消費生活協同組合)
Section 11  レギュラーチェーン(RC)
Section 12  総合品ぞろえスーパー(GMS)
Section 13  スーパーマーケット(SM)
Section 14  コンビニエンスストア(CVS)
Section 15  スーパーセンター(SuC)
Section 16  ホームセンター(HC)
Section 17  ドラッグストア(DgS)
Section 18  専門店
Section 19  百貨店
Section 20  チェーンストアとは何か
Section 21  チェーンオペレーションの原則
Section 22  チェーンストアの成長要因
Section 23  中小小売業の課題
Section 24  商店街の運営特性
Section 25  ショッピングセンターの今日的課題と方向

小売業の類型 チャレンジ問題
小売業の類型 チャレンジ問題 解答&解説

第2章  マーチャンダイジング
 

Section 1  マーチャンダイジングの概念
Section 2  マーチャンダイジングと競争戦略
Section 3  ITの進展とマーチャンダイジングの進化
Section 4  商品の評価とサービス
Section 5  商品コンセプトの活用
Section 6  マーチャンダイジングに必要な情報
Section 7  仕入の役割と業務範囲
Section 8  仕入情報の種類と活用
Section 9  消費財の分類と再発注のポイント
Section 10  商品計画の立案
Section 11  商品カテゴリー構成と品目ミックス
Section 12  棚割システムの活用方法
Section 13  価格設定の方法
Section 14  棚卸と在庫管理の重要性
Section 15  商品管理の方法と商品回転率
Section 16  販売管理の意義とその基本的内容
Section 17  予算管理と利益計画
Section 18  損益分岐点の計算方式
Section 19  POSシステムの活用方法
Section 20  販売分析
Section 21  小売業の物流システム

マーチャンダイジング  チャレンジ問題
マーチャンダイジング  チャレンジ問題 解答&解説

第3章  ストアオペレーション
 

Section 1  効果的朝礼の実践方法
Section 2  発注システムの運用と管理
Section 3  商品の補充
Section 4  売場のチェックポイント
Section 5  棚ラベルの管理
Section 6  レジチェッカーの役割
Section 7  インストアマーチャンダイジング(ISM)の概要
Section 8  売場の効率化を図る指標
Section 9  購買促進を活発化させるディスプレイ方法
Section 10  ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)
Section 11  レイバースケジューリングプログラム(LSP)
Section 12  販売員の役割と使命
Section 13  販売員の資質向上策
Section 14  販売員の接客技術
Section 15  職場における販売員管理

ストアオペレーション  チャレンジ問題
ストアオペレーション  チャレンジ問題 解答&解説

第4章  マーケティング
 

Section 1  生活目的の広がりに伴う消費スタイルの変化
Section 2  プレイス(ストア・ロケーション)
Section 3  プロダクト(マーチャンダイジング)
Section 4  プライス(EDFP:エブリデイ・フェアプライス)
Section 5  プロモーション
Section 6  小売業の販売促進政策の基本と課題
Section 7  顧客中心主義の考え方
Section 8  フリークエント・ショッパーズ・プログラム(FSP)
Section 9  カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)
Section 10  マーケティング戦略の展開パターンと種類
Section 11  マイクロマーケティングの実施手順
Section 12  市場調査(マーケティング・リサーチ)
Section 13  商圏の設定
Section 14  立地選定の方法
Section 15  競合店調査の実施方法
Section 16  出店戦略の立案と方法
Section 17  販売促進策の企画方法
Section 18  コミュニケーション・プロセスとしての販売促進プロセス
Section 19  販売促進広告
Section 20  戦略的POP広告の活用方法
Section 21  商品のライフサイクルと販売の適合性
Section 22  ポジショニングの設定
Section 23  ストアコンセプトの策定方法
Section 24  動線計画とゾーニング
Section 25  レイアウトとスペースマネジメント
Section 26  売場を演出する色彩の技術
Section 27  売場を演出する照明の技術

マーケティング  チャレンジ問題
マーケティング  チャレンジ問題 解答&解説

第5章  販売・経営管理
 

Section 1  販売管理者の基本業務
Section 2  クレームへの対応方法
Section 3  契約に関する法知識
Section 4  仕入に関する法知識
Section 5  販売に関する法知識
Section 6  商標法、不正競争防止法、景品表示法
Section 7  リスクマネジメント
Section 8  まちづくり3法
Section 9  経営分析とは何か
Section 10  賃借対照表中心の分析
Section 11  損益計算書中心の分析
Section 12  賃借対照表と損益計算書をつかう分析
Section 13  売上高
Section 14  期末棚卸資産の評価方法
Section 15  店舗組織の考え方
Section 16  組織化における代表的な5つの原則
Section 17  職場の人間関係管理
Section 18  人材育成とリーダーシップのあり方
Section 19  防犯対策と店舗施設の保守

販売・経営管理  チャレンジ問題
販売・経営管理  チャレンジ問題 解答&解説

INDEX

 

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2014年09月17日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 003
図「流通懸隔」
2刷
流通懸隔―要素的懸隔―価値懸隔
流通懸隔―要素的懸隔―時間懸隔
2010.09.06
1刷 066
下から3行目
「5つの適性」
「5つの適正」
2014.09.17
1刷 068
図「マーチャンダイジングのPDSサイクル」
4刷
Plan Do
Plan Do

図中の「Plan」と「Do」の間の矢印を逆向きに訂正します。
2012.09.12
1刷 144
下から3~2行目
4刷
4 人事計算に基づく発注作業モデル  商品の発注時における人時の改善には、発注作業を細かく分解して、人事計算ができる
4 人時計算に基づく発注作業モデル  商品の発注時における人時の改善には、発注作業を細かく分解して、人時計算ができる
2012.09.12
1刷 145
図の見出し
4刷
発注作業の人事計算例
発注作業の人時計算例
2012.09.12
1刷 160
第6問 アの解答・解説
ア→1 ア、イは問題文のとおりです。
ア→2 アは、クロージングではなく金銭授受が正解です。イは問題文のとおりです。
2014.09.10

関連書籍