マーケター向けWebメディア「MarkeZine」が年間定期購読型の紙媒体を新たにスタート!定期購読誌『MarkeZine』を1月25日に創刊 2016.01.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
$s

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)が運営するマーケター向け専門メディアMarkeZine(マーケジン)は、定期購読誌『MarkeZine』を2016年1月25日(月)に創刊します。※

MarkeZine(http://markezine.jp/)は、2006年5月にデジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を伝えるWebメディアとして誕生しました。現在では、会員数は18万人を超え(2016年1月時点)、日本最大級のマーケター向け専門メディアとして、日々情報をお届けしています。
新たに2016年1月に創刊する定期購読誌では、Webでは読むことのできないオリジナルコンテンツや独占取材記事をお届けしていきます。今後は、定期購読者向けに、雑誌だけでなく、限定セミナーやデータダウンロードサービス、ネットワーキングの機会などの様々なサービスも随時提供していきます。

▼Webから紙媒体へ…リアルとWebの両方で必要な情報をお届け
MarkeZineは、これまで、広告・マーケティング領域の情報を、Webを通して発信してきましたが、読者からの「一つひとつの情報を知るだけでなく、それぞれの情報を繋げて潮流を理解したい」、「この1冊を読んでおけば大丈夫!という、広告・マーケ業界の動向をキャッチアップできる雑誌が欲しい」との声に応えるため、定期購読型サービスをスタートいたしました。
紙媒体の特性を活かし、激変する広告・マーケティング領域の最新のトレンドや潮流を体系的に伝える役割を果たしていきたいと考えています。
広告・マーケティング担当者はもちろん、毎日情報収集する時間がないという経営層や、経営・情報システム・営業などの関連部署間の共通理解を深めるツールとしてもご活用ください。

※現在、第2号(2月25日刊行)の申込受付中です。お申込は、SEshop(http://www.seshop.com/product/detail/18482/)まで。定期購読型のため、創刊号の申込受付は終了しております。一般書店での販売は現在のところ行っておりません。ご了承ください。

【定期購読誌の概要】
名称 : 潜在的な課題に気づき、未来を拓く マーケター・経営層向け専門メディア『MarkeZine』
URL: http://markezine.jp/subscription
発行日/価格:毎月25日発行/年間定期購読料 48,600円(税込)
購読申込: http://www.seshop.com/product/detail/18482/
問合せ : 翔泳社 MarkeZine編集部 support@markezine.jp

【定期購読誌の内容】
「データ活用でビジネスを制す」というテーマのもと、Webでは読めないオリジナルのコンテンツをお届けし、潜在的な課題に気づくきっかけと解決策を提示していきます。マーケター・経営層・情報システム部・営業部の共通理解を深める、広告・マーケティング領域の羅針盤となるメディアを目指します。

■創刊号(2016年1月発売)
Insight(巻頭インタビュー) 
日本の広告市場形成を牽引する 電通の次なる一手 
株式会社電通 佐伯諭氏

Feature(特集)「業界キーパーソンに聞く、2016年のマーケティング戦略」
デジタルマーケティングはマーケティング全体を最適化する
花王株式会社 石井龍夫氏
EC企業ならではのリアル店舗のつくり方とは? オイシックスが見据えるオムニチャネル戦略
オイシックス株式会社 奥谷孝司氏/西井敏恭氏

■第2号(2016年2月発売)
Insight(巻頭インタビュー)
15億人超のオーディエンスデータを抱えるFacebookが描く次世代マーケティングプラットフォーム構想
フェイスブック ジャパン株式会社 長谷川晋氏

Feature(特集)「次世代マーケティングを実現するプラットフォーマー新戦略」
Googleが提唱するマイクロ・モーメント、その捉え方と活かし方
グーグル株式会社 川合純一氏
LINEのプラットフォーム構想が企業CRMにもたらすもの
LINE株式会社 田端信太郎氏
ユーザーファーストのヤフーが導く、コンテンツマーケティング一歩先の未来
ヤフー株式会社 岡元淳氏

______________________
【会社概要】
会社名:株式会社翔泳社
本 社:〒160-0006 東京都新宿区舟町5
代表者:代表取締役社長 佐々木 幹夫
事業内容:コンピュータ・資格・実用・ビジネス関連の書籍・雑誌・電子書籍の編集出版、Webマガジン・ECサイトの企画・開発・運営、イベント・セミナー等の企画・運営
URL:http://www.shoeisha.co.jp/
問合せ先:http://www.shoeisha.co.jp/contact/