1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識


監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798145600
価格:
本体2,600円+税
仕様:
A5・352ページ
分類:
PC書その他

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能を利用した開発に必要な基礎知識がわかる!

【書籍概要】
「人工知能」に3度目の波が到来!
人工知能を利用した産業革命の波が日本にも押し寄せています。膨大なデータが様々なデバイス/サービスから集められ、それを分析・高速処理する環境が揃いつつあり、産学で研究開発が活発になっています。

本書は人工知能関連の開発に携わっているエンジニアに向けて、今後のコアとなる理論と技術を図解で解説した書籍です。

【対象読者】
人工知能を利用したプロダクトやサービス開発に携わるエンジニアの方(プログラマー、データベースエンジニア、組込みエンジニアなど)

【特徴】
話題の機械学習・深層学習、IoTやビッグデータとの連係についてもフォロー。理論の概念図や事例などを、わかりやすく解説しています。

【構成】
第1章では人工知能の過去と現在と未来について解説。第2章~第14章への伏線となるように解説しています。
第2章~第14章では、各トピックにおける理論と技術について解説しています。

【目次】
CHAPTER1 人工知能の過去と現在と未来
CHAPTER2 ルールベースとその発展型
CHAPTER3 オートマトンと人工生命プログラム
CHAPTER4 重み付けと最適解探索
CHAPTER5 重み付けと最適化プログラム
CHAPTER6 統計的機械学習(確率分布とモデリング)
CHAPTER7 統計的機械学習(教師なし学習と教師あり学習)
CHAPTER8 強化学習と分散人工知能
CHAPTER9 深層学習
CHAPTER10 画像や音声のパターン認識
CHAPTER11 自然言語処理と機械学習
CHAPTER12 知識表現とデータ構造
CHAPTER13 分散コンピューティング
CHAPTER14 大規模データ・IoTとのかかわり

【著者紹介】
多田智史(ただ・さとし)
1980年生まれ、兵庫県出身。大学は生物工学を専攻し、
現在バイオインフォマティクスの企業に勤務。データ解析プログラムや
Webベースのデータベースシステムの開発を業務で行う。

【監修者紹介】
石井一夫(いしい・かずお)
東京農工大学農学府農学部農学系ゲノム科学人材育成プログラム特任教授。
ゲノム研究者としての実務家の視点から、ビッグデータ活用のあるべき姿を
追求するために「ビッグデータ活用実務フォーラム」を2013年6月に設立。


CHAPTER 1 人工知能の過去と現在と未来 CHAPTER 2 ルールベースとその発展型 CHAPTER 3 オートマトンと人工生命プログラム CHAPTER 4 重み付けと最適解探索 CHAPTER 5 重み付けと最適化プログラム CHAPTER 6 統計的機械学習(確率分布とモデリング) CHAPTER 7 統計的機械学習(教師なし学習と教師あり学習) CHAPTER 8 強化学習と分散人工知能 CHAPTER 9 深層学習 CHAPTER 10 画像や音声のパターン認識 CHAPTER 11 自然言語処理と機械学習 CHAPTER 12 知識表現とデータ構造 CHAPTER 13 分散コンピューティング CHAPTER 14 大規模データ・IoTとのかかわり
ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2017年05月10日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 033
図2 Yes(True)とNo(False)が逆
3刷
図2 誤
図2 正
2017.03.10
1刷 044
表5 「分配律」
4刷
2017.05.10
1刷 092
本文上から4から5行目
3刷
Jaccard係数について説明した上で、類似度の使用例としてレコメンドエンジンを取り上げます。
Jaccard係数について説明します。
2017.03.10
1刷 097
本文下から8行目 網掛けとる
3刷
…の「フーリエ変換を参照)などの信号処理で使われることが多いです。
…の「フーリエ変換」を参照)などの信号処理で使われることが多いです。
2017.03.10
1刷 124
図4の訂正
3刷
図4 誤
図4 正
2017.03.10
1刷 127
図8の修正
3刷
図8 誤
図8 正
2017.03.10
1刷 130
図12の修正
3刷
図12 誤
図12 正
2017.03.10

関連情報

関連書籍