LPIC レベル1 Ver4.0 問題集 アプリ(山本道子 大竹龍史)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. アプリ >
  3. LPIC レベル1 Ver4.0 問題集

LPIC レベル1 Ver4.0 問題集

形式:
アプリ
発売日:
価格:
本体0円+税(APP内課金あり)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【LPI認定教材】LPICレベル1(バージョン4.0対応)の問題集!
■このアプリの特長
Linux教育に定評のある著者が、Version 4.0を徹底的に分析し、書き下ろした試験対策問題集アプリです。

分野ごと101試験(204問)、102試験(207問)の対策問題があり、それぞれの模擬試験1回分(60問ずつ)も掲載されています(フルセット購入の場合、合計531問)。問ごとに詳しい解説があり、問題を解いていくことで確実に実力が付きます。

当アプリは、試験の主催者団体である特定非営利活動法人LPI-Japanが行っている厳正な審査に合格した「LPI認定トレーニングマテリアル」です。

■このアプリの内容
第1部 101試験
1章 基本コマンドとファイルの操作
2章 正規表現とviエディタ
3章 プロセス管理
4章 ファイルシステムの管理
5章 マウントとクォータ機能
6章 ファイルの管理
7章 ソフトウェア管理
8章 システムアーキテクチャ
模擬試験

第2部 102試験
1章 シェル、スクリプト、SQLの基礎
2章 X Windows System
3章 ユーザアカウントの管理
4章 システムサービスの管理
5章 ネットワークの基礎
6章 セキュリティ
模擬試験

■LPICレベル1とは

数ある資格の中で、LPICはITエンジニアの中で「取得したい資格」で8年連続No.1を獲得している(LPIC公式サイトより)、腕に覚えのある技術者の実力を保証するには欠かせない資格です。

LPICにはレベル1からレベル3まであり、それぞれにバージョンが存在します。レベルが高いほど出題内容は上級者向けになり、バージョンは出題範囲の違いとなっています。時代によって必要とされる技術は変遷するため、それに合わせた出題範囲へと数年ごとに更新されます。

レベル1は101試験と102試験があり、両方に合格するとLPICレベル1に認定されます。LPICレベル1は、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっています。
・Linuxコマンドラインで作業を行うユーザの支援、大規模システムへのユーザの追加。
・バックアップとリストア、停止と再起動といった、簡単な保守作業を実行する(Xを含む)。
・ワークステーションのインストールと設定や、そのワークステーションのLANへの接続、
 またはモデム経由でのスタンドアロンPCのインターネットへの接続を行う。

試験の詳細は公式サイト(http://www.lpi.or.jp/lpic1/)でご確認ください。

※当アプリは、『Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応』(翔泳社刊)をアプリ化したものです。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

内容についての問い合わせ

こちらよりお問い合わせください

動作についての問い合わせ

アプリ販売会社Fasteps Co.,Ltd.のサポート窓口へメールでお問い合わせください

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2018年09月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 iv-ix
試験制度
6刷

試験制度が変更されました。変更内容を反映させたiv~ixページのPDFはこちらからダウンロードできます。
2018.04.27
1刷 015
問題1-14の解説1、2行目
6刷
lsattrコマンドはext2ファイルシステム上にあるファイルの属性を表示します。パー ミッション以外のファイル属性を調べることが可能です。
lsattrコマンドはext2/ext3/ext4ファイルシステム上にあるファイルの属性を表示します。パーミッション以外のファイル属性を調べることが可能です。 以下では、ext4ファイルシステム上にあるファイルの属性を表示しています(ext4から提供された機能であるextents属性(e)がデフォルトで設定されています)。
2017.12.13
1刷 016
問題1-14 実行例の最終行
2刷
# rm fileD
# rm file_a
2017.05.22
1刷 035
問題1-32 問題文1行目
2刷
以下のとおり、/etc/passwdファイルがあります。
以下のとおり、mylistファイルがあります。
2016.02.16
1刷 051
「ファイルの保存、終了に関連するviコマンド」の表の下に追加
4刷
[参考] 「:wq」はファイルを変更したかどうかにかかわらず上書き保存するため、結果としてタイムスタンプを変更し終了します。一方、「ZZ」はファイルの変更がなければ、タイムスタンプを変更せずに終了します。ファイルに変更があれば、「:wq」と同じ動作をします。
2016.09.02
1刷 054
「文字・単語・行の削除を行うviコマンド」の表の一番下、「dH」の説明
4刷
1行目からカーソル行まで削除
画面の1行目からカーソル行まで削除
2016.09.02
1刷 054
問題2-13 問題文の選択肢
7刷
A. d17d
A. d17

※解答の選択肢は現状のまま「C」とします。
2018.09.04
1刷 069
表「ジョブを制御する主なコマンド」のタイトル行
4刷
ジョブ
コマンド
2017.04.07
1刷 099
2行目、構文
3刷
mkswap [オプション] デバイスファイル名
mkswap [オプション] [デバイスファイル名 | ファイル名]
2016.08.22
1刷 137
問題6-6 実行例の下4行目
2刷
umask値との論理積
umask値の否定との論理積
2017.08.24
1刷 178
問題7-21 選択肢C
3刷
C. yum check-updates
C. yum check-update
2016.07.25
1刷 221
101模擬試験 問題8
7刷
●p221 問題文末尾 1つ選択してください。 ●p233 解答・解説 《解説》の2~3行目 したがって、選択肢Dが正解です。 《答え》D
●p221 問題文末尾 2つ選択してください。 ●p233 解答・解説 《解説》 また選択肢Aのように、シングルクォートで囲むことで、クォート中の文字は単に文字として認識されるため、'\fileA'のように、バックスラッシュを含めたファイル名のファイルを削除できます。したがって、選択肢A、Dが正解です。 《答え》A、D
2018.03.27
1刷 224
模擬問題20の選択肢C
4刷
C. 「yyp」実行後に「3.」とすると3行のコピーと貼り付けが行われ、「dd」実行後に「3.」とすると3行削除される
C. 「yyp」実行後に「3.」とすると最後の「p」を実行した行の貼り付けが3回行われ、「dd」実行後に「3.」とすると3行削除される
2016.07.21
1刷 303
問題3-1の解説
4刷
●USERGROUPS_ENABが「no」の場合
グループ名はユーザ名と同じ名前になります。 グループIDは/etc/login.defsの中のGID_MINとGID_MAXの範囲で現在使用されている値+1が使われます。 ●USERGROUPS_ENABが「yes」の場合
グループIDはGROUPの値になります。
●USERGROUPS_ENABが「yes」の場合
グループ名はユーザ名と同じ名前になります。グループIDはユーザIDと同じ値になります。 グループIDの値が既に使用されている場合は/etc/login.defsの中の GID_MINとGID_MAXの範囲で現在使用されている値+1が使われます。 ●USERGROUPS_ENABが「no」の場合
グループIDはGROUPの値になります。
2016.11.09
1刷 310
問題3-8 書式の説明
4刷
(/etc/groups の書式) グループ名:グループのパスワード:~
(/etc/group の書式) グループ名:グループのパスワード:~

groupsのsを取る
2016.11.09
1刷 316
問題3-14 解説 「実行例」のすぐ上の行
3刷
2015年1月1日になると
2016年1月1日になると
2016.05.11
1刷 336
問題4-11 問題文
7刷
特定のユーザのatコマンドとbatchコマンドの使用を禁止したい場合、禁止するユーザを追加して編集するファイルの名前を記述してください。
特定のユーザのatコマンドとbatchコマンドの使用を禁止したい場合、禁止するユーザを追加して編集するファイルの名前を絶対パスで記述してください。
2018.04.02
1刷 348
問題4-23 解説内「systemd-journald と rsyslogd によるロギング」の説明図の中の右下あたり「/etc/rsyslog.conf」説明枠内
2刷
$ModLoad imjournal # journalから入力 $OmitLocalLogging off # /dev/logから # の入力なし (syslog.confとの後方互換性)
$ModLoad imuxsock # ローカルソケットから入力 $OmitLocalLogging off (syslog.confとの後方互換性)
2016.03.15
1刷 350
問題4-25 「アクションフィールド」の表、上から2つめ
4刷
| プログラム名 メッセージを指定したプログラムに渡す
| 名前付きパイプ メッセージを指定した名前付きパイプに出力する。名前付きパイプを入力としたプログラムがこのメッセージを読むことができる。
2016.11.11
1刷 358
問題4-3 上から7行目
6刷
/etc/cups/printer.confには登録された
/etc/cups/printers.confには登録された
2018.02.09
1刷 368
問題4-43 解説内 オプションの表の下
6刷
locateコマンドを引数なしに実行すると、
localeコマンドを引数なしに実行すると、
2017.12.22
1刷 484
問題44の解説6行目
4刷
デフォルトの送信パケットはUCPです。
デフォルトの送信パケットはUDPです。
2016.12.20