1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS) 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798155432
価格:
本体1,480円+税
仕様:
四六・208ページ
分類:
経営・マーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本書のポイント】
●「ブランドとは何か?」からやさしく解説
●どんな会社のマーケティング担当者でも役立つ内容
●ブランド戦略におけるPDCAの実務もバッチリ
●デジタル活用を踏まえた最新のブランド戦略がわかる
●新時代のキーワードである「顧客体験」をカバー

【ブランドを初歩からやさしく解説】
「ブランドとは?」「ブランド戦略とは?」「強いブランドを持つ利点は?」……
本書は、こういった素朴な疑問から丁寧に解説しますので
初学者や学び直しをしたい人にぴったりの内容です。

また、誰もが知っている企業のブランド戦略を多数交えながら説明しているので
自社に置き換えて戦略を立案する際に
具体的なイメージを描きやすいように工夫しています。
もちろん、大企業しか実行できないようなケースだけでなく
様々な規模や業態の企業でも参考になるようなケースも紹介しています。

【どんな会社の担当者でも実務で役立つヒントが満載】
「ブランド戦略」と聞くと「マス広告が必須」「高級品だけ」「お金がかかる」と思っていませんか?
誤解をする人が多いのですが、そんなことはありません。
むしろ、デジタル時代だからこそ会社の規模や業態に合わせた伝達の接点は増えており
ブランド戦略の可能性は大きく広がっています。

本書ではブランド戦略の基礎やPDCAの回し方についてしっかり解説します。
・ブランド戦略立案の基本的な考え方
・ブランド戦略を進めるにあたり必要となる社内合意の取り方
・部門を横断して巻き込んでいくための心得
・戦術の失敗を活かして変えるべきことと変えてはいけないこと
・数値検証のコツ

【ブランド戦略に欠かせない「顧客体験」のデザイン】
近年の急激なデジタル化の進展によりブランドの顧客体験を生み出す領域(主にウェブやスマホの世界)が
飛躍的に広がってきています。

消費者は従来のテレビや雑誌などでのマス広告で商品やブランドのことを知るだけではなく
ウェブサイトやSNSを通じて知り、情報収集するのが当たり前になってきました。
つまり、商品の認知~購入~購入後という一連の顧客体験が大きく変化しています。
そして、商品だけでなく、サービスやクチコミを含めた顧客体験全体がブランドを形成し、
ブランドが購入に大きな影響を与えるようになっています。

本書では、この新時代にふさわしいブランド戦略の基礎と
顧客体験の考え方についてしっかり解説します。


【目次】
イントロダクション:どんな会社でもブランド戦略が必要な理由
Chapter1:ブランドって何?
Chapter2:ブランド戦略って何?
Chapter3:デジタル時代のブランド戦略
Chapter4:ブランド戦略の実行
Chapter5:ブランド戦略の定着と組織的学習

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

関連書籍