企業ユーザーのためのVisio2003 評価・導入ガイド(SE編集部)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 企業ユーザーのためのVisio2003 評価・導入ガイド

企業ユーザーのためのVisio2003 評価・導入ガイド


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798105871
価格:
本体1,800円+税
仕様:
A4変・220ページ
分類:
パソコンソフト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務やプロセスを可視化してビジネスを強力に支援!

本書は、マイクロソフト社の人気グラフィックツール「Microsoft Office Visio2003」の<企業ユーザー向け>評価ガイドです。Visioの多様な適用分野を7つにカテゴライズし、シナリオとユーザー事例によってVisioの活用のノウハウをあますことなく紹介しています。7つにカテゴリーとは、テクニカルパブリッシング、BPM(ビジネスプロセスマネジメント)、シックスシグマによる品質改善、地図情報管理、FM(ファシリティマネジメント)、SFA(営業支援)、金融情報管理の各分野です。巻頭では、ハローキティや東急ハンズのプロジェクトなどでおなじみのプランナー久保田達也の特別インタビューを掲載。また今回のバージョンの特徴のひとつであるMicrosoft Office Systemとの連携や、VBAやSDKといった開発者向け情報も記載しています。付録CD-ROMには、Professional版の評価版を収録。本書の「簡単・やさしい操作ガイド」を参照して、実際に操作しながらVisioのポテンシャルを体感できます。

●本書付録CD-ROMについて

Microsoft Office Visio Professional 2003 評価版は、インストール日から30日間の使用期間限定です。Microsoft Office Visio Professional 2003のシステム要件は、下記のとおりです。

日本語版 オペレーティングシステム Microsoft Windows 2000 Service Pack 3以上 または Microsoft Windows XP以上 コンピュータ本体(PC/AT互換機のみ) Pentium 233Mhz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ(Pentium III以上を推奨) メモリ 128MB以上の実装メモリが必要 ハードディスク Visio Professionalのインストールには230MB以上の空き容量が必要 インストールファイルをローカルハードディスクに保存する場合には、追加で210MBの空き容量が必要。標準セットバックでは、ソフトウェアのインストールに必要なハードディスクの空き容量に加えて、インストールファイルに必要なハードディスクの空き容量の双方が必要 ※ ブートドライブ以外にインストールする場合も、ブートドライブに空き容量が必要 ディスプレイ SVGA(800×600)以上の高解像度ディスプレイ、256色以上の表示が必要 ディスク装置 CD-ROMドライブ

【巻頭OVER VIEW】

1 Visio 2003導入のススメ ―オフィス製品部・プロダクトマネージャ 西岡奈穂子氏に訊く 2 5分でわかるVisioのキホン 超入門!Visio 2003機能ガイド ―基本機能から2003新機能、エディションの比較まで 3 Visio 2003成熟度別導入ステップ

【特集1】
7つのカテゴリーで全部見せます!
シナリオと事例で理解するVisio 2003導入完全ガイド

PART 1 BPM ビジネスプロセスマネジメント 最新導入事例(1) 西松建設株式会社 最新導入事例(2) 株式会社フルキャストテクノロジー PART 2 SFA 営業支援システム 最新導入事例(3) ホテルグランヴィア京都 最新導入事例(4) アキレス株式会社 最新導入事例(5) 株式会社コマニー PART 3 Six Sigma シックスシグマによる品質改善 Key Person Interview 東芝シグマコンサルティング株式会社 PART 4 Map Based Planning 地図情報管理 Key Person Interview 長岡造形大学 澤田雅浩氏 PART 5 FM ファシリティマネジメント 最新導入事例(6) エーザイ株式会社 Key Person Interview 中津エフ.エム.コンサルティング 中津元次氏 PART 6 Financial 金融情報管理 最新導入事例(7) ミネルヴァ債権回収株式会社 PART 7 Technical Publishing テクニカルパブリッシング 最新導入事例(8) 三菱電機株式会社

【特集2】
Visio 2003+Microsoft Office System連携ソリューション

PART 1 Microsoft Office Systemのコンセプトと製品構成
PART 2 Microsoft Office SystemにおけるVisio 2003の位置づけと新機能
PART 3 XMLに完全対応したInfoPath 2003のインパクトとVisio 2003

【特集3】
Visio開発者向け機能徹底詳解

PART 1 Visioソリューションの開発とシェイプの作成
PART 2 Visio VBAプログラミング
PART 3 Visio 2003開発者向け新機能

【巻頭特別インタビュー】
“くぼたつ流”Visio 2003活用術
Visio 2003で実現する企画とツールのホットな関係
―久保田達也氏に訊く

評価版CD-ROMではじめるVisio 2003スタートアップガイド Visio情報源 Application Guide(アプリケーションカタログ) Traning News(トレーニングスクール情報) SITE Review(情報&コミュニティ&ダウンロードサイト集)
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2004年03月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 002
目次下から2行目
ミネルヴァ債権回収機構
ミネルヴァ債権回収株式会社
2004.03.29