やさしいOracle PL/SQL入門(一志 達也)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. やさしいOracle PL/SQL入門

やさしいOracle PL/SQL入門


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798102252
価格:
本体2,200円+税
仕様:
A5・288ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PL/SQLでOracleを極めよう

PL/SQLは、データベースの操作言語SQLを拡張したプログラミング言語で、Oracleデータベース内部で動作します。本書では、プログラミングの基礎を学ぶとともに、例外処理、ストアドプログラムなどの応用的な利用法を段階的に解説しています。また、Oracleに備わるユーティリティパッケージの利用やデバッキングのコツなどについても解説を加えました。PL/SQLを基礎から学べる入門書として、オラクルマスター「PL/SQL」試験の副読本にもご利用いただけます。

本書は、月刊DB Magazineの人気連載「やっぱり役立つPL/SQL徹底活用講座」を加筆・再編集し、書籍としてまとめたものです。


付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2007年05月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 040
図3-3 IF文の構文
2刷
ELSEIF 条件2 THEN
ELSIF 条件2 THEN
2003.06.24
1刷 040
図3-3 IF文の構文
2刷
ELSEIF 条件3 THEN
ELSIF 条件3 THEN
2003.06.24
1刷 107
上から12行目
13刷
さきほどのLIST7-2のブロックについて、
さきほどのLIST7-1のブロックについて、
2007.05.09
1刷 122
LIST8-8 引数の省略例(パターン1) 4行目
2刷
wk_2 IN DATE DAFAULT NULL,
wk_2 IN DATE DEFAULT NULL,
2003.06.24
1刷 122
LIST8-9 引数の省略例(パターン2) 4行目
2刷
wk_2 IN DATE DAFAULT NULL,
wk_2 IN DATE DEFAULT NULL,
2003.06.24
1刷 205
LIST13-3 ファイルの内容を読み取る 14行目
2刷
UTL_FILE.GET.LINE(File_Handle, Read_Line)
UTL_FILE.GET_LINE(File_Handle, Read_Line)
2003.06.24
1刷 214
LISTP14-1 簡単なカーソルの例 5行目
2刷
r_emp c_emp%type
r_emp c_emp%rowtype
2003.06.24
1刷 253
図16-4 処理のフロー(簡易版)
13刷
<自社社員か>    |    |N3    | <利用回数は>
<自社社員か>    |    |No    | <利用回数は>
2007.05.09
4刷 023
表2-2
5刷
NOT CONSTANT
CONSTANT
2003.07.24
4刷 065
LIST4-5 3行目
5刷
r_emp c_emp%rowtype;
wk_rec_a c_emp%rowtype;
2003.07.24
4刷 114
下から3行目
5刷
“INOUT”
“IN OUT”
2003.07.24
4刷 115
図8-6、下から8行目、2行目
5刷
INOUT
IN OUT
2003.07.24
4刷 116
LIST8-3キャプションおよび3行目、4行目
5刷
INOUT
IN OUT
2003.07.24
4刷 120
LIST8-7
5刷
DECLARE PROCEDURE A (wk_1 IN VARCHAR2, wk_2 IN DATE, wk_3 OUT NUMBER) IS .... FUNCTION B (wk_1 in VARCHAR2, wk_2 in DATE) RETURN NUMBER IS .... wk_return NUMBER; wk_a VARCHAR2; wk_b DATE; wk_c NUMBER;
DECLARE wk_return NUMBER; wk_a VARCHAR2; wk_b DATE; wk_c NUMBER; PROCEDURE A (wk_1 IN VARCHAR2, wk_2 IN DATE, wk_3 OUT NUMBER) IS .... FUNCTION B (wk_1 in VARCHAR2, wk_2 in DATE) RETURN NUMBER IS ....
2003.07.24
4刷 121
上から7行目、図8-8
5刷
INOUT
IN OUT
2003.07.24
4刷 124
・引数と返り値
5刷
INOUT
IN OUT
2003.07.24
4刷 161
上から4行目
5刷
INOUT
IN OUT
2003.07.24
4刷 207
LIST13-4およびLIST13-5 12行目
5刷
FOR c_emp INTO r_emp LOOP
FOR r_emp IN c_emp LOOP
2003.07.24
4刷 208
LIST13-6 12行目
5刷
FOR c_emp INTO r_emp LOOP
FOR r_emp IN c_emp LOOP
2003.07.24
4刷 42
LIST3-5 1行目
5刷
FOR カウンタ変数 IN 初期値..最大値 REVEASE LOOP
FOR カウンタ変数 IN REVEASE 初期値..最大値 LOOP
2003.09.30
9刷 042
LIST3-5 1行目
10刷
FOR カウンタ変数 IN REVEASE 初期値..最大値 LOOP
FOR カウンタ変数 IN REVERSE 初期値..最大値 LOOP
2006.02.22
9刷 114
下から2行目
10刷
“INOUT”は
“IN OUT”は

INとOUTの間に半角スペース入る
2006.02.22
9刷 225
下から1行目(LIST 14-14上)
10刷
DBMS_SQLDEFINE_ARRAY(カーソル変数,取り出す行,配列名,添字の開始,添字の終了)
DBMS_SQL.DEFINE_ARRAY(カーソル変数,順序番号,配列名,取り出す行,添字の終了)
2006.02.22