1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. システム開発 受託契約の教科書

システム開発 受託契約の教科書 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798152912
価格:
本体2,480円+税
仕様:
A5・288ページ
分類:
エンジニア向け読み物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトを成功に導く仕組みづくり。
弁護士による契約書ひな形を提供!

本書は、システム開発を成功させるために必要な契約書について解説します。
企業の法務部門の方を対象者にした書籍とは異なり、体制作りや、作成物、承認方法
など、具体的な内容にも踏み込んでいます。発注側・受注側の双方でシステム開発と
契約に関わるすべての方に最適です。

第1部は総論です。契約に関する基礎知識と、システム開発の実情に合致した契約
について解説します。ケーススタディやコラムを交え、興味深く読み進むことができます。
著作権、瑕疵担保責任、下請法の扱いなど、開発現場のリーダーにも必須の
実用的で具体的な法律知識を提供します。

第2部は条文の解説です。数々の契約書の中で注目すべき部分を抽出し、
重要項目について解説します(全文はWordファイルでダウンロード提供)。
契約の背景を設定して、実際の業務への対応をわかりやすくしています。

【民法改正に対応できる】
制定以来約120年ぶりの民法改正に対応しています。注意点および改正後の変更点
について解説します。既存の契約書を更新したい人にも最適です。

【開発・法務の双方に精通】
本書はメガバンクでの銀行業務およびシステム開発に従事した経験を持つ弁護士が
執筆しています。業務とシステム開発の実情に寄り添った、実用的かつ法的にただし
い契約書を紹介しています。

【使えるひな形を提供】
弁護士がリーガルチェックを行った、使える契約書のひな形をWordファイルで
ダウンロード提供します。ファイルも提供します。

【主な対象読者】
発注側/受注側の双方でシステム開発と契約に関わる方を主な対象としています。
 ・開発担当の責任者(個人を含む)、プロジェクトマネージャ
 ・営業担当、調達担当
 ・情報システム部、経営企画部などで契約に携わる方
 ・法務部門、弁護士などの新人


第一部 システム開発に関する契約の基礎知識
第1章 契約とは
第2章 契約書の目的
第3章 契約に関する基礎知識
第4章 契約書の体裁
第5章 これだけは知らないと危ない法律上のポイント

第二部 サンプル契約書の逐条解説
契約書例1 ソフトウエア開発基本契約書(多段階契約)
契約書例2 ソフトウエア開発契約書(請負一括型)
契約書例3 業務委託契約書(要件定義・準委任契約)
契約書例4 業務委託基本契約書(元請け・下請け)
契約書例5 ソフトウエア開発基本契約書(アジャイル開発)
契約書例6 コンサルティング業務委託契約書
契約書例7 システム保守委託契約書
契約書例8 SES基本契約書
契約書例9 ソフトウエア使用許諾契約書
契約書例10 労働者派遣基本契約書

ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

関連書籍