総合IT コンファレンス「Developers Summit 2011」を2 月17 日・18 日に開催 2011.02.01

~技術者コミュニティとの連携のもとに9 回目を迎える~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社 翔泳社(東京都新宿区、佐々木幹夫社長)は、2011年2月17日(木)と18日(金)の2日間、東京・目黒雅叙園でDevelopers Summit 2011(デブサミ)を開催します。

 デブサミは、技術者コミュニティとの連携、ITベンダーなどの協賛のもとに、2003年以来、毎年冬に開催され、今年で9回目を迎えるIT総合コンファレンスです。毎年、3千名を超える参加者が来場し、ソフトウェア開発者やベンダーにとって、冬の定番イベントとなっています。

 今回は、「創発--未来につながるために 世界に帆を立てるために」を開催のテーマとしました。翔泳社は、このテーマに、スマートフォン、アジャイル、クラウド、ソーシャルを軸として、今後IT基盤の再構築を担っていく技術者を鼓舞する目的をこめたものとしています。また、今年のデブサミは、日本工学院専門学校ITカレッジとのコラボレーションを実現し、課外授業として学生が運営に参加するという特色も打ち出しています。

 デブサミ2011では、「アーキテクチャ」「開発プロセス」「クラウド」「RIA(Rich Internet Applications)」「.NET」「DB」など、ソフトウェア開発者向けのテーマで、56セッションを展開するほか、ベンダー各社の展示も実施される予定です。また、今回は、「Mobile Future Conference」と「mixi Hackathon @ Developers Summit 2011」を併催イベントとして同時開催することになっています。こうした併催イベントによって、モバイルとソーシャルのテーマをさらに掘り下げていく効果をねらっています。その結果、併催イベントも含めると、9テーマ61セッションという規模になり、例年以上の参加者を見込んでいます。

 デブサミ2011は、無料の事前登録制で、昨年12月半ばから登録を開始しており、すでに多くのセッションが満員となっています。2月10日まで参加登録を受け付けています。デブサミ事務局では、twitterとfacebookに公式サイトを用意しており、締切り以降もソーシャルサイトを軸として、さまざまな企画を用意して、今年のデブサミを盛り上げていきます。


◎開催概要
名称:Developers Summit 2011(デブサミ2011)
会期:2011年2月17日(木)・18日(金)
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:株式会社 翔泳社
参加対象者:IT技術者、ソフトウェア開発者、システム開発者、ネットワーク管
理・運用者、IT教育担当者、ITマーケティング・セールス担当者、IT関連部署マ
ネージャ、プロジェクト関連マネージャ
参加費:無料(事前登録制)
セッションテーマ:開発プロセス、.NET、これからのアーキテクチャ、DB、
Cloud Development、RIA+Smartphone、世界へチャレンジ、Special
併催イベント:Mobile Future Conference by DeNA
mixi Hackathon @ Developers Summit 2011

●デブサミの詳細と登録
http://codezine.jp/devsumi/2011/

●twitter公式ページ
http://twitter.com/devsumi/

●facebook公式ファンサイト
http://www.facebook.com/devsumi/


【翔泳社 会社概要】
会 社 名:株式会社翔泳社
代 表 者:代表取締役 佐々木幹夫
本   社:東京都新宿区舟町5
U  R L:http://www.shoeisha.co.jp/
事 業 内容:出版事業

■本プレスリリースについてのお問い合わせ先
Developers Summit運営事務局 (株式会社翔泳社内) 
Email:devinfo@shoeisha.co.jp