1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応

Linux教科書 LPICレベル2 スピードマスター問題集 Version4.5対応


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798154176
価格:
本体3,000円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解くだけでみるみる合格力がつく!
大好評のスピードマスター問題集が、Ver4.5に対応して登場!

Linux教育に定評のある著者が、最新試験(Version 4.5)を
徹底的に分析し、書き下ろした試験対策問題集です。

試験別、分野別に対策問題があり、それぞれの試験ごとの
模擬試験も掲載されています。各問ごとに詳しい解説があり、
問題を解いていくことで確実に実力が付きます。

LPIが行っている厳正な審査に合格した
「LPI認定トレーニングマテリアル」です。

〈対応試験〉
201試験 LPI Level2 Exam 201/202試験 LPI Level2 Exam 202

【本書の特徴】
●Version4.5に完全対応
●LPIの審査を通った「LPIC認定教材」(LATM)
●問題→解答・解説がテンポよく読み進められる
●(201)7章+模試(202試験)6章+模試で完全網羅
●LPIアカデミック認定校の講師による信頼の解説
●問題の重要度が一目で分かる

【目次】
第1部 201試験
第1章 キャパシティプランニング
第2章 Linuxカーネル
第3章 システムの起動
第4章 ファイルシステム
第5章 高度なストレージとデバイスの管理
第6章 ネットワークの構成
第7章 システムの保守
201試験 模擬試験

第2部 202試験
第1章 ドメインネームサーバ
第2章 Webサービス
第3章 ファイル共有
第4章 ネットワーククライアント管理
第5章 電子メールサービス
第6章 システムセキュリティ
202試験 模擬試験


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍・SEshop限定PDF:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2018年04月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 251
201試験模擬問題 問題31の解説1~2行目、解答
[修正箇所①] 《解説》選択肢Aはe2labelコマンドの正しい構文でラベルを設定しているので、正解です。 選択肢Bは引数の順番が逆なので、誤りです。 [修正箇所②] 《答え》 A、 C
[修正箇所①] 《解説》選択肢Aは引数の順番が逆なので、誤りです。 選択肢Bはe2labelコマンドの正しい構文でラベルを設定しているので、正解です。 [修正箇所②] 《答え》 B、 C
2018.01.22
1刷 373
問題4-8 問題文と解説
[修正箇所①] 問題文中のコードの7行目(「1.」を削除) range 192.168.1001.100 192.168.100.199; [修正箇所②] 問題文中のコードの重複行の3行を削除 host myclient1 { hardware ethernet 52:54:00:e5:73:04; fixed-address 192.168.1.10; } host myclient2 { hardware ethernet 52:54:00:26:5a:9e; } host myclient3 { fixed-address 192.168.1.11; } host myclient1 { hardware ethernet 52:54:00:e5:73:04; fixed-address 192.168.1.10; } host myclient2 { hardware ethernet 52:54:00:26:5a:9e; } host myclient3 { fixed-address 192.168.1.11; } [修正箇所③] 解説文中(2か所あり) 192.168.100.1.100
[修正箇所①] 問題文中のコードの7行目(「1.」を削除) range 192.168.100.100 192.168.100.199; [修正箇所②] 問題文中のコードの重複行の3行を削除 host myclient1 { hardware ethernet 52:54:00:e5:73:04; fixed-address 192.168.1.10; } host myclient2 { hardware ethernet 52:54:00:26:5a:9e; } host myclient3 { fixed-address 192.168.1.11; } [修正箇所③] 解説文中(「1.」を削除。2か所あり) 192.168.100.100
2018.02.09
1刷 445
問題6-10
[修正箇所1]問題文の修正 ISPから「2001:db8:0:100::/56」のIPv6アドレスの割り当てを受けました。インターネットに接続する側のネットワークI/F eth0 のアドレスを「2001:db8:0:100::1」とし、〜 [修正箇所2]問題の選択肢の修正 B. route add -A inet6 default gw fe80::fc54:ff:fe26:5a9e C. ip -6 route add default via fe80::fc54:ff:fe26:5a9e dev eth0
[修正箇所1]問題文の修正 SPから「2001:db8:0:100::/56」のIPv6アドレスの割り当てを受けました。インターネットと2つの内部サブネットを接続するルータを用意し、このルータのインターネットに接続する側のネットワークI/F eth0 のアドレスを「2001:db8:0:100::1」とし、 [修正箇所2]問題の選択肢の修正 B. route add -A inet6 default gw fe80::c046:e2ff:fe3a:281b
C. ip -6 route add default via fe80::c046:e2ff:fe3a:281b dev eth0
2018.04.09
1刷 448
問題6-11
[修正箇所①:問題文の最後] 2つ選択してください。 [修正箇所②:解説文、最後から2行目] 問題6-13解説の実行例を参照してください。
[修正箇所①:問題文の最後] 3つ選択してください。 [修正箇所②:解説文、最後から2行目] 問題6-10解説の実行例を参照してください。
2017.12.22
1刷 461
問題6-21 問題文
[修正箇所①:設定例の最終行] IgnoreRhosts yes [修正箇所②:選択肢F] F. IgnoreRhostsの値をnoに変更する
[修正箇所①:設定例の最終行] IgnoreRhosts no [修正箇所②:選択肢F] F. IgnoreRhostsの値をyesに変更する
2018.01.10
1刷 471
問題6-29 「データ転送機能」のサーバ lx01での実行例
$ nc -l 4321 > file.out $ cat file.in abcdef 112233
$ nc -l 4321 > file.out $ cat file.out abcdef 112233
2017.12.28
1刷 495
模擬試験 問題29とその解説
[修正箇所①:p495 問題29の選択肢] B. host myclient { hardware ethernet 52:54:00:e5:73:04; fixed address 192.168.1.10; } [修正箇所②:p511 解説の3行目] IPアドレスの指定は「fixed address IPアドレス」と記述します。
[修正箇所①:p495 問題29の選択肢] B. host myclient { hardware ethernet 52:54:00:e5:73:04; fixed-address 192.168.1.10; } [修正箇所②:p511 解説の3行目] 「fixed-address IPアドレス」と記述します。

※「fixed address」ではなく、「fixed-address」
2017.12.25