翔泳社より営業×テクノロジーをテーマにしたウェブメディア「SalesZine(セールスジン)」がオープン 2019.04.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、2019年4月1日に営業×テクノロジーをテーマにしたウェブメディア「SalesZine(セールスジン)」を本格オープンさせました。

SalesZineロゴ_透過なし


翔泳社は1985年に創業、IT系の出版社としてパソコン関連書籍から、IT資格書やビジネス書まで幅広く出版。2003年にはエンジニア向けイベント「Developers Summit」を開始、2005年に同じくエンジニア向けのウェブメディア「CodeZine(コードジン」)をオープン、2006年からはマーケター向けメディア「MarkeZine(マーケジン)」をオープンし、ウェブメディア事業へ本格参入。現在は、出版社でありながらも9つのウェブメディアを運営し、関連講座などを実施するラーニング事業も行っています。SalesZineは10個目のウェブメディアとして立ち上がりました。

■SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/

■立ち上げ背景
労働人口の減少や、働き方改革の推進によって、企業における多くの職種が、テクノロジーの活用による効率化を求められる時代になってきています。
そして古くから企業を「売上」で支えてきた営業部門にも、その波がやってきました。今までの営業組織のやり方を否定するわけではなく、既存のデータをいかに活用するか、今までのノウハウをどうシステマチックにして少ない人数で成果を出していくか。これからの営業組織に必要な情報を集めて提供したいと考え、SalesZineを立ち上げました。

■コンセプト
「テクノロジー」で営業活動を支援するウェブマガジン

営業活動の領域をテクノロジーで支援するための情報を届け続けることで、働き方をかえ、会社を変え、社会に貢献したいと考えています。

■想定読者
・営業組織の改革を試みる営業部門長や営業企画/経営企画の方
・営業教育/採用を担当されている方
・現場の営業担当者の方
・新しい営業職、インサイドセールスやカスタマーサクセスを担当されている方

■各社からの応援コメント(社名50音順)

SalesZineの本オープン、誠におめでとうございます。
私たち営業は、事業の先頭に立ち市場を創りあげる役割を担っています。また、常に自己ベストを更新し、高い成果を上げ続けることが求められます。そのような営業の役割を全うするには、戦略、教育、採用、そしてテクノロジーといった複合的な要素から、営業組織をアップデートし続けなければなりません。SalesZineのスタートによって、営業組織がさらに強く、活性化されることに期待しております。共に営業を盛り上げ、変革を起こしていきましょう。

Sansan株式会社 執行役員 Sansan事業部 営業部長 加藤容輔
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SalesZine創刊、誠におめでとうございます。
セールステックという言葉も浸透しつつある中、貴誌のようなメディアが発刊されることは、法人向け営業支援分野で20年以上取り組んでいる当社としては、非常に感慨深いものがございます。この分野が益々盛り上がり、多くの日本企業が営業改革・営業生産性向上に取り組まれ、成功されることを当社も引き続き支援してまいります。

株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 チーフ・マーケティング・オフィサー 森田青志
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクノロジーで営業活動を支援するウェブマガジンSalesZineの本オープン、誠におめでとうございます。
約20年にわたって、仕組みづくりと型づくりで様々な企業の生産性向上を支援してきた当社としても、貴誌による情報発信が多くの企業の生産性向上につながることを期待しております。ともに日本企業の営業活動を支援してまいりましょう。

ソフトブレーン株式会社 代表取締役社長 豊田浩文
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度は、翔泳社様のSalesZineオープンを歓迎いたします。
これまでになかったプロフェッショナルな営業に特化したメディアをオープンするとのこと、いま全国の営業から必要とされている、分かり易い、役に立つコンテンツを提供していくであろうと大いに期待しております。

日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネスアプリケーション統括本部 業務執行役員 統括本部長 田村元
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SalesZineの正式サイトオープンおめでとうございます。
日本で初めての「営業」に関するワンストップ情報源の誕生です。テクノロジーが可能にする新たな営業スタイル、営業変革を牽引するサイトに、大いに期待しております。

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長 小串記代
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■編集部メッセージ
オープン前から多くの営業パーソンの方にお会いさせていただき、取材の最後で「営業とは?漢字一文字で答えていただけますか」という質問をさせていただきました。

「営業×テクノロジー」というテーマで取材をさせていただいていることもあり、なんとなく勝手に想像をしていて、多くの方が同じ字を書かれるのではないかなと思っておりました。しかし実際にインタビューを進めていくとみなさまの「漢字一文字」は本当にそれぞれで、「これはおもしろいぞ」、とワクワクしました。

「想」「視」「技」「創」「志」「顔」「成」「学」「学」
「問」「科」「知」「売」「導」「基」「進」「倖」……。

営業をシステムやテクノロジーでエンパワーメントすると考えたときに、きっと「手法」や「ゴール」に関して言えば、碇石も見えてくるでしょうし、実践される企業もこれからの数年でぐっと増えていくでしょう。

しかしその改革の裏で試行錯誤されている営業パーソンたちが抱えていらっしゃる想いや、苦しみ、そして楽しさは千差万別だということを日々ひしひしと感じています。「営業職」という仕事がテクノロジーによってさらに面白くなっていく時代を迎えられることに感謝しながら本メディアの運営を頑張ってまいります。

SalesZine編集部 宮田華江


■おすすめインタビュー記事
・業績回復が示した「営業を科学する」意義 ソフトブレーン営業本部長の長田さんに聞く
https://saleszine.jp/article/detail/10

・営業×AIで変革を起こす日本マイクロソフト社に聞く "SFA幻滅期"に営業が注力すべきこと
https://saleszine.jp/article/detail/165

・スキル頼みだけの営業は色っぽくない 個性の最大化を目指すSansanの営業チーム
https://saleszine.jp/article/detail/168

・「何でもやってしまう」からこそ孤立しがち 日本の営業組織に今こそ必要なセールス・イネーブルメント
https://saleszine.jp/article/detail/171

・SFAのすべての機能を使いこなす必要はない セールスフォースに聞く営業組織の変化
https://saleszine.jp/article/detail/183

・データとテクノロジーの活用は当たり前 Google、freeeの営業改革を牽引した村尾さんに聞く
https://saleszine.jp/article/detail/240


■おすすめ連載コーナー
・Sales Tech ホットトピックス
https://saleszine.jp/article/corner/2

・あの企業の「稼ぐ力」を経営指標からチェック!
https://saleszine.jp/article/corner/3

・いまさら聞けない営業マネジメントの基礎
https://saleszine.jp/article/corner/4

・ツール導入で何がどう変わる? 中小・スタートアップ企業
https://saleszine.jp/article/corner/5

・ウェブマーケティングが営業に与える6つのインパクト
https://saleszine.jp/article/corner/6

・インサイドセールスという仕事
https://saleszine.jp/article/corner/7

・イチから作るデータドリブンな営業スタイル
https://saleszine.jp/article/corner/8

・働き方、いや、生き方改革
https://saleszine.jp/article/corner/9


【会社概要】
会社名:株式会社翔泳社
本 社:〒160-0006 東京都新宿区舟町5
代表者:代表取締役社長 佐々木 幹夫
事業内容:コンピュータ・資格・実用・ビジネス関連の書籍・雑誌・電子書籍の編集出版、Webマガジン・ECサイトの企画・開発・運営、イベント・セミナー等の企画・運営
URL:http://www.shoeisha.co.jp/
問い合わせ先:http://www.shoeisha.co.jp/contact/