はじめての上流工程をやり抜くための本 システム化企画から要件定義、基本設計まで(三輪一郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. はじめての上流工程をやり抜くための本 システム化企画から要件定義、基本設計まで

はじめての上流工程をやり抜くための本 システム化企画から要件定義、基本設計まで


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798114378
価格:
本体2,280円+税
仕様:
A5・278ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITスキルだけでは乗り切れない上流工程を「やり抜く」ためのノウハウを満載

システム化企画や要件定義、基本設計といったいわゆる上流工程は、実装のスキルが高いだけでは務まりません。エンジニアリング的に正しい結論を導き出すことはもちろん、その結論に至るように「議論をリードし」「関係者の合意を得て」「周囲の人間を巻き込んでプロジェクトをドライブする」スキルなどが求められます。加えて、業務とIT(コンピュータ)を含むシステム全体を見通せる視点の高さも必要です。求められるスキルの多い上流工程を「はじめてやり抜く」には、いったいどのような心構えで望めばよいのか、どのような準備が必要なのか、どのようなスキルアップの方法があるのか―その答えが、本書にあります。


第1章 上流工程とは

情報システムとは
  システムとは~業務の仕組み
  情報とは~意思決定を促すもの(≠データ)
  情報システムとは~情報を活用する業務の仕組み
  情報システムとIT~不可能なビジネスを可能にする
BPRと情報システム化
ITの知識が力の源
  創業100年なら「コンピュータなし」が歴史の半分以上
  ITがあってこその提案を
  業務改革を仕掛ける~新ビジネスモデルが実現する事業の価値
  現場の何が変わるのか
上流工程の位置づけ
  V字型アプローチモデル

第2章 新業務を描け~システム化の方向性検討と計画立案

ご挨拶、その前に
  挨拶した瞬間に見切られるようではダメ
事前準備と挨拶時の勘所
  「業務動向」を押さえる
  「組織」を押さえる
  「人」を押さえる
  「システム」を押さえる
  「技術動向」を押さえる
設計事務所の建築士としてお客様と接する
  Whyを聞く
  Whatを聞く
  Howを考える
見積り~「ご予算はいくら?」は愚問
  将来の夢や希望を聞く
  最低限できればよいことを知る
  複数の案で予算の上限と下限を探る
インタビュー
  要望のインタビューに白いノートは役立たない
  仮説検証型でアプローチせよ
  解のイメージを持ち込め
  知恵を借りる準備~「事前に考え抜く」ことで助言が得られる
  プロとしてお勧め案を示せ~目指せ3割打者、ダメもとで提案せよ
現場を知れ~仮説検証型情報収集
  現状調査~本人だってすべてはわからない
  想いをぶつけろ~イメージの具体化
  発見の連続~見たら放っておけない!
  現場調査は仮説の検証
  問題を挙げよ
  問題と課題
  アンケートをとるな!
  問題認識
  解決不能、解決不要もある
  プロとしての「問題」=解が示せるもの
新業務の全体像を描け
  何がどう変わるのか
  既存事務の機械化は20世紀に終わった
  新しい発想は持ち込めたか
  業務が変わる~誰が何をすること?
  ITが変わる~ITの活用方法と範囲は?
アーキテクチャをデザインせよ
  基盤系アーキテクトの守備範囲
  非機能要件
  アーキテクトとしての工夫
投資の効果をはじき出せ
  効果の見積り~投資&回収とは、何がどうなること?
  NPVの適用
  機能別・ロジック別に取捨選択せよ
  やってみなけりゃ・・・?ライバルは電通!博報堂!
  コストの見積り
課題を挙げよ
  課題=目標に至るためになすべきこと
  梃子(てこ)をかけるのはどこか
  計画に展開せよ
  Goサインを得よ
  RFPを作成せよ~関係者全員の合意が決裁者の背中を押す

第3章 ITを位置づけろ~要件定義&基本設計

要件定義~業務を示せ
  誰が、いつするのかに着目せよ
基本設計~「いきなりユースケース」はNG?
  業務の手順を明確化せよ
  操作が回り、業務が回る
  レビュー~保証する期待のすべてを図面化せよ
  おわりに~上流工程を目指す方へ

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年03月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 075
15行目
9刷
もう1の側面である
もう1の側面である
2019.03.06
1刷 076
18~19行目
9刷
「ご予算はおいくらでしょうか」とねる
「ご予算はおいくらでしょうか」とねる
2019.03.06
1刷 084
6~7行目
9刷
大山:だから相談に来てもらったんだがね。 ハジメ:はぁ・・・・・・。
大山事業部長:だから相談に来てもらったんだがね。 ハジメ:はぁ・・・・・・。
2019.03.06
1刷 086
下から2行目
9刷
我々のヒントになるは
我々のヒントになる
2019.03.06
1刷 087
7行目
9刷
大き差が
大き差が
2019.03.06
1刷 088
本文4行目
9刷
理解しおく
理解しおく
2019.03.06
1刷 089
会話 下から2行目
9刷
大山:そうだね。じゃあ今日は、短時間で切り上げることになるね。
大山事業部長:そうだね。じゃあ今日は、短時間で切り上げることになるね。
2019.03.06
1刷 099
ページ下部のコラム 7行目
9刷
必ず最低はほめていただけます。
必ず最低はほめていただけます。
2019.03.06
1刷 121
2行目
9刷
最もわりやすく、
最もわりやすく、
2019.03.06
1刷 191
下から2行目
9刷
場合の効果の大さを
場合の効果の大さを
2019.03.06
1刷 233
下から11行目
5刷
「情報システムへの投資を運用開始の一定期間後に必ず実施する」
「情報システムへの投資評価を運用開始の一定期間後に必ず実施する」
2013.06.07