2020年プログラミング必修化の前に押さえておきたい!『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』 2017.08.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、書籍『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』を2017年8月7日(月)に刊行しました。
本書は、小学校でプログラミング教育を実践するために必要なことをわかりやすく解説していきます。すでにプログラミング学習を始めている小学校での授業事例や推進・実践のコツを紹介。教育に携わる多くの方におすすめの一冊です。

『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』(翔泳社)



■ なぜ必修化?何を教え、どう始めればいいのか?プログラミング教育の不安・悩みを解消する一冊
2020年より小学校でプログラミング教育が義務化されますが、そもそも何をすればよいか、何が目的なのかがよくわからず、不安を抱えている先生が多いのが現状です。

●どうして、いま何のためのプログラミング必修化なのか?
●そもそもプログラミングとは何か、何を教えればよいのか?
●政府や文部科学省が提示する方針や目指すもの
●小学校ですでに始まっているプログラミング学習の事例
●授業や指導案への落とし込みや評価軸
など

本書は、そのような不安や悩みを解消するための本です。小学校でプログラミング教育を実践するために必要なことをわかりやすく解説しています。プログラミングを知らない(わからない)小学校の先生はもちろんのこと、初等プログラミング教育に関心のある教育者、先生を目指す学生、どのような教育が行われるか知りたい保護者におすすめします。

■目次
[巻頭]文部科学省 教育課程課インタビュー
プログラミング教育に込めた意味――未来の創り手となるために必要な力の育成
第1章 コンピュータとプログラミング
第2章 プログラミング教育が目指すもの
第3章 小学校でプログラミング教育を実施するポイント
第4章 プログラミング教育の授業実践例
第5章 新たな取り組みを始めるために~先人の経験に学ぶ
付録A プログラミング教材一覧
付録B 新小学校学習指導要領と解説[抜粋]――プログラミング教育の位置付け

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■書籍概要
『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』
著者:利根川裕太、佐藤智
監修:一般社団法人みんなのコード
著発売日:2017年8月7日
ISBN:978-4-7981-5074-1
定価:1,680円(税別)
判型:B5・152ページ