翔泳社の各Webメディアと連動したオリジナルコンテンツを、
デジタル流通の活用により
様々な形式で展開していく新たな出版活動です。

おすすめ書籍

EnterpriseZine ピックアップ

初のSAP HANAの入門書!
パフォーマンス最大化の本格利用を徹底解説!

 本書は日本国内では初めてのSAP HANAの解説書です。SAP HANAの活用を積極的に検討されている方々や、すでに活用されている多くの方々に基本から本格利用までをより深く理解していただくためにわかりやすくまとめています。執筆したのは、SAP HANAのビジネスの立ち上げ携わったSAP社内外の専門チーム。
 本書には、SAP HANAに関する情報を必要とする方が、最初に知っておくべき情報がまとめられています。また、SAP HANAのパフォーマンスを最大限に引き出すために必要不可欠な、ハードウェアプラットフォームとしての情報を、IBM Powerとの協業で詳しく紹介しています。
本書は以下のような構成で作成されています。
 SAP HANAプラットフォームとしての全体の機能説明、IBM Power Systemsの組み合わせによる特徴の説明、インメモリーデータベースとしてのアーキテクチャの説明では、コアとなる仕組みや機能を概観することができます。
 また、実際の開発運用の基礎であるテナントデータベースの作成から各種データベースオブジェクトの作成について説明。SAP HANA の特徴に1つであるインフォメーションビューの作成方法についても触れています。
 さらにPC上で動作する無料版の「SAP HANA, express edition」の入手方法と自分のPC上にセットアップする方法も紹介されており、SAP HANAをまず触ってみたいという方にもお薦めする内容です。

CodeZine ピックアップ

ハッカーは集まる。ハッカーは旅をする。より豊かになるために。

 世界の各都市には、「ハッカースペース」と呼ばれる場所があり、ソフトウェアやハードウェアのエンジニアを中心に、さまざまな人が自由に訪れ、日夜活動しています。
 本書は、著者が実際に訪れた世界中の全14か所のハッカースペースを、そこに集まる個性豊かなハッカーや熱いプロジェクトとともに紹介するガイドブックです。
 アクセス方法やアポイントメントの取り方など、実際に訪問するための知識はもちろん、「パリのハッカーたちはレジスタンスの精神がある」といった、行ってみなければわからない部分も写真付きで取り上げています。深センの注目女性ハッカーであるSexyCyborgへの赤裸々なインタビューも収録。

MarkeZine ピックアップ

モバイル時代のCRMを攻略するための基礎知識が1冊に!

 EC売上のうち50%以上を占める企業が出てくるなど、顧客関係維持に欠かせないものとなったモバイル。本連載では、メールはもちろんアプリやLINE、ソーシャルメディアなどの顧客接点を各企業がどのようにコントロールしているかをデータ活用、システム設計、PDCAの視点で事例とともに紹介します。

【著者紹介】
伴 大二郎(ばん だいじろう)
株式会社オプト マーケティングマネジメント部 マネイジングディレクター 兼 ブランドコミュニケーション・アナリティクス部 部長。小売業でデータマイニングやCRMを10年担当した後にオプトに入社、カスタマージャーニーやカスタマーエクスペリエンスなどユーザー視点を軸にマーケティング全般のコンサルティングに従事。

Biz/Zine ピックアップ

ブロックチェーンの技術と仕組みを理解するとともに、最新動向・知見から組織・社会・経済へのインパクトを考える画期的論考の本!

◆ブロックチェーンの技術と仕組みを理解する◆
インフラとしてのブロックチェーンが持つ様々な可能性を概観するとともに、ブロックチェーンを活用するサービスの最新事例を紹介しています。
とくにブロックチェーンの技術と基本的な仕組み、暗号化や取引構造、プルーフ・オブ・ワークなどについて、図解を通じて詳しく解説するとともに、それが合意の仕組みとしてどのような意味を持つかを丁寧に解説しています。

◆デジタル経済とブロックチェーンの関係がわかる◆
IoTやスマートコントラクトがもたらす「超自動化社会」がどのような形になるのか、金融テクノロジー(フィンテック)への影響、中央銀行によるデジタル通貨の可能性について検証し、来るべきデジタル経済とブロックチェーンの関係を展望します。

◆自律分散型組織とブロックチェーン経済を展望する◆
ブロックチェーンが実現する「自律分散型組織」について、組織経済学からの考察、あらたな産業組織(DAO)の有り様、ICO(Initial Coin Offering)などの最新動向の事例や知見を踏まえて、「ブロックチェーン・エコノミクス」のあり方を提唱します。