48のキーワードから学ぶ実践プロジェクトマネジメント(深沢隆司)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 48のキーワードから学ぶ実践プロジェクトマネジメント

48のキーワードから学ぶ実践プロジェクトマネジメント


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798104539
価格:
本体2,000円+税
仕様:
A5・272ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントをおさえた小さな行動でプロジェクトは大きく変わる!

本書では、特にIT業界において、直接、設計やコーディング、テストに関わるチームについてのプロジェクトマネジメントを取り扱います。直接システムを作成するメンバーによって構成されるプロジェクト・チームのマネジメントと、それらのプロジェクト・チームを複数扱うプロジェクト全体(プログラム)のマネジメントとは、根底に共通性はあっても、具体的な現れ方は大きく異なるという認識を筆者は持っています。本書は、「直接作る」プロジェクトという観点から書きました。
本書では、序章としてまず代表的なシステム開発におけるプロジェクト・フェーズを説明の前提として明確にし、各フェーズにおいてプロジェクトマネジメントの知識をどのように適用していくかというかたちで記述しました。従来、SE向けと言われるような内容も含まれてはいますが、もともと、実業務の中で簡単に切り分けられるものではないので、そのまま記述しています。
本書が少しでもプロジェクトマネジメントの実務の中でヒントとなって、現場で活かされ、「Win-Win」の実現に近づけば、筆者として嬉しい限りです。(「はじめに」より抜粋)


序章 プロジェクトマネジメントとは

第1章 プロジェクトの流れ
全体像を念頭に描きながらものごとに取り組む

立ち上げフェーズ(初期フェーズ1)
計画フェーズ(初期フェーズ2)
業務分析フェーズ
要求定義フェーズ
システム設計フェーズ
実装フェーズ
稼働開始準備、運用・保守フェーズ

第2章 立ち上げ
スタートを明確にし、目標や意義、置かれている状況を把握する

プロジェクト憲章
ステークホルダー
成果物
制約条件
前提条件
作業環境
契約(受注契約)

第3章 計画
「行動の設計」を行う

スコープ
WBS(ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー)
プロジェクト・スケジュール
コスト・ベースライン
RAM(責任分担マトリックス)
品質方針
リスク識別
コミュニケーション
作業範囲記述書(SOW)

第4章 実行
計画に基づいた行動をする

Win-Win
現場主義
不安感
会議・議事録
作業場所の集結
プロポーザル
品質保証
変更要求

第5章 コントロール
行動が妥当かを観察し、質を高める

定期的なプロジェクト・リスクの見直し
EVM
スケジュール・コントロール
コスト・コントロール
品質管理
スコープ検証
教訓

第6章 終結
プロジェクトの終わりを明確にする

完了手続き
契約完了

第7章 プロジェクトマネジメント・トレンド
おさえておくべきキーワード

PMBOK
PMP
CMM
PMMM
OPM3
PMO
プロジェクトマネジメント・ソフトウェア
MOT

付録

基本契約書
準委任契約書
システム開発請負契約書

コラム

モチベーション(動機づけ)理論の種類
開発会社の見きわめ方
初めて発注元の担当者に会うとき
本当の名刺を受け取る
「やらないこと」を明記する
スケジューリング
仕様変更とバグ
産能大式業務フロー図
家族もステークホルダー?
「成果物への期待」から「プロジェクトへの期待」へ
契約の取り交わしについて(「Win-Win」となる契約の例)
認識のギャップ
仕上げと進捗
目指せ!バグ・ゼロ、プログラムとドキュメントの非同期ゼロ、トラブル・ゼロ、仕様変更ゼロ、納期どおり、コスト内
「勘、経験、度胸」はダメなのか?
大規模なプロジェクトのマネージャ
迷いや不安があると、効率は7分の1に
深沢式会議法・議事録術
変更はどのようにして起こるか
プロジェクト・マネージャ兼務の是非
プログラムのテスト
検査と予防の違い
ドキュメントはいらない!?
自分のための教訓データベース
「バグ」という言葉
ネジは2本か?3本か?
さまざまなアプリケーションを試す

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。