組込みスキル標準ETSS概説書(独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 組込みスキル標準ETSS概説書

組込みスキル標準ETSS概説書


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798111919
価格:
本体762円+税
仕様:
A5・88ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開発力強化に向けた人材の育成・活用のための指針

家電製品、携帯電話、自動車など私たちの日常で広く使われている製品は、その中に組み込まれたソフトウェアによって機能が実現されています。組込みソフトウェアは、いまや国際競争力を維持し、情報社会を支える重要なキー技術となっています。組込みスキル標準(ETSS)は、組込みソフトウェアの開発力強化のために、人材育成や人材の有効な活用の指針とするべく策定されたものです。ETSSは、スキル基準、キャリア基準、教育研修基準という3つの要素で構成され、2005年度版ではスキル基準以外はまだドラフト版として紹介していました。2006年版は、キャリヤ基準、教育カリキュラムフレームワークの内容をバージョン1.0として、内容を拡充して登場します。


はじめに

Part 1 組込みシステム開発の課題と取組み

1.1 組込みシステム開発を取り巻く状況
1.2 組込みシステム開発における課題
1.3 人材に関する課題に対する取組み

Part 2 ETSSとは

2.1 ETSSの全体像
2.2 スキル基準
2.3 キャリア基準
2.4 教育研修基準

Part 3 組込みスキル標準(ETSS)の活用

3.1 組込みスキル標準(ETSS)活用イメージ
3.2 組込みスキル基準分析サンプル
3.3 教育カリキュラムデザイン

付録 組込みスキル標準(ETSS)に関してよくある質問

用語集

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。