ベテランが丁寧に教えてくれるハードウェアの知識と実務(矢沢久雄)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. ベテランが丁寧に教えてくれるハードウェアの知識と実務

ベテランが丁寧に教えてくれるハードウェアの知識と実務


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798113487
価格:
本体2,200円+税
仕様:
A5・332ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロとして恥ずかしくない知識、現場で本当に必要な実務を学ぶ本

本書は、ITエンジニアであれば最低限知っておきたいハードウェアの基礎知識を解説する「知識編」と実際の現場の実務内容とその勘どころを解説した「実務編」で構成しています。
ITエンジニアとしても「ベテラン」の著者が丁寧にやさしく解説しますので、エンジニアとして必要なハードウェアの基礎知識と実務内容を体系的に勉強したい新人の方はもちろん、プロとして恥ずかしくない知識や実務経験を持っているか不安を感じている中堅エンジニアの方にもお勧めします。


【知識編】

1章 電気と電源に関する基礎知識

1 電気の基本用語と基本法則
1.1 電気の正体
1.2 電流
1.3 導体と不導体
1.4 電圧
1.5 オームの法則
1.6 電力
1.7 電力量
2 覚えておくべき電子部品の種類と役割
2.1 抵抗
2.2 コンデンサ
2.3 ダイオード
2.4 トランジスタ
2.5 IC
2.6 静電気
2.7 回路図
3 パソコンの電源の仕組み
3.1 直流と交流
3.2 実効値
3.3 周波数
3.4 パソコンの電源装置
3.5 パソコンが使用する直流電圧の種類
3.6 ブレーカー
3.7 パソコンの消費電力

2章 2進数と論理演算

1 コンピュータが2進数を使う理由
1.1 10進数と2進数
1.2 電気で数値を表す
1.3 情報量を表す単位
1.4 16進数と8進数
1.5 論理演算
1.6 論理演算とコンピュータの仕組み
2 基本ゲート回路
2.1 基本ゲート回路とMIL記号
2.2 基本ゲートIC
2.3 XOR、NAND、NOR
2.4 ド・モルガンの法則
3 加算器とフリップフロップ
3.1 半加算器
3.2 全加算器
3.3 複数桁の加算とオーバーフロー
3.4 フリップフロップを使った記憶
3.5 コンデンサを使った記憶

3章 CPU、メモリ、I/O

1 コンピュータの五大装置
1.1 コンピュータの五大装置の役割
1.2 パソコンにおける五大装置
1.3 ハードウェアとソフトウェアの知識をつなげる
1.4 コンピュータ本体の構成要素
2 CPU
2.1 レジスタ
2.2 パソコンCPUの歴史
2.3 CPUの動作周波数
2.4 CPUの種類を確認する
2.5 CPIとMIPS
2.6 CPUの演算速度の実験
2.7 パイプライン処理
3 メモリ
3.1 メモリの種類
3.2 RAMとROM
3.3 RAM
3.4 アクセス速度を速くする工夫
3.5 ROM
3.6 メモリの使い分け
3.7 メモリの内部構造
3.8 CPUとメモリの接続
4 I/O
4.1 I/Oの内部構造
4.2 CPUとI/Oの接続
4.3 複数のI/Oの識別
4.4 パラレルI/OとシリアルI/O
4.5 チップセットと拡張スロット
4.6 周辺装置を識別する3つの番号

4章 バスとインターフェイス

1 パソコンの標準パス
1.1 バス
1.2 内部バスと外部バス
1.3 外部バスの規格
1.4 PCカード
2 パソコンの標準インターフェイス
2.1 インターフェイス
2.2 インターフェイスの規格
2.3 VGA
2.4 DVI
2.5 PS/2
2.6 USB
2.7 IDE(ATA/ATAPI)
2.8 Serial ATA
2.9 SCSI
2.10 セントロニクス
2.11 RS-232C
2.12 Ethernet
3 その他のインターフェイス
3.1 IrDA
3.2 Bluetooth
3.3 IEEE1394

5章 周辺装置

1 キーボード
1.1 文字コードとキーコード
1.2 キーボードの内部構造
1.3 パソコンと通信する仕組み
2 マウス
2.1 マウスの内部構造
2.2 フォトセンサによって回転を検出する仕組み
3 ディスプレイ
3.1 CRTディスプレイと液晶ディスプレイ
3.2 リフレッシュレート
3.3 アナログディスプレイとデジタルディスプレイ
3.4 VRAM
3.5 ディスプレイのサイズと画素数
4 ディスク装置
4.1 フロッピーディスク
4.2 ハードディスク
4.3 光ディスク

6章 BIOSとOS

1 ソフトウェアの種類
1.1 ハードウェアとソフトウェア
1.2 OSとアプリケーション
1.3 BIOS
2 BIOS
2.1 BIOSの役割
2.2 システムコール
2.3 BIOSセットアップ
2.4 パソコンが起動するまで
3 OS
3.1 OSの概要
3.2 リソース管理
3.3 プロセス管理
3.4 メモリ管理
3.5 I/Oの制御
3.6 ファイル管理

7章 アセンブリ言語

1 プログラミング言語の分類
1.1 低水準言語
1.2 高水準言語
1.3 マシン語への変換~インタプリタとコンパイラ
1.4 ハードウェアやOSに依存しないプログラム
2 高水準言語をアセンブリ言語に変換する
2.1 Visual C++ 6.0の使い方
2.2 C言語の言語構文
2.3 アセンブリ言語の言語構文
2.4 アセンブリ言語の命令の種類
3 プログラムが動作する仕組み
3.1 「プログラムが動作する」とは?
3.2 デバッガの使い方
3.3 ステップ実行でレジスタの役割を知る

【実務編】

8章 ハードウェアの選定

1 クライアント/サーバーシステム
2 クライアントマシンの選定
2.1 選定のための基礎知識
2.2 実際の選定の流れ
3 サーバーマシンの選定
3.1 サーバーマシンの特徴
3.2 サーバー用OSのシステム要件
3.3 サーバーマシンのスペックと価格
3.4 サーバーマシン選定のポイント

9章 ハードウェアの設定を行うプログラム

1 コントロールパネル
1.1 コントロールパネルを使ってできること
1.2 ディスプレイの設定
1.3 キーボードの設定
1.4 マウスの設定
2 管理ツール
2.1 管理ツールを使ってできること
2.2 パフォーマンス
2.3 コンピュータの管理
3 タスクマネージャ
3.1 タスクマネージャを使ってできること
3.2 メモリの使用状況を確認する
3.3 アプリケーションが使用するメモリのサイズを確認する
3.4 システムキャッシュのサイズを確認する

10章 ハードウェアのトラブルシューティング

1 パソコン本体のトラブルシューティング
1.1 パソコンが起動しない
1.2 Windowsが起動しない
1.3 使用中にフリーズする
2 周辺装置のトラブルシューティング
2.1 ディスクから異音がする
2.2 ディスプレイに何も写らない
2.3 ディスプレイが適切に表示されない
2.4 ディスクが読み書きできない
2.5 キーボードから入力できない
2.6 マウスが動かない
2.7 日付と時刻が合わない
3 トラブルシューティングの心得

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。