『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』シリーズ累計5万部を記念して、書籍全文を期間限定で無料公開 2018.09.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』(村上由美/著)を2018年9月14日(金)~9月20日(木)の期間限定で、全ページを無料公開します。

■日常生活の「あたりまえ」ができるようになる
ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本(翔泳社)

「発達障害」の知名度が上がったことで、大人になってから発達障害に気付く人が増えています。学業面では問題なく過ごせた(むしろ優秀な人が多い)けれど、社会に出ると、お金やスケジュールの管理、片づけ、ケアレスミスなど、暮らしの「あたりまえ」ができず困っている人も多いようです。
本書では、そうした症状に悩む人のために、上手に日常生活を過ごす方法を紹介。発達障害あるあるの悩み→その原因→発達障害の特徴をカバーする具体的な解決策の順で解説していきます。


■1週間限定で全ページ無料公開
発達障害を持つ人がよく抱える悩みの原因と具体的な解決方法をわかりやすく解説した『ちょっとしたことでうまくいく』シリーズ3冊の累計5万部を記念し、『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』(村上由美/著)を9月14日(金)より1週間限定で全ページを無料公開することにしました。

公開期間:2018年9月14日(金)~9月20日(木)
無料公開ぺージ:
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798154138
※無料公開ページのアクセスにはSHOEISHA iDへの登録(無料)が必要です。


■書籍概要
『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』
著者:村上由美
発売日:2018年3月14日
定価:1,600円+税
版型:B5変・160ページ
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798154138


■著者について
村上由美
上智大学文学部心理学科、国立身体障害者リハビリテーションセンター(現・国立障害者リハビリテーションセンター)学院聴能言語専門職員養成課程卒業。
重症心身障害児施設や自治体などで発達障害児、肢体不自由児の言語聴覚療法や発達相談業務に従事。現在は、自治体の発育・発達相談業務のほか、音訳研修や発達障害関係の原稿執筆、講演などを行う。著書に『声と話し方のトレーニング』(平凡社新書)、『アスペルガーの館』(講談社)などがある。


■目次
第1章 発達障害は生活障害
第2章 「時間管理ができない」を何とかしたい
第3章 お金の悩みを解決したい
第4章 「片付けられない」を何とかしたい
第5章 コミュニケーションの問題を解決したい


■関連シリーズ
・『ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が上手に働くための本』(對馬陽一郎/著 林寧哲/監修)
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798149295

・『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本』(對馬陽一郎、安尾真美/著 林寧哲/監修)
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798154879


【SHOEISHAiDについて】
翔泳社の各種メディア・サービスを利用するユーザーへ、より良い体験を提供することを目的として「SHOEISHA iD」を構築しました。「SHOEISHA iD」に登録すると、翔泳社が運営する様々なジャンルの専門メディアの利用、およびイベントへの参加、会員特典などのサービスを受けることができます。また、登録された情報の閲覧/管理することもできます。