1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. KANO 1931 海の向こうの甲子園

KANO 1931 海の向こうの甲子園






形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798141268
価格:
本体1,388円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園に台湾代表?!
弱小チームが起こした奇跡の実話
歴史的大ヒット映画のマンガ化

舞台は昭和4(1929)年、日本統治下の台湾中部の田舎町、嘉義。嘉義農林学校(略称:嘉農)の野球部は、かつて一勝もしたことがない一勝もしたことがない弱小チーム。そんな野球部に、松山商業出身の伝説コーチ近藤兵太郎がやって来た。近藤は、漢人(台湾人)、蕃人(先住民)、日本人(内地人)の混成チームである嘉農野球部を、人種の垣根を超えた最強チームにしようと、甲子園出場を目標に掲げてスパルタ特訓を始める。最初はだらけていた部員たちも、やがて監督 の期待に応え、短期間でめきめきと実力を伸ばし、やがて甲子園出場をかけた一戦に臨むことになった……。

【特別収録】
KANOと嘉農をもっと理解するために

■背景知識編
台湾代表チームはなぜ甲子園をめざすことになったのか?

■インタビュー1 : 製作・脚本 魏徳聖(ウェイ・ダーション)
台湾と日本が共に栄光へ向かった物語を知ってほしい

■インタビュー2 : 監督 馬志翔(マー・ジーシアン/ ウミン・ボヤ)
KANOを通して「諦めない」精神を伝えたい

■人物編1
近藤監督がいなければ嘉農の野球も台湾の野球もなかった

■人物編2
甲子園のエースから神宮のスターとなった不器用な天才

■人物編3
甲子園の英雄たちの実際とそれから

■特別寄稿 : 国立台湾歴史博物館准研究員・研究グループ長 謝仕淵 KANO―台湾野球の原点

■資料
第17回全国中等学校優勝野球大会(第9回全島中等学校野球大会)における嘉義農林学校試合全記録

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2015年02月13日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 19
「濱田次箕」のルビ
はまだつぎき
はまだつぎみ

※お名前の読み方が間違っておりました。失礼をお詫びいたします。
2015.02.13
1刷 450
右から1行目
はまだつぎき
はまだつぎみ

※お名前の読み方が間違っておりました。失礼をお詫びいたします。
2015.02.13

最新電子書籍

関連記事