組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め(コーディング編)(独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め(コーディング編)

組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め(コーディング編)


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798109503
価格:
本体300円+税
仕様:
A5・48ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
組込みソフトウェア開発者のためのSEC BOOKS、登場!

ソフトウェア品質向上のためのコーディングを解説した本書は、組込みソフトウェア開発の現場で課題になっているテーマについて、独立行政法人情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリング・センターがまとめたもので、各テーマにアプローチするための知識を簡単に得ることができます。


1 はじめに

背景と問題提起、ソフトウェア品質の重要性

2 ソフトウェア品質とは

ソフトウェアバグと品質
ソフトウェア品質特性モデル
ソフトウェア品質低下の原因
組込みソフトウェア特有の品質

3 ソフトウェア品質向上の考え方

設計品質の向上
ソースコード品質の向上
V&Vによる品質向上
ソフトウェア品質関連の規格と利用方法

4 ソースコード品質向上のための技術

ソースコードの標準化
ソースコードの再利用
ソースコードの定量評価とコードレビュー

5 コーディング作法

コーディング作法/規約とは
利用可能なコーディング作法/規約
コーディング作法/規約の上手な利用方法
SEC版コーディング作法の概要
付録 SEC版コーディング作法の例

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。