標準Webデザイン講座 FLASH8(松村 慎 原 一浩)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 標準Webデザイン講座 FLASH8

標準Webデザイン講座 FLASH8



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798110714
定価:
本体2,600円+税
仕様:
B5変・328ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10日間で修行する!Flashサイトの設計と制作

アルファ機能をはじめ、ビットマップデータおよびビデオ素材への柔軟な対応、外部メディアとの連携など、今や最強のオーサリングツールとして革新的な進化を遂げた「Flash 8」。本書は10日間で、各種インタラクティブ・コンテンツを制作するのに必要なグラフィックワークやアニメーション、ビデオ、Action Scriptなどを解説しつつ、それらを応用して実際にひとつのFlashサイトを作り上げていきます。なお、専用のサイトからサンプルをダウンロードすれば、体験しながら着実に自分のペースで学べます。
(Windows & Macintosh 対応)


1st Day:ドローイング機能とシンボル

Period-01 矩形ツールで四角形を描く
Period-02 グラデーションの設定
Period-03 ボタンを作成する
Period-04 ムービークリップを作る

2nd Day:アニメーション

Period-01 モーショントゥイーン
Period-02 フィルタ機能を使う
Period-03 レイヤー機能を活用する
Period-04 マスクを作成する

3rd Day:テキスト

Period-01 静止テキストを使う
Period-02 ダイナミックテキスト
Period-03 外部テキストファイルを読み込む
Period-04 テキスト内容を切り替える

4th Day:ActionScriptの基礎

Period-01 透明ボタンの作成
Period-02 複数テキストの同時更新
Period-03 外部JPEGの読み込み
Period-04 透明ボタンの応用

5th Day:サウンド

Period-01 画像・音楽素材の管理
Period-02 Soundオブジェクトを使う
Period-03 attachMovieの活用
Period-04 ボタンにサウンドを埋め込む

6th Day:ビデオの埋め込み

Period-01 映像を加工する
Period-02 ビデオを配置する枠組みの作成
Period-03 映像をFlashに取り込む
Period-04 ビデオ再生のインタラクション

7th Day:ActionScriptの活用

Period-01 文字入力フィールドの作成
Period-02 値の入出力とテキストの足し算
Period-03 ダイナミックテキストの応用
Period-04 表現力を向上させる処理

8th Day:ActionScriptの応用

Period-01 ドラッグ&ドロップ
Period-02 衝突による当たり判定
Period-03 フラグを立てる
Period-04 数式を使った表現手法

9th Day:仕上げとスクロール処理

Period-01 各種リンクの設定
Period-02 テキストのスクロール
Period-03 ムービーのスクロール
Period-04 メニューによるスクロール

10th Day:Webで公開する

Period-01 SWF/HTMLファイルの生成
Period-02 フォルダ構成の設定
Period-03 外部SWFファイルの読み込み
Period-04 プリローダー

Appendix:付録

Appendix-01 ブレンドモード
Appendix-02 ビットマップキャッシュ
Appendix-03 テキストのレンダリング
Appendix-04 Flash Liteのプレビュー

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。