1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Spring徹底入門 Spring FrameworkによるJavaアプリケーション開発

Spring徹底入門 Spring FrameworkによるJavaアプリケーション開発


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798142470
価格:
本体4,000円+税
仕様:
B5変・744ページ
分類:
プログラミング(その他)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Spring Frameworkの基礎から開発時の指針まで!
定番OSSフレームワークによるJavaシステム開発の入門書!

Javaによるアプリケーション開発の定番フレームワークである、Spring Framework。本書は、DI/AOP、データアクセス(JDBC)、JPA(クエリ)といった基本から、MVC、セキュリティ、バッチ、周辺サブプロジェクトまで、Spring Frameworkの機能や使い方、開発時の指針など、Java開発で、このフレームワークを徹底活用するための知識とノウハウを解説します。

これからSpring FrameworkによるJava開発を始める方、機能をもっと使いこなしたい方など、業務システム開発に携わるJavaエンジニアにおすすめの一冊です。


第1章 Spring Frameworkとは
第2章 Spring Core(DI×AOP)
第3章 データアクセス(Tx、JDBC)
第4章 Spring MVC
第5章 Webアプリケーションの開発
第6章 RESTful Webサービスの開発
第7章 Spring MVC の応用
第8章 Spring Test
第9章 Spring Security
第10章 Spring Data JPA
第11章 Spring + MyBatis
第12章 Spring+Thymeleaf
第13章 Spring Boot
第14章 チュートリアル
ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。
なお、こちらは紙の書籍の正誤となります。

ご購入刷数 最終更新日:2017年05月08日
発生刷 ページ数 改定刷 電子書籍改定 内容 登録日
1刷 009
1.4「Java EE との関係」9行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
2003年にはJ2SE 1.4がリリースされ、
2003年にはJ2EE 1.4がリリースされ、
2017.02.09
1刷 013
「パスワードをハッシュ化するインターフェイスの実装例」1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
public interface s {
public interface PasswordEncoder {
2017.02.09
1刷 014
「UserServiceクラスを使うアプリケーションの実装例」1つ目のコード 1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
UserRepository userRepository = new JdbcUserRepository();
UserRepository userRepository = new JdbcUserRepository(dataSource);
2017.02.09
1刷 016
「DIコンテナからインスタンスを取り出す実装例」1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
ApplicationContext context = ApplicationContext context =
ApplicationContext context =
2017.02.09
1刷 021
「■ アノテーションベースConfiguration」1つ目のコードのキャプション
2刷 2017/02/09
底本3刷
Bean定義を行なうアノテーションによるBean定義の実装例(UserRepositoryImple.java)
Bean定義を行なうアノテーションによるBean定義の実装例(UserRepositoryImpl.java)
2017.02.09
1刷 022
1つ目のコードのキャプション
2刷 2017/02/09
底本3刷
Bean定義を行なうアノテーションベースConfigurationの実装例(UserServiceImple.java)
Bean定義を行なうアノテーションベースConfigurationの実装例(UserServiceImpl.java)
2017.02.09
1刷 023
1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
<context:component-scan>要素のbase-packages属性に
<context:component-scan>要素のbase-package属性に
2017.02.09
1刷 024
最下部のコード 2行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
<property name="password" ref="passwordEncoder" />
<property name="passwordEncoder" ref="passwordEncoder" />
2017.02.09
1刷 041
「prototypeスコープのPasswordEncoderのBean定義」説明文
3刷 2017/02/09
底本3刷
このBeanをsingletonスコープのUserService Beanが使用します。
このBeanをsingletonスコープのUserServiceBeanが使用します。
2017.02.09
1刷 046
「独自のスコープの実装例」
3刷 2017/02/09
底本3刷
@Bean
CustomScopeConfigurer customScopeConfigurer() {
  CustomScopeConfigurer configurer = new CustomScopeConfigurer();
  Map scopes = new HashMap<>();
  scopes.put("thread", new SimpleThreadScope());
  return configurer;
}
@Bean
static CustomScopeConfigurer customScopeConfigurer() {
  CustomScopeConfigurer configurer = new CustomScopeConfigurer();
  configurer.addScope("thread", new SimpleThreadScope());
  return configurer;
}
2017.02.09
1刷 048
下から1~2行目
3刷 2017/02/09
底本3刷
インターフェイス実装したクラスです。
インターフェイス実装したクラスです。
2017.02.09
1刷 057
「BeanのデフォルトのスコープをprototypeにするJava Configの実装例」コードの2行目
3刷 2017/02/09
底本3刷
public class AppgConfig {
public class AppConfig {
2017.02.09
1刷 083
「プロパティファイルの定義例」の説明文、「Java Configにおけるプロパティファイルの場所の設定例」のコード
3刷 2017/02/09
底本3刷
以下の赤字部分の内容を追加します。
「プロパティファイルの定義例」の説明文・・・
プロパティファイルの場所はJava Configに@org.springframework.context.annotation.PropertySource
アノテーションを付与することで指定できます。なお、@Valueによる設定値のインジェクションを利用する場合はorg.springframework.context.support.PropertySourcesPlaceholderConfigurerのBean定義もあわせて必要になります(Spring 4.3からはPropertySourcesPlaceholderConfigurerのBean定義がなくてもインジェクションできるようになっています)。


「Java Configにおけるプロパティファイルの場所の設定例」のコード・・・
@Configuration
@PropertySource("classpath:application.properties")
public class AppConfig {
  @Bean
  static PropertySourcesPlaceholderConfigurer placeholderConfigurer() {
    return new PropertySourcesPlaceholderConfigurer();
  }

// ・・・
}
2017.02.09
1刷 089
「■ オブジェクトの生成」4行目、7行目
3刷 2017/02/09
底本3刷
4行目・・・
例: "{1,2,3}")


7行目・・・
「new型のFQCN[インデックス]」
4行目・・・
例: "{1,2,3}"

7行目・・・
「new 型のFQCN[インデックス]」

7行目は「new」と「型」の間に半角スペースを入れます。
2017.02.09
1刷 091
下から2行目
3刷 2017/02/09
底本3刷
③ isOpen メソッドは、リソースを読み込ための
③ isOpen メソッドは、リソースを読み込むための
2017.02.09
1刷 134
本文最終行
2刷 未定
方に基づいており、アプリケーション開発者は本質的な処理ロジックのみを実装します。メソッド
方に基づいており、アプリケーション開発者は本質的な処理ロジックのみを実装します。
2016.10.25
1刷 135
一番上のサンプルコード
2刷 2017/02/09
底本3刷
修正後
修正後

3行目以降のインデントを修正します。
2017.02.09
1刷 160
「メモ」1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
<form:from> には
<form:form> には
2017.02.09
1刷 166
「Controllerの実装例」1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
package springbook.app;
package example.app;
2017.02.09
1刷 207
「●@org.springframework.format.annotation.DateTimeFormat」2行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
java.long.Longに加え、
java.lang.Longに加え、
2017.02.09
1刷 428
表9.6「SimpleUrlAuthenticationFailureHandler」の説明 1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
コンストラクタに指定したURL(defaultTargetUrl)
コンストラクタに指定したURL(defaultFailureUrl )
2017.02.09
1刷 532
「SQLの記述例」
3刷 2017/02/09
底本3刷
INSERT INTO meeting_room (room_id, room_name, capacity)
  VALUES (#{roomId}, #{roomName}, #{capacity}
INSERT INTO meeting_room (room_id, room_name, capacity)
  VALUES (#{roomId}, #{roomName}, #{capacity})

2行目の末尾に「)」を追加します。
2017.02.09
1刷 606
コードのキャプション
2刷 2017/02/09
底本3刷
messages.propertiesの定義例
messages_ja.propertiesの定義例
2017.02.09
1刷 617
「application.propertiesの定義例」1行目
2刷 2017/02/09
底本3刷
user.name=user
security.user.name=user
2017.02.09
1刷 646
「User.java」7行目
4刷 未定
public class User {
public class User implements Serializable {
2017.05.08

関連書籍

関連記事