エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め(独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め

エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798114064
価格:
本体800円+税
仕様:
A5・40ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開発プロジェクトを測定・定量化することによりソフトウェア品質改善と生産性向上をめざす

エンピリカルソフトウェア工学とは、実証的なソフトウェア工学ともいわれ、ソフトウェア開発プロジェクトを測定、定量化し、それを分析しフィードバックすることにより、プロジェクトの状態を把握して生産性向上と品質の改善を実現しようというものである。エンピリカルソフトウェア工学の実現には、ソフトウェア開発プロジェクトを測定・定量化・分析するためのツールが重要な位置を占める。
本書は、エンピリカルソフトウェア工学の手法とその主要なツールであるEPMについて解説し、ソフトウェア開発関係者に対して、ソフトウェアエンジニアリングへの理解を求めるものである。ソフトウェアの品質向上が大きなテーマとなっている現在、開発者にとって明日への指針となる一冊。


1 はじめに
2 エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの導入
3 まずは実態を明らかに
4 負担をかけずにエンピリカルデータを収集し分析
5 データ収集のポイント
6 EPMツールのしくみ
7 データの分析例
8 プロジェクトマネジメントを支援
9 プロセス改善に向けて
10 EASEプロジェクト
11 IPAの取組み

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。