静止画・動画・音声の取り扱いとDSPへの適応(仮) 組込みメディアプロセッシング 基礎講座(宇野俊夫 有限会社ハラパン・メディアテック 有限会社ハラパン・メディアテック 宇野みれ David J. Katz Rick Gentile)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 静止画・動画・音声の取り扱いとDSPへの適応(仮) 組込みメディアプロセッシング 基礎講座

静止画・動画・音声の取り扱いとDSPへの適応(仮) 組込みメディアプロセッシング 基礎講座

監修

監修



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798114934
価格:
本体3,800円+税
仕様:
B5変・376ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSP活用のための徹底解説!!

音声や画像を扱う各種電子機器は、日々高機能高性能化を遂げています。本書は、それらの進歩に不可欠なデバイスである「DSP(Digital Signal Processor)」のハードウェア的側面を中心に技術上の基本知識から電源管理などの関連技術、ソフトウェアのサンプルなどを網羅的に解説。新製品開発に携わる多くの組込みエンジニアに好適な基礎技術書としてお薦めできる一冊です。著者はDSPの世界的大手企業アナログデバイセズ社の専門エンジニア。主な対象読者は組込みエンジニア(特にカーナビ、AV機器、モバイル機器などの開発に携わる技術者)。


第1章 組込みメディアプロセッシング

なぜ本書をお読みですか?
組込みマルチメディアシステムはなぜ騒がれるのか?
メディア処理システムの概要
EMPアプリケーションの基礎づくり
まとめ

第2章 メモリシステム

はじめに
メモリ空間
キャッシュの概要
外部メモリ
まとめ

第3章 ダイレクトメモリアクセス(DMA)

はじめに
DMAコントローラの詳細
DMAコントローラのプログラミング
DMAの分類
DMAの先進機能
次に学ぶこと

第4章 システムリソースのパーティショニングとコードの最適化

はじめに
イベントの生成と処理
プログラム手法
効率的プログラミングのためのアーキテクチャ機能
効率的プログラミングのためのコンパイラ考察
システムとコアの同期
メモリアーキテクチャ:管理の必要性
データ移動の物理学
まとめ

第5章 組込みオーディオ処理の基礎

はじめに
オーディオソースとシンク
ダイナミックレンジと精度
オーディオ処理メソッド
まとめ

第6章 組込みビデオ処理とイメージ処理の基礎

はじめに
テレビ放送:NTSCとPAL
色空間
デジタルビデオ
ビデオのシステムビュー
組込みビデオ処理の考察
サンプルビデオアプリケーション
圧縮伸張
まとめ

第7章 メディア処理フレームワーク

はじめに
フレームワークを定義する
非対称型および対称型デュアルプロセッサ
プログラミングモデル
フレームワークの構築戦略
メディアフレームワークのその他の話題
まとめ

第8章 組込みシステムのパワーマネージメント

はじめに
プロセッサから見るパワー
電圧調整
ステップダウンレギュレータのコンポーネントの選択
システムパワーの計算
バッテリの基礎
外部デバイスの相対的な電力

第9章 組込みメディア処理のアプリケーション例

はじめに
自動車ドライバ補助
ベースラインJPEG圧縮の概要
MPEG-2エンコーディング
オープンソースアルゴリズムを使用したコード最適化の研究

付録 参考文献と資料集

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。