ダメなものは、タメになる ~テレビやゲームは頭を良くしている~(山形 浩生 守岡 桜 Steven Johnson 乙部 一郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ダメなものは、タメになる ~テレビやゲームは頭を良くしている~

ダメなものは、タメになる ~テレビやゲームは頭を良くしている~

翻訳
翻訳

監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798111636
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
A5・256ページ
分類:
一般書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビやゲームばかりやってるとバカになる???
通俗的な見解を科学的に払拭!アンチ「ゲーム脳」!!

ゲームやドラマは複数の人物の複数の視点やエピソードを追い、関係性を把握しておかないと理解やプレイができなくなってきている。著者はこうした複雑化の傾向をスリーパー曲線と呼び、IQスコアや認知力を上げるデータを根拠に、人々は「賢くなっている」ことを示す。
昨今、テレビやゲームがさまざまな社会問題の元凶のように語られる風潮の中で、よりバランスのとれた健全な議論が行なわれるために、一石を投じる一冊。


はじめに スリーパー曲線

第I部

第1章 ゲーム
第2章 テレビ
第3章 インターネット
第4章 映画

第II部

あとがき
さらに読み進めるためのガイド

謝辞

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。