1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 対人援助の現場で使える 聴く・伝える・共感する技術 便利帖

対人援助の現場で使える 聴く・伝える・共感する技術 便利帖


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798152554
価格:
本体1,800円+税
仕様:
B5変・160ページ
分類:
一般書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専門職が押さえておきたい
心理学に基づいた、信頼されるテクニック!

主に介護・福祉・医療・看護業界で働く専門職や
その他さまざまな現場で、さまざまな人の相談にのる方のため、
仕事にすぐに役立つ「傾聴の技術・伝える技術・共感の技術」を
やさしく解説する本です。

読者対象は、ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)、
生活相談員、施設職員、ケアマネジャー、介護福祉士、
ヘルパー、民生委員、児童委員、スクールカウンセラー、
児童指導員・相談員、医療職・看護職、自治体職員、
カウンセラー、士業の方など。 新人の方はもちろん、スキルアップしたいベテランの方にも!

【本書のポイント】
・心理学をベースとした、傾聴・対話・共感の技術をやさしく解説
・心理学用語からも引ける
・「自分はこれをできているか」のチェックリストや演習用ワークシートもご用意
・ワークシートはWebにてダウンロード提供

【著者について】大谷佳子
Eastern Illinois University, Honors Program心理学科卒業、Columbia
University, Teachers College教育心理学修士課程修了。
現在、昭和大学保健医療学部講師。認定看護管理者制度ファーストレベル
教育課程、及びサードレベル教育課程講師。認知症介護実践リーダー研修
講師。介護相談員養成研修講師。
その他、医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、コミュニケーション
研修及びコーチング研修、スーパービジョン研修などを担当。
主な著書に、『基礎から学ぶ介護シリーズ利用者とうまくかかわるコミュ
ニケーションの基本』(中央法規出版/共著)、『介護福祉士養成テキス
ト2人間関係とコミュニケーション 体験学習型ワークブック』(建帛社/
共著)、『福祉事務管理技能検定テキスト老人・障害者の医学と心理』
(建帛社/共著)、『介護の○と×シリーズ コミュニケーション○と×』
(中央法規出版/共著)『介護の仕事が楽しくなるこころシリーズ気持ち
を届けることばの選び方』(日本医療企画/監修)『看護メンバーシップ』
(看護の科学社/分担執筆)


第1章 対人援助職としてのコミュニケーション力を高めよう
第2章 聴き上手になる技術
第3章 伝え上手になる技術
第4章 共感上手になる技術
第5章 押さえておきたい援助職のヒューマン・スキル

【本書に出てくるキーワードの例】
バイステックの7原則、クローズド・クエスチョン、
オープン・クエスチョン、傾聴、ペーシング、
ミラーリング、うなずき、あいづち、繰り返し、
言い換え、要約、沈黙、聴き手主導、意図的な感情表出の原則、
コミュニケーションの二重構造、メラビアンの法則、5W1H、
話すペース、声のトーン、話し手の鏡、過剰な一般化、
コアビリーフ、共感的応答、自己覚知、ニーズ、ディマンド、
リフレーミング、マイクロカウンセリング、カウンセリング、
来談者中心療法、ティーチング、コーチング、スーパービジョン、
アサーション、アンガー・マネジメント

ダウンロードファイルは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2017年10月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 037
一番下の図「雑談に向く話題・雑談に向かない話題」の右側の囲み(黒色の方の囲み)
<雑談に向く話題>
<雑談に向かない話題>
2017.10.04

関連書籍