CMSとして使うMovable Typeガイドブック(荒木勇次郎 黒野明子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. CMSとして使うMovable Typeガイドブック

CMSとして使うMovable Typeガイドブック



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798113173
価格:
本体2,800円+税
仕様:
B5・320ページ
分類:
Web制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスとクリエイティビティを煩雑な更新作業から解放しよう

最新のMovable Type4.1に完全対応した丁寧な解説と、実用的なサンプルサイト制作を通じて、Movable Typeを単なる日記ツールとしてではなく、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)として活用するためのノウハウをぎっしりとつめこみました。Movable Typeを使って効率よくコンテンツを管理することで、多機能なWebサイトを構築できます。また、話題のオープンソース版であるMTOSと、本書内で作成しているサンプルサイトのテンプレートセットを同梱していますので、今日からすぐにビジネス用Webサイトを制作することができます。
(CD-ROM for Windows & Macintosh)


CHAPTER 01 Movable Typeの基本的な操作

01-01 Movable Typeのインターフェース
 01 ブログの管理画面と各種コンテンツの管理
 02 ブログ全般の設定を行う
 03 システムの管理画面について
 04 システムメニューのツールの概要
01-02 ブログ記事を投稿・編集する
 01 ブログ記事を投稿する
 02 ブログ記事に画像を挿入する
 03 ブログ記事にカテゴリを設定する
 04 ウェブページを作成する
 05 フォルダを編集する

CHAPTER 02 Movable Typeのテンプレートとテンプレートタグ

02-01 テンプレートの仕組み
 01 テンプレートセット
02-02 テンプレートの種類と役割
 01 インデックステンプレートの種類と働き
 02 インデックステンプレートを作成する
 03 アーカイブテンプレートの種類と働き
 04 アーカイブマッピングとは
 05 ブログ記事とウェブページのアーカイブマッピング
 06 パスについて
 07 アーカイブテンプレートを作成する
 08 テンプレートモジュール
 09 システムテンプレート
 10 ウィジェット
02-03 テンプレートタグの種類と役割
 01 テンプレートタグの基礎
 02 ファンクションタグ
 03 ブロックタグ
 04 モディファイアによる出力結果のカスタマイズ
 05 サブテンプレートのサンプル
02-04 カスタムフィールド
 01 カスタムフィールドの作成

CHAPTER 03 CMSとしてのMovable Type

03-01 変数を利用したカスタマイズ
 01 SetVarタグによる変数の設定
 02 GetVarタグなどによる変数の取得
 03 SetVarタグとGetVarタグの記述順序
 04 テンプレートタグを変数に代入する値として扱えるタグとモディファイア
 05 モディファイアの値に変数を利用する
 06 配列とハッシュ
 07 繰り返し処理
03-02 コンディショナル・ブロックタグを利用した条件文の作成
 01 システムデータを利用した条件文
 02 ユーザ変数を利用した条件文の作成
 03 Elselfタグでさらに複雑な条件を制御する
 04 tagモディファイアで変数名にファンクションタグを利用する
 05 Ifタグ、Elselfタグ、Elseタグ、Unlessタグを組み合わせた制御
 06 予約変数と変数の演算
03-03 テンプレートをモジュール化する
 01 テンプレートモジュールの基本
 02 Includeタグを利用したテンプレート管理
 03 テンプレートごとに読み込む内容を変化させる
 04 Includeタグで変数を引き継ぐ
 05 IncludeBlockタグで変数を引き継ぐ(1)
 06 IncludeBlockタグで変数を引き継ぐ(2)

CHAPTER 04 フォトギャラリーを作る

04-01 シンプルかつ一覧性の高いフォトギャラリー
 01 ブログの作成と公開の設定
 02 ブログ記事の投稿
 03 使わないテンプレートを削除する
 04 メインページインデックステンプレートのカスタマイズ
 05 ブログ記事テンプレートのカスタマイズ
04-02 検索性の高いフォトギャラリー
 01 メインページインデックステンプレートのカスタマイズ
 02 検索結果システムテンプレートのカスタマイズ
 03 ブログ記事アーカイブテンプレートのカスタマイズ

CHAPTER 05 ECサイトを作る

05-01 カテゴリとサブカテゴリで商品を分類するECサイト
 01 ブログの作成と公開の設定
 02 カテゴリの作成とブログ記事の投稿
 03 メインページインデックステンプレートのカスタマイズ
 04 ブログ記事リストアーカイブテンプレートのカスタマイズ
 05 ブログ記事アーカイブテンプレートのカスタマイズ
 06 検索結果システムテンプレートのカスタマイズ
05-02 商品ごとにデザインも変化させる多彩なECサイト
 01 ブログ記事に一括してエントリータグを付与する
 02 メインページインデックステンプレートのカスタマイズ
 03 ブログ記事テンプレートとテンプレートモジュール

CHAPTER 06 コーポレートサイトを作る

06-01 検索エンジンに情報をしっかりと伝え、ユーザビリティも意識したコーポレートサイト
 01 表示要素を決めておく
 02 ブログの作成と公開の設定
 03 カテゴリとフォルダの作成、ブログ記事の投稿
 04 メインページインデックステンプレートのカスタマイズ
 05 ブログ記事リストアーカイブテンプレートのカスタマイズ
 06 ブログ記事アーカイブテンプレートのカスタマイズ
 07 ウェブページアーカイブテンプレートのカスタマイズ
06-02 サイト内検索や宣伝バナーを利用できる運用性の高いコーポレートサイト
 01 テンプレートモジュールとウィジェット
 02 検索結果システムテンプレートのカスタマイズ
 03 アーカイブインデックステンプレートのカスタマイズ

テンプレートタグリファレンス

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2008年08月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 049
「01 テンプレートセット」の最初の段落
2刷
 「テンプレートセット」とは、ブログやウェブサイトを運営する際に利用するテンプレートのセット(固まり)を指します。Movable Type4.1で新しく追加されたテンプレートセット機能を利用すれば、インストール時や新規ブログ作成時、あるいは運用中に、テンプレートセットを別のテンプレートセットに簡単に切り替えることができます(切り替え方法については6ページを参照)。  Movable Type 4.1では、デフォルトで、 ・既定のブログ ・ウェブサイト という、2種類のテンプレートセットが用意されています。
   「テンプレートセット」とは、ブログやウェブサイトを運営する際に利用するテンプレートのセット(集合)を指します。Movable Type 4.1で新しく追加されたテンプレートセット機能を利用すれば、インストール時や新規ブログ作成時、あるいは運用中に、テンプレートセットを別のテンプレートセットに簡単に切り替えることができます(切り替え方法については8ページを参照)。    Movable Type 4.1では、デフォルトで、 ・既定のブログ ・汎用ウェブサイト という、2種類のテンプレートセットが用意されています。

「汎用ウェブサイト」はMTOSには含まれてません。
2008.04.03
1刷 084
「02 ファンクションタグ」の1つめのリスト
2刷
<$ファンクション名$>
<$ファンクションタグ名$>
2008.04.16
1刷 086
1行目
2刷
</ブロックタグ名>
<ブロックタグ名>    サブテンプレートまたはテキスト </ブロックタグ名>
2008.04.03
1刷 092
1つめのリストの2~3行目
2刷
<h3 class="widget-header"><$MTArchiveTypeLabel$> <a href="<$MTLinktemplate="archive_index"$>">アーカイブ</a></h3>
<h3 class="widget-header">月別 <a href="http://user-domain/[年]/[月]/">アーカイブ</a></h3>
2008.04.16
1刷 093
一番下のリスト
2刷
<h3 class="widget-header"><$MTArchiveTypeLabel$> <a href="<$MTLinktemplate="archive_index"$>">アーカイブ</a></h3>
<h3 class="widget-header">月別 <a href="http://user-domain/[年]/[月]/">アーカイブ</a></h3>
2008.04.16
1刷 094
2つめのリストの2~3行目
2刷
<h3 class="widget-header"><a href="<$mt:BlogURL$>archives.html">アーカイブ</a></h3>
<h3 class="widget-header"><a href="http://user-domain/archives.html">アーカイブ</a></h3>
2008.04.16
1刷 095
2つめのリストの2~3行目
2刷
<h3 class="widget-header"><a href="<$mt:BlogURL$>archives.html">アーカイブ</a></h3>
<h3 class="widget-header"><a href="http://user-domain/archives.html">アーカイブ</a></h3>
2008.04.16
1刷 098
「タグクラウド」のリスト1行目
2刷
<mt:IfNonZero name="TagCount">
<mt:IfNonZero tag="TagCount">
2008.04.03
1刷 101
1つのリストの2行目
2刷
<h3 class="widget-header"><$MTDate format="%B %Y"$></h3>
<h3 class="widget-header">[カレンダーの年月]</h3>

Dateタグは、出力するカレンダーの年月を表示します。
2008.04.16
1刷 102
2つめのリストの2行目
2刷
<h3 class="widget-header"><$MTDate format="%B %Y"$></h3>
<h3 class="widget-header">[カレンダーの年月]</h3>
2008.04.16
1刷 111
1つめのリスト下7~8行目
2刷
期待しない結果となってしまいます(ただし再構築自体は正常に終了します)。
期待しない結果となってしまいます(何も出力されません)。ただし再構築自体は正常に終了します

未定義の変数の内容は、空の文字列("")と同じです。
2008.04.16
1刷 116
サンプル4
<mt:setvarblock name="entrytitle"> ブログ記事タイトル:<$MTEntryTitle$> </mt:setvarblock>
<mt:setvartemplate name="entrytitle"> ブログ記事タイトル:<$MTEntryTitle$> </mt:setvartemplate>
2008.08.29
1刷 121
MEMOの下から4行目
2刷
変数として解釈されず何も処理されないので注意して下さい。
変数名自体がそのまま評価されてしまうので注意して下さい。
2008.04.16
1刷 124
本文2行目
2刷
同じ変数名で変数の値(要素)にアクセスできるという、
変数名とインデックスで値(要素)にアクセスできるという、
2008.04.16
1刷 126
1つめの表の「機能」欄の1~2行目
2刷
配列の一番最後に要素を追加して値を設定する 配列の一番最初に要素を追加して値を設定する
配列の一番最後に要素を追加する 配列の一番最初に要素を追加する
2008.04.16
1刷 127
下から10行目
2刷
同じ変数名で変数の値にアクセスできるという、
変数名とキーで値にアクセスできるという、
2008.04.16
1刷 130
ハッシュの入れ子についての記述
2刷
「次のように記述すれば、ハッシュの入れ子を行うこともできます。」とその下のリスト部分
上記を削除

設定した値を取得する機能がないことが確認されたため、削除します。
2008.04.16
1刷 131
1つめのリスト
2刷
for (my $i = 1; $i < 10; $i++ ) {
for (my $i = 1; $i <= 10; $i++ ) {
2008.04.16
1刷 132
本文20行目
2刷
$の意味は03-01-03参照
$の意味は03-01-05参照
2008.04.03
1刷 133
「サンプル2」の本文1行目
2刷
サンプル1の出力部分をLoopタグに置き換えたサンプルを示します。
Loopタグで配列変数の値を出力するサンプルを示します。
2008.04.03
1刷 133
サンプル2
2刷
出力結果はサンプル1と同じなので省略します。
上記を削除
2008.04.25
1刷 134
「サンプル3」の本文1行目と下から2行目
2刷
1行目:サンプル1の出力部分をLoopタグに置き換えたサンプルを示します。 下から2行目:配列変数week
1行目:Loopタグでハッシュ変数の値を出力するサンプルを示します。 下から2行目:ハッシュ変数week
2008.04.03
1刷 134
本文下から2行目
2刷
配列変数week
ハッシュ変数week
2008.04.03
1刷 136
1つめのリスト
2刷
</コンディショナル・ブロックタグ名>>
</コンディショナル・ブロックタグ名>
2008.04.16
1刷 139
1つめのリストとその下の本文
2刷
------------------ MTEntryMore ------------------ と記述します。
------------------ EntryMore ------------------ と記述します。接頭辞の「MT」はなくても構いません。

tagモディファイアに設定するテンプレートタグ名には、接頭辞の「MT」や「mt:」をつけても構いません。
2008.04.03
1刷 142
「サンプル1」に対する補足
2刷
   
   

解説やサンプルリストでは、便宜上「1であるか」「1以外であるか」などと記していますが、厳密には、ifタグにnameモディファイアしかない場合の判定は、変数の値が「0」または「空の文字列("")」以外であれば、trueとなります。
2008.04.16
1刷 148
「実用的なサンプル1」の1つめのリスト
2刷
<?php echo('<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>'); ?>
<?php echo('<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>" ?>'); ?>
2008.04.07
1刷 149
「実用的なサンプル2」のリスト
2刷
<mt:setvarblock name="entryid"><$MTEntryID$></MTSetVarBlock> <mt:setvarblock name="entrycategory"><$MTEntryCategory$></MTSetVarBlock> <dt> 同一カテゴリーに含まれるブログ記事一覧</dt> <dd> <ul> <MTEntries category="$entrycategory"> <MTSetVarBlock name="currententryid"><$MTEntryID$></MTSetVarBlock> <mt:if name="currententryid" ne="$entryid"> <li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></li> </mt:if> </MTEntries> </ul> </dd>
<mt:setvarblock name="entryid"><$MTEntryID$></mt:setvarblock> <mt:setvarblock name="entrycategory"><$MTEntryCategory$></mt:setvarblock> <dt> 同一カテゴリーに含まれるブログ記事一覧</dt> <dd>    <ul>    <MTEntries category="$entrycategory">    <mt:setvarblock name="currententryid"><$MTEntryID$></mt:setvarblock>    <mt:if name="currententryid" ne="$entryid">       <li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></li>    </mt:if>    </MTEntries>    </ul> </dd>
2008.04.16
1刷 153
2つめのリスト
2刷
if ($name1 == 1) {
  if ($name2 == 1) {
    # 処理1
  } else {
    # 処理2
  }
} else {
  if ($name2 == 1) {
    # 処理3
  } else {
    # 処理4
  }
}
if ($name1) {
  if ($name2) {
    # 処理1
  } else {
    # 処理2
  }
} else {
  if ($name2) {
    # 処理3
  } else {
    # 処理4
  }
}
2008.04.07
1刷 155
2つめのリスト
2刷
unless ($name) {    # 処理 } else {    # 処理 }
unless ($name) {    # 処理1 } else {    # 処理2 }
2008.04.16
1刷 161
1~3つめのリスト
2刷
1つめのリスト:<mt:include module="テンプレートモジュール名"> 2つめのリスト:<mt:include module="広告"> 3つめのリスト:<MTInclude module="sample">
1つめのリスト:<$mt:include module="テンプレートモジュール名"$> 2つめのリスト:<$mt:include module="広告"$> 3つめのリスト:<$mt:include module="sample"$>
2008.04.07
1刷 163
リスト1行目
2刷
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>" ?>
2008.04.16
1刷 164
3つ目のリスト1行目
2刷
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>" ?>
2008.04.16
1刷 166
1つめと2つめのリスト
2刷
1つめのリスト:<title><$MTBlogName escape="html"$><title> 2つめのリスト:<title>ブログのタイトル<title>
1つめのリスト:<title><$mt:getvar name="title"$></title> 2つめのリスト:<title>ブログのタイトル</title>
2008.04.16
1刷 176
2つめのリスト上2行目とリスト下の1行目
2刷
リスト上:[ブログ記事]アーカイブテンプレートの再構築時は、赤色で示す部分を実行します。 リスト下:[カテゴリー]アーカイブテンプレートの再構築時は、赤色で示す部分を実行します。
リスト上:[ブログ記事]アーカイブテンプレートの再構築時は、強調表示した部分を実行します。 リスト下:[カテゴリー]アーカイブテンプレートの再構築時は、強調表示した部分を実行します。
2008.04.07
1刷 184
本文下から1行目
2刷
次の青色で示したIncludeタグを実行します。
次の強調表示したIncludeタグを実行します。
2008.04.07
1刷 185
1つめのリスト下本文1~2行目
2刷
…を呼び出すときに、赤色で示した変数font_weight・変数line_heightの値を引き継ぎます。
…を呼び出すときに、強調表示した行にある、変数font_weight・変数line_heightの値を引き継ぎます。
2008.04.07
1刷 187
本文下から8~9行目
2刷
次の青色で示した部分を実行し、赤色の部分がテンプレートモジュールに引き継ぐ変数名と値になります。
次の強調表示した部分を実行し、各モディファイアがテンプレートモジュールに引き継ぐ変数名と値になります。
2008.04.07
1刷 188
1つめのリスト下本文2行目
2刷
…再構築時には、、次の青色で示した部分を実行し、赤色の部分がテンプレートモジュールに引き継ぐ変数名と値になります。
…再構築時には、次の強調表示した部分を実行し、各モディファイアがテンプレートモジュールに引き継ぐ変数名と値になります。
2008.04.07
1刷 191
本文2行目
2刷
「フッター」→「サイドバー」→「」から~
「フッター」→「サイドバー」→「3カラムのサイドバー(メイン)」から~
2008.04.16
1刷 201
2つめの図版に対する説明追加
2刷
説明が抜けた状態です。
⑦[本文]タブに写真が入ったのが確認できると思います。[タイトル]欄に写真のタイトルを記入しましょう⑧。
2008.04.16
1刷 205
手順4、右側の段落の2~4行目
[テンプレートの種類]は[カスタムインデックステンプレート]、出力ファイル名は「import.html」と入力し、
[テンプレートの種類]は[スタイルシート(styles)]、出力ファイル名は「import.css」と入力し、
2008.04.24
1刷 206
⑧最後の行
2刷
チェックをつけて削除してしまいます。
チェックをつけて削除してしまいます
2008.04.25
1刷 238
傍注、下から4行目
2刷
解説009の部分で
解説の部分で
2008.04.16
1刷 254
傍注の2行目
2刷
…追加したのは<ui id="dale">から</ul>
…追加したのは<h2>から</ul>
2008.04.16
1刷 270
①最後の行
2刷
[ウェブページ]を選択します。
[ウェブページ]を選択します
2008.04.25
1刷 271
図の中の赤丸の番号
2刷
2008.04.16
1刷 271
③2行目と3行目
2刷
2行目・・・指定します。 3行目・・・クリックしますると、
2行目・・・指定します。 3行目・・・クリックすると、
2008.04.25
1刷 304
「ブログ関連」機能の「MTBlogURL」の「意味・用途」欄の説明
2刷
ブログのタイムゾーン(ブログ設定の「全般」→「タイムゾーン」)
ブログのURL
2008.04.16
1刷 314
「MTIncludeBlock」「MTLoop」「MTSetHashVar」の3つの「種別」欄
2刷
空欄になっています。
3つとも「B」が入ります。
2008.04.16
1刷 53
スニペット
2刷
(テンプレートの内容の左側にあるセレクトボックス)
(テンプレートの内容の左にあるセレクトボックス)
2008.04.25
1刷 68
同じアーカイブ種別を作成する時の注意事項 最後の行
2刷
変更します。
変更します(変更方法は72ページ参照)
2008.04.25
1刷 85
03|ブロックタグに対する補足
2刷
     

本書の2章・3章では、制御系テンプレートタグを「mt:小文字」、それ以外のタグをMovable Type 3のフォーマットに準じて統一していますが、デフォルトテンプレートを用いたサンプルはその限りではありません。また、ファンクションタグはXMLの「空要素タグ」を用いた、<ファンクションタグ名/>という記述も可能です。4章以降のサンプルでは、ファンクションタグを空要素タグで記述しています。
2008.04.25