Oracle9i DBAハンドブック(株式会社トップスタジオ 日本オラクル株式会社 Kevin Loney Marlene Theriault)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Oracle9i DBAハンドブック

Oracle9i DBAハンドブック


監修


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798102313
価格:
本体7,800円+税
仕様:
B5変・992ページ
分類:
データベース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DBA業務に必要な知識をすべて網羅!

Oracle9iにはさまざまな新機能があります。それらを使いこなしてユーザーのニーズを満たすのは、DBAとアプリケーションデザイナーにとって共通の課題です。本書では、最新の機能を紹介するだけでなく、それらを駆使してOracleデータベースの管理を容易にする方法も示します。特に力を入れたのは、データベースの能力を効果的かつ効率的に活用してすぐれた成果を上げる方法の説明です。これによって、信頼性が高く、堅牢かつ安全で、拡張性が高いデータベースが完成します。
(「はじめに」より)

【本書に記載されている内容】



・- 論理的/物理的データベースアーキテクチャデザイン
・- データベースオブジェクトの適切な分散方法
・- データベースの監視方法
・- 効果的なチューニングの方法
・- セキュリティ戦略
・- バックアップとリカバリ戦略
・- 大規模データベースの管理方法
・- 分散データベースの構築方法
・- Oracle Net
・- Oracle Enterprise Managerの使用方法
・- など

Part I データベースアーキテクチャ

CHAPTER 1 Oracleアーキテクチャの概要
データベースとインスタンスの概要
ソフトウェアのインストールについて
データベースの作成
バックグラウンドプロセス
データベースの内部構造

CHAPTER 2 ハードウェア構成と注意点
アーキテクチャの概要
スタンドアロンホスト
ネットワークホスト

CHAPTER 3 表領域の作成計画と管理
最終目標
Optimal Flexible Architecture(OFA)
一般的な論理レイアウト
ソリューション

CHAPTER 4 データベースの物理的レイアウト
データベースファイルのレイアウト
I/Oに関する推定内容の検証
ソリューション
ファイルの格納場所
データベース領域の使用状況
データファイルのサイズ変更
データベースファイルの移動方法
セグメントに割り当てられた領域の解除方法
Oracle管理ファイル(OMF)の使い方
まとめ

Part II データベースの管理

CHAPTER 5 開発プロセスの管理
成功に不可欠な3大要素
カルチャー面でのプロセス
管理プロセス
パッケージ開発の管理
管理された環境

CHAPTER 6 使用領域の監視
発生しやすい問題
目標とする項目の選択
最終目標
Command Centerデータベースの作成
メモリオブジェクトの監視
その他の警告
管理の行き届いたデータベース

CHAPTER 7 トランザクションの管理
ロールバックセグメントの概要
ロールバックセグメント内の領域の使用状況
ロールバックセグメントの使用状況の監視
Oracle Enterprise Managerによるロールバックセグメントの管理
個数とサイズの選択
UNDO表領域の使い方

CHAPTER 8 データベースのチューニング
アプリケーション設計のチューニング
SQLのチューニング
メモリの使用方法に関するチューニング
データ記憶領域のチューニング
データの操作におけるチューニング
物理記憶領域のチューニング
論理記憶領域のチューニング
ネットワークトラフィックの低減
OEM/パフォーマンスチューニングパックの使用方法
チューニングのソリューション

CHAPTER 9 STATSPACKの使い方
STATSPACKのインストール
STATSPACKデータの管理

CHAPTER 10 データベースのセキュリティと監査
セキュリティ機能
セキュリティの実装
使用可能なコマンドの制限:プロダクトユーザープロファイル
パスワードに対するログイン時のセキュリティ
パスワードの暗号化とトリック
仮想プライベートデータベース
監査
分散環境におけるセキュリティ
ソリューション

CHAPTER 11 最適なバックアップとリカバリ
機の
論理的なバックアップ
物理的なバックアップ
実装
バックアップ手段の統合

CHAPTER 12 Recovery Managerの使い方
Recovery Managerとは
RMANに関する推奨事項

Part III Oracleのネットワーク環境

CHAPTER 13 Oracle Net
Oracle Netの概要
Oracle Net Configuration Assistantの使用方法
Oracle Net Managerの使用方法
リスナーサーバープロセスの開始
リスナーサーバープロセスの制御
使用例:クライアント/サーバー型アプリケーション
使用例:データベースリンク
使用例:copyコマンド
Oracle Names Serverとクライアントの構成処理
Oracle Netのチューニング
UNIXとOracle Net

CHAPTER 14 9iASのチューニング
9iAS(Apache)の開始、停止、再開始
ApacheとTCPのチューニング
Oracle HTTP Server構成のチューニング
Oracleキャッシュサービスの使い方
Oracle Web Cache

CHAPTER 15 大規模データベースの管理
環境の設定
トランザクション管理
バックアップ
チューニング
トランスポータブル表領域の使用方法
ローカル管理表領域

CHAPTER 16 分散データベースの管理
リモート問合せ
リモートデータの操作:2フェーズコミット
データの動的レプリケーション
分散データの管理
分散トランザクションの管理
分散データベースの監視
分散データベースのチューニング
ジョブキューの使用方法

APPENDIX A SQLコマンドリファレンス

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2003年06月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 021
7行目
2刷
各グラニュルが4KBなら最小は4グラニュルになります。
各グラニュルが4MBなら最小は4グラニュルになります。
2003.06.04