DTPショートカットキー200 Mac/Win両対応(チーム・エムツー)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. DTPショートカットキー200 Mac/Win両対応

DTPショートカットキー200 Mac/Win両対応


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798109442
価格:
本体1,680円+税
仕様:
四六・216ページ
分類:
クリエイティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナ、DTPオペレータ、必携。

DTPとは、“Desk Top Publishing”の略です。DTPでのデータ作成、データ確認においてショートカットキーのみで作業すると作業のスピードが格段、上がります。プロの仕事を極めるには、“仕事が早い”は常識です。ショートカットキーを覚えて作業効率をアップしよう。

●対応バージョンと動作確認について

本書の動作確認は、以下のバージョンのソフトウェアで行っています。

Macintosh Mac OS X 10.4/Mac OS 9.2 Adobe Photoshop 5/6/7/CS/CS2 Adobe Illustrator 8/9/10/CS/CS2 Adobe InDesign 2/CS/CS2 QuarkXPress 3.3/4.1 Windows Windows XP Adobe Photoshop CS2 Adobe Illustrator CS2 Adobe InDesign CS2 QuarkXPress 4.1

Chapter01 Common

共通操作
ファイルを新規作成する
ファイルを開く
ファイルを閉じる
ファイルを保存する
ファイルを別名で保存する
ファイルの複製を保存する
用紙を設定する
プリントする
アプリケーションを終了する
コピーする
ペーストする
カットする
操作を取り消す
すべてを選択する
ズームインする
ズームアウトする
全体を表示する
実寸で表示する
定規を表示する/隠す
検索する
全角カタカナに一発で変換する
全角英数字に一発で変換する
半角英数字に一発で変換する
ひらがなモードと英字モードを切り替える
ダイアログボックスで入力欄を移動する
ダイアログボックスでの「OK」ボタン
ダイアログボックスでの「キャンセル」ボタン
「環境設定」ダイアログボックスを開く
アプリケーションを切り替える
アプリケーションを強制終了する

Chapter02 Photoshop

基本操作編
一時的に移動ツールに切り替える
ドラッグして画像を複製する
1ピクセルずつ画像を移動する
ツールボックスのサブツールをすばやく切り替える

表示編
画面を自由にスクロールする
画面を拡大/縮小表示する
ファイルの「寸法、チャンネル、解像度」をすばやく確認する
パレットの表示/非表示を切り替える
ガイドの方向を変更する

選択範囲編
選択範囲作成中に選択範囲の位置を調整する
選択範囲を解除する
選択範囲を中心から描く
選択範囲を追加する
選択範囲の一部を解除する
共通する範囲を選択する
選択範囲を読み込む
選択範囲を合成する
選択範囲内の画像を別レイヤーにする

パス操作編
曲線から直線のパスを描く
こぶ状の急な曲線を描く
ペンツールを一時的にパス選択ツールに切り替える
ペンツールを一時的にアンカーポイントの切り替えツールに切り替える

レイヤー、チャンネル操作編
任意の画像をすばやくアクティブレイヤーにする
レイヤーの階層の順番を変える
1つのレイヤーだけをすばやく表示する
画像を自由な形にゆがめる
画像を斜めにゆがめる
レイヤー画像に遠近効果を出す

カラー、描画、色調補正編
描画色と背景色を初期設定に戻す
描画色と背景色を切り替える
描画色/背景色で塗りつぶす
描画色の設定中に背景色を設定する
ブラシサイズを変更する
「トーンカーブ」ダイアログボックスを表示する
「レベル補正」ダイアログボックスを表示する
階調を反転する

文字操作編
フォントサイズを変更する
行送りを変更する
ベースラインを変更する
トラッキング値/カーニング値を変更する

用語集

Chapter03 Illustrator

基本操作編
一時的に選択ツールに切り替える
選択ツールとダイレクト選択ツールをすばやく切り替える
ドラッグしてオブジェクトを複製する
オブジェクトを同じ位置に複製する
変型を繰り返す
ツールボックスのサブツールをすばやく切り替える

表示編
画面を自由にスクロールする
画面を拡大/縮小表示する
パレットの表示/非表示を切り替える
画面表示モードを切り替える
ガイドの方向を変更する
情報表示バーで楽しむ!?

ペンツール操作編
曲線から直線のパスを描く
こぶ状の急な曲線を描く
描画中のアンカーポイントを移動する
ペンツールを一時的にアンカーポイントの切り替えツールに切り替える

オブジェクト操作編
「移動」ダイアログボックスを表示する
オブジェクトをロック/ロック解除する
オブジェクトを隠す/表示する
オブジェクトをグループ化/グループ解除する
オブジェクトを中心から描く
「角丸長方形ツール」を便利に使う
「多角形ツール」を便利に使う
「スターツール」を便利に使う
マスクを作成/解除する
複合パスを作成/解除する
オブジェクトを自由な形にゆがめる
オブジェクトを斜めにゆがめる
オブジェクトに遠近効果を出す

文字操作編
「文字ツール」の縦/横をすばやく変える
フォントサイズを変更する
行送りを変更する
ベースラインを変更する
トラッキング値/カーニング値を変更する
テキストをアウトライン化する

レイヤー操作編
新規レイヤーを最上部に作成する
任意のレイヤーのオブジェクトをすべて選択する
複数のレイヤーを選択する
レイヤー機能を使って誤った操作を防ぐ
レイヤー機能を使って表示を切り替える

用語集

Chapter04 InDesign

基本操作編
データをPDFで書き出す
画像や原稿データをすばやく流し込む
流し込むテキストの初期状態を設定する
新規ページを追加する
重なったオブジェクトを簡単に選択する

表示編
見開き全体を表示させる
透明オブジェクトをきちんと表示する
拡大/縮小を自由に変更する
キー操作だけで見開きを移動する
パレットの表示/非表示を切り替える

文字組版編
段落の文字揃えを整える
トラッキング値/カーニング値を変更する
ベースラインを変更する
フォントサイズを変更する
段落境界線を引く
ルビを効率的に付ける
注意書きを簡単に作成する
縦組み文章中の欧文を簡単に回転させる
タブの位置を数値で指定する
文字をアウトライン化する
ページ番号を入力する
オーバーフローしてテキストを編集する
段落スタイルを保存し直す
文字組みをアキを設定する

画像編
画像をフレームサイズに合わせる
エッジを検出する

レイアウト編
オブジェクトを普段の10倍移動させる
フレームの大きさと同時に画像サイズも変更する
リンクパレットを表示する
隠れているオブジェクトを前面に表示させる
すばやく選択ツールに切り替える
プレビューモードに切り替える
ガイドを見開き全体に作成する
ガイドをロックする
表を挿入する
キー操作で選択を解除する
制御文字を表示/非表示にする
強制的に改行する
ページ上でマスターページ上に配置されたオブジェクトを選択する
OpenTypeフォントを利用する

用語集

Chapter05 QuarkXPress

基本操作編
新規ライブラリを作成する
テキストや画像を取り込む
ツールを連続で使用する
アイテムを削除する

表示編
画面をスクロールする
画面を拡大/縮小表示する
実寸表示と200%表示をすばやく切り替える
ペーストボードを含めて全体表示する
画面表示を任意のパーセント表示にする
ガイドを表示/消去する
ベースライングリッドを表示/消去する
特殊キャラクタを表示/消去する

テンプレート作成編
自動ページ番号を設定する
アイテムのロック/解除を設定する
ガイドへの吸着/吸着解除を設定する
アイテムをグループ化する
アイテムを複製する
アイテムの設定をする
フレームを設定する
回り込みを設定する
カラーをすばやく編集する
スタイルをすばやく編集する

文字設定編
文字設定をすばやく設定する
段落書式をすばやく設定する
段落罫線をすばやく設定する
段落書式を一発でコピーする
タブを設定する
フォントを変更する
文字を変型する(長体/平体)
トラッキング値/カーニング値を変更する
ベースラインを変更する
フォントサイズを変更する
行送りを変更する
「縦組み中の文字回転」ダイアログボックスを表示する
インデントの設定をする

画像編
画像ボックスに画像サイズを合わせる
画像ボックスの中央に画像を配置する
画像サイズを変更する
画像ボックスの大きさと画像サイズを同時に変更する

レイアウト編
複数のアイテムを一発でレイアウトする
背面にあるアイテムを選択する
アイテムを前面/背面へ送る
ウィンドウの切り替えや整列をすばやく行う
ページを指定して移動する
画面を前へ/後ろへスクロールする
最初のページ/最後のページへスクロールする
編集ツールをアイテムツールにすばやく切り替える
スタイルの解除と適用を一発で行う
最初のテキストを検索する
画像やフォントの使用状況をすばやく確認する

用語集

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。