1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 経験ゼロでもできる プログラミング現場の単体テスト

経験ゼロでもできる プログラミング現場の単体テスト


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798118918
価格:
本体2,500円+税
仕様:
A5・304ページ
分類:
開発技法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間がなくてもすぐ始められる!!

単体テストは、アプリケーションの品質を確保するだけでなく、開発を効率的で楽しくしてくれます。しかし、納期に追われる現場では、単体テストを試したり学んだりする時間がなかなかとれません。
そこで、本書では以下のことを目的に執筆しました。



・- 経験ゼロの人でも無理なく身につく
・- 多忙な現場でも実践できて効果が見える
・- テストを継続できて開発も楽しくなる

第1部 単体テストは侮れない

1 超多忙な現場になぜ単体テストを勧めるのか
1-1 テストの基礎知識
1-2 テストとシステムの品質
1-3 「後でまとめてテストする」ことがいけない理由
1-4 テストクラスを書くことで得られるメリット
1-5 仕様変更とテストクラスとの関係

2 Webアプリケーションの単体テストをよく知ろう
2-1 テストに時間がかかる理由
2-2 単体テストを楽にするには
2-3 十分な単体テストを実施するために

第2部 行なう価値の高い単体テスト

3 EclipseとJUnitで作るテストクラス
3-1 テストクラスの基本形
3-2 テストメソッドの定義方法
3-3 テストの結果を判断するメソッド
3-4 テストクラスの作成と実行

4 DBアクセスの単体テスト
4-1 DbUnitとは
4-2 DbUnitを使用したテストの手順
4-3 SELECT文を発行するメソッドのテスト
4-4 INSERT文を発行するメソッドのテスト
4-5 UPDATE/DELETE文を発行するメソッドのテスト

5 DBアクセスのテストケースを減らす方法
5-1 テストしやすいテーブル設計
5-2 テスト対象メソッドでの工夫
5-3 保守面からテスト容易性を高める

6 ビジネスロジックと外部リソースアクセスのテスト
6-1 ビジネスロジックのテスト
6-2 依存する実クラスを使用するテスト
6-3 外部リソースへアクセスする処理のテスト

7 外部システム連携と画面側のテスト
7-1 外部システムと連携する単体テスト
7-2 JMockitの使い方
7-3 EasyMockの使い方
7-4 画面側の単体テスト

第3部 継続的にテストをするために

8 実装前にテストを意識する
8-1 よいテストの条件
8-2 テストしやすいソフトウェアアーキテクチャ

9 テストを意識した開発のポイント
9-1 引数からテストをしやすくする
9-2 システム日付を扱うメソッドのテスト
9-3 発見しづらいバグを作らない
9-4 静的解析ツールの使用

10 さらにテストを省力化するポイント
10-1 車輪の再発明を避ける
10-2 単体テストとバグ発生時の対応
10-3 テストクラスからのファイルアクセス

11 ビルド&テストを自動化する環境の構築
11-1 開発者ごとにDBスキーマを付与
11-2 継続的インテグレーションの実現
11-3 ビルドサーバーの構築
11-4 ジョブの設定
11-5 ジョブの起動
11-6 開発環境は早めに準備しよう

付録(ツールプラグイン・サンプルのセットアップ)
01 Eclipseと単体テスト用ツールのインストール
02 Eclipseサンプルプロジェクトのインポート
03 EMMAを使用したStrutsアプリケーションのカバレッジ取得

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

関連書籍