1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計


監訳


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798126708
価格:
本体5,200円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメイン駆動設計の定番書 問題解決にフォーカスした設計パターン

「この本は、思慮深いソフトウェア開発者全員の必携書である。」
---Kent Beck 氏推薦

「Eric が見事にとらえたのは、熟練のオブジェクト設計者が常々用いてきた設計プロセスの一部でありながら、グループとして見ると、この業界の他の人々へうまく伝えられずにいたものだ。
これまで我々は、この知識を断片的には提供してきた。
しかし、ドメインロジックを構築するための原理をまとめ上げ、体系化したことはなかった。本書は重要である。」
---『Enterprise Java Programming with IBM WebSphere』の著者 Kyle Blown氏 推薦

ソフトウェア開発コミュニティでは、ドメインモデリングがソフトウェア設計の中心であることが広く認められてきています。ドメインモデルを通して、ソフトウェア開発者は豊富な機能を表現し、それをユーザの要求に本当の意味で応えるソフトウェアの実装に移すことができます。しかし、明らかに重要であるにもかかわらず、効果的なドメインモデリングをどのようにソフトウェア開発プロセスに組み入れるかを説明する、実用的なリソースはほとんど存在しませんでした。ドメイン駆動設計はこの要求に応えるものです。これは具体的な技術についての本ではなく、読者にドメイン駆動設計への体系的なアプローチを提示するものです。設計のベストプラクティスの応用的なセット、経験に基づくテクニック、さらに、複雑なドメインに直面するソフトウェアプロジェクトにおける開発を容易にする基本原則を紹介する一冊です。
【原書タイトル】Domain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software

本書で学べること

  • チームメンバー全員に同じ言語で会話をさせる
  • モデルと実装をより深く結びつける
  • ポイントとなる特徴を、モデルにおいてはっきりさせる
  • ドメインオブジェクトのライフサイクルを管理する
  • 安全に結合できるドメインコードを入念に作成する
  • 複雑なコードを明白で予測できるものにする
  • ドメインビジョン声明文を記述する
  • 複雑なドメインのコアを蒸留する
  • モデルに必要な、暗黙的な概念を掘り出す
  • アナリシスパターンを適用する
  • デザインパターンをモデルに関係づける
  • 巨大なシステムでモデルの整合性を維持する
  • 同じプロジェクトで複数のモデルが共存できるようにする
  • 大規模な構造によりシステムを構成する
  • モデリングのブレイクスルーを認識して、それに対応する

※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。
なお、こちらは紙の書籍の正誤となります。

ご購入刷数  紙:  電子書籍 最終更新日:2012年10月17日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 028
6行目、11行目
2刷
6行目・・・あとは、それまでに通関地点を一切通過していなくても 11行目・・・すで通過した通関地点が偶然正しかった場合には、
6行目・・・とにかく、それまでに通関地点を一切入力していなくても、 11行目・・・過去入力した通関地点が偶然正しかった場合には、
2011.04.26
1刷 029
下から6行目
2刷
すで通過した通関地点が偶然正しかった場合には、
過去入力した通関地点が偶然正しかった場合には、
2011.04.26
1刷 084
SQL文の下から4行目
4刷
"BROKERAGE_ACCOUNT='" + accountNumber + "'";
"ACCOUNT_NUMBER='" + accountNumber + "'";
2012.10.17
1刷 086
SQL文の下から6行目
4刷
"WHERE BROKERAGE_ACCOUNT='" + accountNumber + "'";
"WHERE ACCOUNT_NUMBER='" + accountNumber + "'";
2012.10.17
1刷 119
16行目
3刷
強固なユビキタス言語である。これはある2つの環境で一貫した
強固なユビキタス言語である。これはある2つの環境で一貫した
2011.07.20
1刷 126
図6.3
3刷
左下のクラス名・・・状態 中央下のクラス「タイヤ」の制約・・・{期間 = sum(位置.期間)}
左下のクラス名・・・位置 中央下のクラス「タイヤ」の制約・・・{走行距離 = sum(位置.走行距離)}
2011.06.27
1刷 177
本文13行目、下から5行目
2刷
13行目・・・荷役イベントが持つ配送記録のコレクションを 下から5行目・・・配達記録
13行目・・・配送記録が持つ荷役イベントのコレクションを 下から5行目・・・配送記録
2011.04.18
1刷 190
(ページ中ほど)箇条書きの1.
2刷
苦労して実現する価値があるだ。
苦労して実現する価値がある。
2011.05.12
1刷 221
「それほど明白でない~」の2行目
2刷
「発生」のように非常に抽象的なものも含て
「発生」のように非常に抽象的なものも含めて
2011.05.23
1刷 279
訳注
2刷
ジェネリスク
ジェネリクス
2011.05.23
1刷 280
最終行
3刷
実装方法が多くのだ
実装する方法は数多くあるのだ。
2011.06.27
1刷 287
下から10行目
2刷
設計全体に対して、一度に取り組むことはできない。一度に切り出すこと。
設計全体に対して、一度に取り組むことはできない。一部を切り出すこと。
2011.04.09
1刷 288
例10.7の1行目
4刷
第8章では、シンジケートローンシステムを構築するプロジェクトで起き、
第8章では、シンジケートローンシステムを構築するプロジェクトで起き
2012.09.28
1刷 288
7行目
2刷
これらの中には何世紀にもわたって改良され蒸留されてきたもある。
これらの中には何世紀にもわたって改良され蒸留されてきたものもある。
2011.04.09
1刷 342
図14.1
2刷
モデルの統一を 保つのに使用する
モデルの統一を 保つのに使用する
2011.04.09
1刷 356
図14.3
2刷
ネットワーク横断サービス
ネットワーク走査サービス
2011.05.12
1刷 364
1行目
2刷
少ないコストでほ利益のとんどを得られる。
少ないコストで利益のほとんどを得られる。
2011.05.09
1刷 411
「誰がこの作業をやるのか?」の2段落目
2刷
長期にわたって参画し、~(中略)~ 1人以上をうまく協力させるチーム
長期にわたって参画していて~(中略)~ 1人以上がうまく協力しあえるようなチーム
2011.05.23
1刷 434
本文18行目
2刷
「凝集されたサブドメイン」
(※パターン名を示す書体になっていますが、クラスではなく本文です)
2011.04.26
1刷 482
ページ中ほど
2刷
内部設計を
内部設計を
2011.05.23
1刷 500
下から4行目末尾~
2刷
チームメンバに、~(中略)~ チームの間を実際に意見聴取のため回った。
メンバが~(中略)~ チームの間を回って意見を聞いていた。
2011.05.23
1刷 裏見返し
図の上部
2刷
隔離されたコア p.XXX
隔離されたコア p.434
2011.04.26

最新電子書籍

関連記事