ITエンジニアのための【会計知識】がわかる本(落合和雄)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ITエンジニアのための【会計知識】がわかる本

ITエンジニアのための【会計知識】がわかる本


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798112886
価格:
本体1,900円+税
仕様:
A5・216ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会計知識は強みになる!
会計が苦手な方でも財務諸表と、会計の基本的なしくみが無理なくわかります

本書は、会計が苦手な方に、財務諸表と、会計の基本的な仕組みを理解していただくための本です。会計を知ることで会社の経営に関する理解を深め、情報システムと経営の接点を把握することができます。
財務諸表の意味を知りたいとき、業務知識への第一歩として会計知識を身につけたいとき、経営に活かせる会計システムを顧客に提案したいとき、中小企業に会計パッケージ・ERPパッケージを提案・導入指導するときなどに役立ちます。


第1章 会計の基本

1-1 会計の目的と種類
1-1-1 会計の目的
1-1-2 会計の種類
1-2 財務諸表
1-2-1 貸借対照表
1-2-2 損益計算書
1-2-3 キャッシュ・フロー計算書
1-3 会計の基本的な約束事
1-3-1 会計公準
1-3-2 会計原則
1-3-3 発生主義会計と現金主義会計
1-3-4 法律と財務諸表

第2章 会計帳簿の作成

2-1 会計帳簿の基本的な仕組み
2-1-1 資産状況の変化と会計帳簿
2-1-2 損益の変化と会計帳簿
2-2 会計処理と業務処理の接点
2-2-1 会計処理は業務処理の結果である
2-2-2 会計帳簿と会計処理
2-2-3 売上の計上と売上原価
2-2-4 固定資産と減価償却
Column 税効果会計
2-2-5 費用・収益の繰延・見越し
Column 繰延資産
2-2-6 貸倒損失と貸倒引当金
Column 引当金
2-3 連結会計
2-3-1 連結会計はなぜ必要か
2-3-2 連結の対象
2-3-3 連結会計の仕組み
2-3-4 持分法適用による会計処理
2-3-5 連結財務諸表の作成

第3章 経営と会計

3-1 マネジメントサイクル
3-1-1 経営管理の基本とマネジメントサイクル
3-1-2 マネジメントサイクルと会計
3-2 予算の編成と管理
3-2-1 予算の意義
3-2-2 予算管理の機能
3-2-3 予算の種類と体系
3-2-4 予算編成の方式と手順
3-2-5 予算編成の方法
3-2-6 予算管理

第4章 財務分析

4-1 財務分析の基本
4-2 財務分析の種類
4-2-1 収益性分析
4-2-2 生産性分析
4-2-3 成長性分析
4-2-4 安全性分析

第5章 ERPと会計システム

5-1 会計システムの構成
5-1-1 会計システムの基本構成
5-1-2 ERP会計システム
5-2 ERPパッケージを利用した会計システム改革
5-2-1 財務会計改革のポイント
5-2-2 管理会計改革のポイント
5-2-3 連結決算改革のポイント

第6章 各種業務と会計

6-1 販売業務と会計
6-1-1 販売業務の基本的な流れ
6-1-2 受注処理と会計システム
6-1-3 出荷処理と会計システム
6-1-4 手形の処理
6-1-5 請求処理と会計システム
6-1-6 返品・売上値引・売上割引・売上割戻しの処理
6-2 購買業務と会計
6-2-1 購買業務の基本的な流れ
6-2-2 発注処理と会計システム
6-2-3 仕入処理と会計システム
6-2-4 支払処理と会計システム
6-2-5 返品・仕入値引・仕入割引の処理
6-3 生産業務と会計
6-3-1 生産業務の基本的な流れ
6-3-2 原価計算の基本的な仕組み
6-3-3 直接費と間接費
6-3-4 仕掛品の評価
6-3-5 個別原価計算の手順
6-3-6 総合原価計算の手順
6-3-7 原価計算と会計処理
6-3-8 製造原価報告書
6-3-9 標準原価計算
6-4 経費の支払業務と会計
6-4-1 出張旅費精算
6-4-2 給与支払
6-4-3 カード支払い

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2008年01月18日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 008
上から2、3行目
資産の部である貸方と、 負債の部と純資産の部の合計である借方は必ず一致
資産の部である借方と、 負債の部と純資産の部の合計である貸方は必ず一致
2008.01.15
1刷 008
9行目
なお、借方の「資産」という言葉と、借方の「純資産」という言葉は
なお、借方の「資産」という言葉と、貸方の「純資産」という言葉は
2008.01.18