エッセンシャルWF:Windows Workflow Foundation(新丈 径 新丈 径 Dharma Shukla Bob Schmidt)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. エッセンシャルWF:Windows Workflow Foundation

エッセンシャルWF:Windows Workflow Foundation

翻訳
原著


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798114255
定価:
5,280(本体4,800円+税10%)
仕様:
B5変・450ページ
分類:
プログラミング・開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラダイムの変革WFの動作と仕組み

Windows Workflow Foundation(WF)は、外部のエンティティからの刺激に反応して動作するリアクティブなプログラム作成の汎用プログラミングフレームワークです。実行中に入力を待機し、期間の長短にかかわらず、その動作を一時的に中断するのがリアクティブなプログラムの大きな特徴です。
もちろん、リアクティブなプログラムは取り立てて新しいものではありません。コンピュータでネットワークが形成されるようになって以降、何が便利だったかといえば、あるマシンで動作しているプログラムが別のマシンで動作しているプログラムと通信をすることでした。データ交換は、1台のコンピュータ上で動作している複数のプログラムに対しても適用されます。プログラム間通信のために、ソケットからWebサービスに至る、さまざまなテクノロジーが使われてきました。このように、相互運用性やスケーラビリティ、あるいは学習コストの低いプログラミングモデルなどは大きく前進したものの、リアクティブなプログラムを組み合わせる方法についてはほとんど関心が払われてこなかったのが実情です。これまでの、広く使われているプログラミングモデルでは、開発者はさまざまな操作の中から適切な制御フローを使うにあたって吟味し選択しなければなりません。
WFはこれに変化を起こそうとしているのです。
「序章」より抜粋


第1章 WF逍遥

スレッドアジリティとプロセスアジリティ
ブックマーク
再開可能なプログラムステートメント
アクティビティの複合
プログラムステートメントのライフサイクル
制御フロー
複合プログラムステートメント
制御フローの堅牢性
現実世界の制御フロー
宣言的なプログラム
まとめ

第2章 WFプログラム詳解

WFプログラミングモデル
WFランタイム
まとめ

第3章 アクティビティの実行

スケジューリング
アクティビティオートマン
ブックマークについてもう一度
アクティビティの初期化と終了処理
複合アクティビティの実行
WFスレッド
まとめ

第4章 より深く:アクティビティの実行

アクティビティの実行コンテキスト
取り消し処理
失敗の処理
補正
まとめ

第5章 アプリケーション

WFランタイム
WFプログラムのインスタンス
WFプログラムのインスタンスの作成
WFプログラムのインスタンスの実行
WFプログラムのインスタンスのパッシブ化
WFプログラムのインスタンスの中断
WFプログラムのインスタンスの強制終了
WFプログラムのインスタンスの中止
WFプログラムのインスタンスの実行完了
WFプログラムのインスタンスのライフサイクル
まとめ

第6章 トランザクション

TransactionScopeActivity
永続化ポイント
トランザクションサービス
トランザクションを使用したデータの配送
まとめ

第7章 高度なWFプログラムの開発

依存関係プロパティ
XAMLを使用したアクティビティ型の定義
アクティビティコンポーネントモデル
検証
コンパイル
デザイナのシリアル化
まとめ

第8章 触れておくべきその他のことがら

条件とルール
実行中のWFプログラムのインスタンスの動的な変更
追跡
デザイナ
デザイナのホスト
まとめ

付録 A アクティビティオートマン

付録 B 制御フローパターン

ピック
グラフ
ナビゲータ
ステートマシン
コントローラ
まとめ

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。