コモンズ ネット上の所有権強化は技術革新を殺す(Lawrence Lessig 山形浩生)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. コモンズ ネット上の所有権強化は技術革新を殺す

コモンズ ネット上の所有権強化は技術革新を殺す



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798102047
価格:
本体2,800円+税
仕様:
A5・436ページ
分類:
一般書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”自由”か”コントロール”か? ”革新”か”後退”か?

既存のネット関連の本は、所有権強化こそが技術革新につながるという議論を展開し、ネットについても著作権侵害のツールという面だけが強調されることが多かった。本書はこれにまっこうから対立し、所有権強化はかえって技術革新の可能性を殺し、われわれすべてにとって悪い結果をもたらすと明確に論じている。アメリカに追随して各種所有権強化の声があがっている日本にとっても、いま考えなければいけない重要なことだ。前作『CODE』より内容の具体性も高く、マイクロソフト裁判の背景なども詳解する。あまり理解されていない司法省側の議論が、ここで明示され、知的財産権の分野で働く人のみならず、ネットに関心のある一般の読者にも必携の一冊。【原書タイトル】the furure of ideas:the fate of the commons in a connected world


第一部 ドット・コモンズ
第一章 「フリー」
第二章 構成部品:「コモンズ」と「層」
第三章 電線上のコモンズ
第四章 ワイアードされたものたちのコモンズ
第五章 無線のコモンズ
第六章 コモンズの教訓

第二部 ドット・コントラスト
第七章 現実空間での創造性
第八章 インターネットからのイノベーション

第三部 ドット・コントロール
第九章 旧 VS 新
第一〇章 電線-ひいてはコード層-をコントロール
第一一章 ワイアードされた者-ひいてはコンテンツ層-をコントロール
第一二章 ワイヤレス-ひいては物理層-をコントロール
第一三章 何が起きているんだろうか
第一四章 alt.commons(代替案としてのコモンズ)
第一五章 オーリンにはわかっている

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2008年05月27日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
5刷 301
9行目
6刷
電子フロンィア財団は、
電子フロンティア財団は、
2008.05.27
5刷 386
「創造性のコモンズを再構築」の1行目
6刷
すでに創造され、こうした広範な条項に保護されている作品には一切影響しない。
すでに創造され、こうした広範な条項に保護されている作品には、こうした変化は一切影響しない。
2008.05.27