翔泳社の各Webメディアと連動したオリジナルコンテンツを、
デジタル流通の活用により
様々な形式で展開していく新たな出版活動です。

ピックアップ

今イチオシの翔泳社デジタルファースト書籍をピックアップ!

EnterpriseZine

「あいまいな要件定義」「ハッキリしない責任分担」
「きちんと管理されず対策が手遅れになるリスク」―

こうした裁判所でよく見る問題は、普通のプロジェクトでもよく目にするものです。

本書では、IT訴訟の調停員を務めてきた著者が、実際に起きた訴訟事例から、ITプロジェクト成功の鍵となる事例と、そこから得られる知見をまとめたものです。

昨今は、ITプロジェクトにおけるユーザサイドの役割がますます重要になっており、かつてはベンダに任せきりでよかったIT導入も、ユーザが積極的に要件を定義しプロジェクト管理を行わないとうまくいかなくなっています。

ITユーザの方には自社のIT開発がうまくいくように、そしてベンダの方にはユーザの方の協力をうまく引き出すために、この本から得られる知見を利用してください。

どうして、こんなに多くのプロジェクトが失敗してしまうのか―
本書は、約10年間、東京地方裁判所でIT紛争を担当する民事調停委員を務めてきた著者が、その紛争事例を元に、IT導入の際にのちのち争点になる要因をいかにクリアにしていくかを解説していきます。

法的な紛争にまで達してしまったITトラブル事例を反面教師としながら、IT導入成功のポイントや工夫、あるいはそこにおけるユーザの責任を考えていきます。

「“ベンダとユーザの協業”とはどんなことなのか」
「ユーザはIT 導入においてどんな責任を持ち、何をすべきなのか」
「ベンダはユーザに何を教え、リードすべきなのか」……。

IT導入のユーザの方々だけでなく、ベンダ側の方々にも手に取っていただき、本書を繰り返し読みながら、IT導入プロジェクトを成功に導いてください。

CodeZine

Apache Cordovaについて明確に言及している記事や書籍は少なく、ハイブリッドアプリという視点では、HTML5を軸に記述したものがほとんどで、実際のプラグインを使って説明したものはあまり見かけません。

また、HTML5でのハイブリッドアプリ開発といっても、プラグインの内容まで踏み込めないHTML/JavaScriptの技術知識を持った開発者が独力では手が出しにくいのが実情です。

そこで、本書では、Apache Cordovaとプラグインを使った時のサンプルを通じてそれらの使い方を説明します。

Biz/Zine

ブロックチェーンの技術と仕組みを理解するとともに、最新動向・知見から組織・社会・経済へのインパクトを考える画期的論考の本!

◆ブロックチェーンの技術と仕組みを理解する◆
インフラとしてのブロックチェーンが持つ様々な可能性を概観するとともに、ブロックチェーンを活用するサービスの最新事例を紹介しています。
とくにブロックチェーンの技術と基本的な仕組み、暗号化や取引構造、プルーフ・オブ・ワークなどについて、図解を通じて詳しく解説するとともに、それが合意の仕組みとしてどのような意味を持つかを丁寧に解説しています。

◆デジタル経済とブロックチェーンの関係がわかる◆
IoTやスマートコントラクトがもたらす「超自動化社会」がどのような形になるのか、金融テクノロジー(フィンテック)への影響、中央銀行によるデジタル通貨の可能性について検証し、来るべきデジタル経済とブロックチェーンの関係を展望します。

◆自律分散型組織とブロックチェーン経済を展望する◆
ブロックチェーンが実現する「自律分散型組織」について、組織経済学からの考察、あらたな産業組織(DAO)の有り様、ICO(Initial Coin Offering)などの最新動向の事例や知見を踏まえて、「ブロックチェーン・エコノミクス」のあり方を提唱します。