1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Linux教科書 LPICレベル3 300試験

Linux教科書 LPICレベル3 300試験




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798137681
価格:
本体4,500円+税
仕様:
A5・360ページ
分類:
PCベンダー資格(専門)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LPICの最上位に位置するレベル3の300試験(LPI 300 Mixed Environment Exam Version1.0)に対応した学習書です。300試験はOpenLDAPとSambaに関する内容が出題範囲の2大テーマとなっています。本書はOpenLDAPとSambaそれぞれの第一人者、およびLinuxのカリスマ講師が執筆。出題範囲を万遍なくかつ分かりやすく解説するとともに、豊富な練習問題と模擬試験で着実に合格力を鍛えます。巻末には1回分の模擬試験を掲載しています。


序章 LPI試験の概要
第1章 OpenLDAPの設定
第2章 認証のバックエンドとしてのOpenLDAP
第3章 Sambaの概要と基本設定
第4章 Sambaの基本的な認証とユーザー管理
第5章 ファイル共有
第6章 プリンタ共有の設定
第7章 SambaとWindowsドメインとの連携
第8章 SumbaによるNTドメインのドメインコントローラの構築
第9章 Sumba4によるADドメインのドメインコントローラの構築
第10章 ブラウジングと名前解決
第11章 クライアント機能
第12章 300模擬試験
本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2017年09月13日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 039
図1-10の下1~2行目
マスターサーバー側でreplogfileとreplicaディレクティブを設定します(リスト1-11 を参照)。
マスターサーバー側でreplogfileとreplicaディレクティブを設定します(リスト1-12 を参照)
2017.09.13
1刷 039
リスト1-11の5行と8行目
replica: description   replica: modifiereName
replace: description replace: modifierName
2015.09.14
1刷 040
3行目
replica: modifyTimestamp
replace: modifyTimestamp
2017.08.01
1刷 041
リスト1-14の6行目、9行目、12行目
replica: description replica: modifiereName replica: modifyTimestamp
replace: description replace: modifierName replace: modifyTimestamp
2015.09.14
1刷 134
【注4】
…ldap password syncパラメータを用います。
…ldap passwd syncパラメータを用います。

「ldap passwd sync」「ldap password sync」どちらでも動作するが、後者は前者のシノニムという位置付けのため、上記のように修正。
2016.09.01
1刷 150
リスト5-14の上の行
ext3やXFSなどのファイルシステムでは、…マウントオプションとしてuser_xattrを指定することで拡張属性を有効化することができます。
ext3やXFSなどのファイルシステムでは、…マウントオプションとしておのおのuser_xattrやxattr2を指定することで拡張属性を有効化することができます。
2017.08.28
1刷 157
表5-7の2行目右列
フルコントロール(map acl full controlパラメータが…
フルコントロール(acl map full controlパラメータが…
2016.09.29
1刷 210
4行目
# net rpc trustdom addom …
# net rpc trustdom add addom …
2017.08.28

関連書籍