1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門





形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798154503
価格:
本体3,000円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーン上で動く!
オリジナル仮想通貨を作る!

インターネット以来の発明と言われるブロックチェーン。
本書は、エンジニアのためのブロックチェーン・アプリケーション
開発の指南書です。

ブロックチェーンを活用したシステムを開発するために、
エンジニアが具体的に何をしたらいいのかを3つのサンプルを
使ってわかりやすく解説します。

開発方法はEthereum(イーサリアム)というブロックチェーン上で
動作するスマートコントラクトを使用します。

スマートコントラクト開発言語には、最も利用者の多い「Solidity」を
採用し、実際に使えるソースコードも余すところなく公開します。

本書を読むことで、具体的に何をしたら良いのか、どうやって
開発するのかを、効率的に身につけることができます。
ブロックチェーン技術に関心のある、全てのエンジニア必読の一冊です。

〈本書の対象読者〉
企業エンジニア、SIer、アプリ開発者、最新技術に関心のある企画者や学生

〈本書の構成〉
Part-1:解説編
Chapter-1 ブロックチェーンの基礎
Chapter-2 Ethereumの導入
Chapter-3 スマートコントラクト入門

Part-2:実践編
Chapter-4 仮想通貨コントラクト
Chapter-5 存在証明コントラクト
Chapter-6 乱数生成コントラクト
Appendix 付録


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2017年10月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 127
上から7行目
if (tradingHistory[_member].times >= status[i].times && tradingHistory[_member].sum >= status[i].sum && tmprate < status[i].rate) { index = i; }
if (tradingHistory[_member].times >= status[i].times && tradingHistory[_member].sum >= status[i].sum && tmprate < status[i].rate) { index = i; tmprate = status[i].rate; }

tmprate = status[i].rate;
が抜けていました。
2017.09.28
1刷 177
下から14行目
  function setValue(string _value1, string _value2) constant returns(uint256)
  function setValue(string _value1, string _value2) returns (uint256)

constantが不要です。

なお、2017年10月現在、コンパイラのバージョンアップのため、publicがないと警告が発生します。必要に応じてpublicやprivateなどのアクセス修飾子をつけるようにしてください。
2017.10.06
1刷 79
表3-1のキャプション
Solidityde 利用できるデータ型
Solidityで利用できるデータ型
2017.09.29
1刷 88
3.4.4のコード(下から4行目)
function balance() constant return (uint) { // close()後に呼ぶとエラーになります
function getBalance() constant returns (uint) { // close()後に呼ぶとエラーになります

balance()  → getBalance()
となります。ダウンロードデータのほうは正しい内容になっています。
2017.07.24

最新電子書籍