1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング





形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798143057
価格:
本体1,800円+税
仕様:
B5・140ページ
分類:
プログラミング(その他)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発陣、自らが書いた世界初のビスケット入門書
4歳でもできる!粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう

園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる
知育・学習書です。

この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでカンタンに使える、
ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。
ビスケットとは、絵を描いて遊びながらプログラミングできる、
ビジュアルプログラミング言語です。

操作はカンタン!
1.ビスケットで絵を描く
2.「メガネ」で動きを作る

これだけでプログラムが作れます。

就学前や小学校低学年のお子さんは、まずはお父さん、お母さんが一緒に
プログラムを作ってみてください。直観的にプログラムを作れるので、
一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて
創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、
子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができます。

コンピュータは、プログラムで動いています。通常、プログラムは
難しい文字で書かれているので、文字、つまりコンピュータ用の専門の言語を
おぼえないと作れません。

しかし、ビスケットでは、まず絵を描いて、その絵の「変化(動き)」の仕方を
「メガネ」という部品を使ってコンピュータに教えてあげます。これによって、
絵を動かすプログラムを作ることができます。

一見単純な動きしか作れないように思えますが、アイデア次第でアニメーション、
ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能です。

難しいことをおぼえなくても、直観的にコンピュータの仕組みに触れつつ、
プログラミングの楽しさを知ることができます。ビスケットには、スマートフォン、
タブレットで動くアプリ版、ブラウザ版があります。親子でプログラミングを
楽しんでください!


0 ビスケットの使い方

1 ビスケットランドであそぼう!

 01 絵を描いて動かそう!
 02 クラゲみたいにゆ~らゆら
 03 色いろいろキャンディ
 04 ダンシング棒人間
 05 歩いて見えるしゃくとり虫
 06 くるくる回す

2 いろいろな動きを作ろう[ぶつかる編]

 07 ロケットと星がぶつかったら
 08 花が咲く
 09 かぜの伝染
 10 じゃんけん

3 いろいろな動きを作ろう[かんたんゲーム編]

 11 さわったら出てくる
 12 おそうじロボット
 13 タマゴが割れたら?
 14 シューティングゲーム

4 模様を作ろう

 15 パタパタ模様
 16 増えながら動く模様
 17 ぶんしん模様でうめつくそう!

5 音を鳴らそう

 18 リズムマシーン
 19 オリジナルけんばん楽器
 20 オルゴール

6 落ちゲーを作ろう

 21 ボールくずし
 22 ボールくずしの得点計算

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

関連書籍

関連記事