「儲ける仕組み」は社長が作る(伊藤 由起子 石原 明)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 「儲ける仕組み」は社長が作る

「儲ける仕組み」は社長が作る


監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798109886
定価:
本体1,480円+税
仕様:
四六・208ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの中小企業をIT化によってカイゼンしてきた筆者が提案する
「会社を良くするITシステム」の作り方

今、ご自分の会社のシステムについて具体的にイメージできないとしても、そのコツさえつかめば、自分たちの仕事のどの部分をIT化すべきか、必ずわかるようになります。
本書には、そんなコツをつかんでいただくために、随所に質問を盛り込んであります。決して難しく考え込む必要はありませんので、楽しみながら答えてみてください。


第1章 勘だのみ経営からの脱却

利益を出さないシステムはただの「金食い虫」です
ITは金の卵を産むガチョウ!?
「会社のIT化する」とはそもそもどういうことか
情報の「蓄積」が会社の未来につながる
『多次元の経営分析』は経営者の頼もしい味方になる
コラム 中小企業とはワクワクできる企業

第2章 お金がかかるIT・お金の儲かるIT

「お金のかかるIT」と「お金の儲かるIT」
「仕組み」が変わるから会社も変わる!
「システム化」と「IT化」は全く別のものです!
仕事や組織は仕組みを見直すと「合理化」できる
システム化は「ゼロからの発想」で
IT化とは企業の改善にほかならない
コラム 経営者にITの専門知識は必要?
「お金がかかるIT」が生まれる理由
「お金の儲かるIT」を作るコツ

第3章 IT化成功のカギは経営者の手中にあり

「欠陥システム」はなぜ生まれてしまうのでしょう
IT化は果たして「技術分野」の仕事でしょうか
「IT化」において経営者がするべきこと
IT化を成功させる4つのポイント
経営者の思いがシステムの青写真
目的のない投資はただのギャンブルです
「やりたいこと」の優先順位にこだわりましょう
コラム 私の考えを初めて理解してくれた社長
経営者の姿勢が問われるのはIT導入後

第4章 良いシステム会社の選び方・つきあい方

良いパートナーを見分ける3つのポイント
SEやコンサルタントはシステム作りの「棟梁」
コラム ITスペシャリストやプロフェッショナルが育たない環境
IT化を成功させるパートナーシップの築き方
コラム 何のための「完璧なシステム」!?

第5章 会社の発展を加速するITシステムの作り方

まずは「省力化」を実現しましょう
ITシステムが自分たちの手でも作れる!?
次のステップは「属人性」の解消です
あなたの会社の「IT投資計画」を立てましょう
コラム 売上高に応じたシステム投資額の目安
私たちのさらなる挑戦

特別付録 経営コンサルタントから見たゼストという会社

ゼスト・伊藤社長との出会い
ゼストは世間から理解されにくい存在だった
今明かされる!?ゼストの全貌
経営における「多次元データ分析」のメリット
ITシステムを活かした経営の今後

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。