経営学を学ぶと仕事が面白くなる?!新刊『イキイキ働くための経営学』 2016.03.09

現場で悩む人のモヤモヤを実践的理論で解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
$s

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、書籍『イキイキ働くための経営学』を2016年3月14日(月)に発売します。
本書は、日々の仕事で感じる“悩み”や“疑問”を「経営学」の視点で考え、ビジネスマンが自分らしく働くためのヒントを提供します。

■経営者だけのものじゃない、組織で働く人みんなに役立つ「経営学」

多くの会社員が「自分らしく働けていない」と悩んでいます。成果や責任へのプレッシャー、ギスギスした人間関係、仕事そのものに対する不満足など、さまざまな要素が絡み合って生まれる漠然とした不安や疑問が、その理由であることが多いようです。
そんな不安や疑問を解決するために、これまで自分には無関係だと考えていた「経営学」が役立ちます。
「今のキャリアで大丈夫?」「リーダーは強くあるべき?」「なぜ職場はギスギスするの?」といった疑問や、「責任を負いたくない」「会社の戦略がわからない」などの悩みも、経営学の視点で考えることで、その原因や対処法を探ることができるのです。
本書は、会社で働く人が感じている“悩み”や“疑問”を出発点に、初心者でも分かりやすく経営学を学べる一冊です。経営戦略、組織やリーダーシップ、モチベーションなどについての知識を手に入れることで、今、自分の置かれている現実を正しく把握することができます。経営学を学び、会社の方針や戦略を理解することで、組織の改善の仕方や、キャリア形成のヒントを得ることができる一冊です。

_________________________
■書籍概要
『イキイキ働くための経営学』
著者:佐々木圭吾、高橋克徳
発売日:2016年3月14日
定価:1,580円(税別)
判型:四六・224ページ
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798144153

■目次
第1章:経営学を学ぶと仕事が面白くなる理由
第2章:経営戦略のそもそもを知ろう
第3章:「良い組織」って何だろう?
第4章:強いリーダーにならないといけないの?
第5章:どうしたらやる気がでるの?
第6章:自分らしく働くための経営学

■著者について
著者:佐々木圭吾(ささき けいご)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。1986年九州大学経済学部卒業後、電機メーカー勤務を経て、96年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得終了。同年横浜市立大学勤務、2006年東京理科大学大学院准教授、2012年より現職。著書に『経営理念とイノベーション』(生産性出版)、『みんなの経営学』(日本経済新聞出版社)などがある。

著者:高橋克徳(たかはし かつのり)
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授。株式会社ジェイフィール代表取締役社長。1991年一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所入社。2001年慶応義塾大学政策・メディア研究科博士課程単位取得終了。2007年組織変革コンサルティング企業、ジェイフィールの創業メンバーとなる。著書に『不機嫌な職場』(共著、講談社)、『人がつながるマネジメント』(中経出版)などがある。
$s書籍より抜粋_仕事のモヤモヤを経営学的視点で俯瞰


_________________________

株式会社翔泳社
URL:http://www.shoeisha.co.jp/
問合せ先:http://www.shoeisha.co.jp/contact/