1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング

現場で困らない! ITエンジニアのための英語リーディング


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798149493
価格:
本体1,800円+税
仕様:
A5・184ページ
分類:
エンジニア向け読み物

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキュメントのコツをつかめば英語が苦手でも読める!

ITエンジニアにとって英語は避けて通れない関門です。
中でもリーディングは、日本国内で働く場合であっても
求められるスキルです。ウェブ上で入手できる技術関連ドキュメントの
多くは英語で書かれているからです。しかし、英語に苦手意識を持つ
ITエンジニアは少なくありません。

本書は、そのIT英語のリーディングについて解説しています。
長文のサンプルをじっくりと大量に読んで基礎体力を鍛えるというよりも、
明日から役立つ技術を短期間で習得できる内容となっています。

まず、リーディングに必要な4つの柱について解説しています。
その後、さまざまなドキュメント・タイプ(UI、使用許諾契約、APIリファレンス、
仕様書、マニュアルなど)を取り上げ、タイプごとの特徴を説明しています。
各タイプの特徴をつかんでおけば、楽に英文を読むことができるようになります。
さらには便利なツールや情報収集のテクニックも紹介しています。

【本書のポイント】
●UI、仕様書など、ITエンジニアに必要なドキュメントを11に分け、タイプごとの特徴を解説
●英文を読むうえで役立つ便利なツールや情報収集のテクニックも紹介
●読者特典として「覚えておきたい頻出英単語集」を提供

【目次】
序章 IT英語との付き合い方
第1章 リーディングに必要な知識とテクニック
第2章 仕事でよく見かけるドキュメントの読み方(1)~独特の表現に注意が必要なドキュメント~
第3章 仕事でよく見かけるドキュメントの読み方(2)~情報量が多いので効率的に読みたいドキュメント~
第4章 英語ができない人のための必須ツール
第5章 仕事に使える英語サイト情報収集術
第6章 ライティングとリスニングでも役立つテクニック


CHAPTER0 IT英語との付き合い方
01 仕事中に英語で悩んだことはありませんか?
02 現代のITエンジニアに英語は必須
03 避けて通れないのが「リーディング」
04 なぜ英語が読めるようにならないのか?
05 どうすれば読めるようになるのか?

CHAPTER1 リーディングに必要な知識とテクニック
01 リーディングに必要な4つの柱
02 リーディングの基礎となる「語彙」
03 IT英語を読むために押さえておくべき「文法」
04 文章全体の「ディスコース構造」に注目
05 「専門知識」は日本語で仕入れておく
06 すばやく読むためのテクニック

CHAPTER2 仕事でよく見かけるドキュメントの読み方(1)~独特の表現に注意が必要なドキュメント~
01 UI
02 コミット・メッセージ
03 APIリファレンス
04 使用許諾契約
05 メール
06 アプリのレビュー

CHAPTER3 仕事でよく見かけるドキュメントの読み方(2)~情報量が多いので効率的に読みたいドキュメント~
01 ニュース
02 技術ブログ
03 マニュアル
04 仕様書
05 Q&Aサイト

CHAPTER4 英語ができない人のための必須ツール
01 基本となる英和辞典
02 英和辞典を使う際の注意点
03 さらに知りたいときに使う辞書
04 ポップアップ辞書ツールを使って速読する
05 語彙レベル・チェッカーで難易度を見積もる

CHAPTER5 仕事に使える英語サイト情報収集術
01 Google検索で演算子を活用する
02 的確な検索キーワードで情報を見つける
03 RSSリーダーで効率的に情報収集
04 気になるキーワードはGoogleアラートで追跡
05 SNSでリアルタイムの情報を見つける

CHAPTER6 ライティングとリスニングでも役立つテクニック
01 メールは構成パターンを使って書く
02 手順の説明は命令形とyouを使う
03 コミット・メッセージは書き始めの動詞をうまく選ぶ
04 機械翻訳ツールを上手に使って英文を書く
05 字幕を活用して英語スピーチを聞き取る
06 いまさら人に聞けない読み方をGoogle翻訳で確認

ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

関連書籍

関連記事