VectorWorksパーフェクトバイブル(Aiprah)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. VectorWorksパーフェクトバイブル

VectorWorksパーフェクトバイブル


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798115023
価格:
本体3,800円+税
仕様:
B5変・400ページ
分類:
電気・建築
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実務で使える2D・3Dテクニックを完全マスター

本書は初級・中級・管理者の3段階にレベルを分けて解説しており、作図から印刷まで2D製図やファイル操作を一通り習得した後、座標系、3D製図やレイアウトについて詳細に解説します。最終的にはカスタマイズや設計コラボレーションを行なった効率化を目的とする管理者レベルまでステップアップを目指しており、まさにLTユーザーにとって必携の書、登場です!


【付属DVD-ROM】
VectorWorks DX+RenderWorks 12.5デモ版動作環境必須必要システム構成

■  Windows版 必要システム構成
OS・・・・・・Windows2000、XP 
機種・・・・・・Intel Pentium3以上のプロセッサを搭載するIBM PC/AT互換機(Intel Pentium4以上を推奨)
メモリ・・・・・・1GB以上の実装メモリ
モニタ・・・・・・1,024×764以上(1,280×1,024以上を推奨)
ハードディスク空き容量・・・・・・800MB以上(基本ドライブに同空き容量が必要)
■  Mac版 必要システム構成
OS・・・・・・MacOS 10.3.9、10.4.1~10.4.8
機種・・・・・・PowerPC G4以上、またはIntelプロセッサを搭載するMac(IntelMacを推奨)
メモリ・・・・・・1GB以上の実装メモリ
モニタ・・・・・・1,024×764以上(1,280×1,024以上を推奨)
ハードディスク空き容量・・・・・・800MB以上(基本ドライブに同空き容量が必要)


CHAPTER 01 インテリアデザインとVectorWorks

SECTION 01 インテリアデザインのワークフローとVectorWorksの活用範囲
1-1 VectorWorksの特徴
1-2 プランニングにおけるVectorWorksの活用
1-3 プレゼンテーションにおけるVectorWorksの活用
1-4 実施・監理におけるVectorWorksの活用
SECTION 02 VectorWorksシリーズの機能紹介
2-1 VectorWorks11.5とVectorWorks12.5の比較
2-2 VectorWorks12以降の新機能
2-3 RenderWorks12.5について
2-4 VectorWorks DX(拡張ツール)について
2-5 A&A VectorWorks機能拡張シリーズについて

CHAPTER 02 VectorWorksの基本

SECTION 01 インストールと環境設定
1-1 VectorWorksのインストール
1-2 VectorWorksの起動と終了
1-3 VectorWorks 12.5Jのインターフェース
1-4 環境設定
SECTION 02 2D基礎
2-1 各パレットの紹介
2-2 画面の操作
2-3 作図の基本
2-4 基本パレットのツールを使用した作図
2-5 コマンドメニューを使用した作図
2-6 グリーティングカードの作成
SECTION 03 3D基礎
3-1 3Dモデルのタイプ
3-2 視点の操作
3-3 モデルの加工と編集
3-4 レンダリング
3-5 テクスチャの設定
3-6 光源の設定
3-7 実習:テーブルのモデリング
3-8 実習:ソファのモデリング

CHAPTER 03 実務で役立つ2Dテクニック

SECTION 01 作図の準備
1-1 テンプレートの作成
SECTION 02 家具の三面図
2-1 用紙の設定
2-2 グリッドの設定
2-3 補助線の作成
2-4 上面図の作成
2-5 寸法線の作成
2-6 引き出し線の作成
2-7 断面記号の作成
2-8 正面図と側面図の作成
2-9 詳細図の作成
SECTION 03 平面図
3-1 通芯の作成
3-2 基準線の作成
3-3 寸法線の作成
3-4 柱の作成
3-5 壁の作成
3-6 建具シンボルの作成
3-7 床の作成
3-8 家具の配置
3-9 床のハッチング
3-10 図形選択マクロ
SECTION 04 天井伏図
4-1 画面登録
4-2 レイヤの作成
4-3 梁や庇の作成
4-4 照明器具シンボルの配置
4-5 ワークシートの作成

CHAPTER 04 実務で役立つ3Dテクニック

SECTION 01 ハイブリッドシンボル
1-1 ハイブリッドとは
1-2 チェアの作成
SECTION 02 カフェのモデリング
2-1 モデリングの準備
2-2 「躯体/建具」レイヤのモデリング
2-3 「造作壁」レイヤのモデリング
2-4 「什器」レイヤのモデリング
2-5 「敷地/床」レイヤのモデリング
2-6 「天井伏図」レイヤのモデリング
SECTION 03 レンダリング
3-1 テクスチャの設定
3-2 光源の設定
3-3 レイヤリンク
3-4 レンダリングのテクニック
SECTION 04 インテリアパーツの作成
4-1 視点の設定
4-2 レンダーカメラ
4-3 静止画の取り出し
4-4 ラジオシティレンダリング

CHAPTER 05 プレゼンテーション

SECTION 01 2D・3Dのブラッシュアップ
1-1 2Dショードローイング
1-2 3Dのブラッシュアップ
SECTION 02 プレゼンボードの作成
2-1 シートレイヤによるプレゼンボード
SECTION 03 アニメーションの作成
3-1 アニメーションの作成方法

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2008年09月08日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 009、366、375
Aipurahのホームページアドレス
2刷
http://www.aiprah.jp/vw_pb/
http://www.aiprah.co.jp/vw_pb/
2008.09.08
1刷 018
referenceの囲み内
2刷
PWG形式
DWG形式
2007.11.21
1刷 024
「プレゼンボード・アニメーション」5行目
2刷
ビューポートを作成することでき、
ビューポートを作成することでき、
2008.09.08
1刷 030
「主なメニューの移行先(RenderWorksを含む)」4行目
2刷
以下は主なメニューの移行先を図式化したものです。
以下は主なメニューの移行先を図式化したものです。
2008.09.08
1刷 085
手順8 説明文3行目
2刷
キュービックスプライン曲線オプション」をクリックします。
「ベジェスプライン曲線オプション」をクリックします。 また、モードバーを以下に差し替えます。
2008.09.08
1刷 134、143
「テクスチャの取り込み」手順2/「画像をテクスチャとして設定」
2刷
P134・・・1、2、7行目の「Texture」 P143・・・1行目の「Texture」
「Textures

P134「HINT」と「MAC」の間の囲み部内1行目も「Textures」になります。
2008.09.08
1刷 154
「線光源と面光源」手順1の2行目
2刷
「変換」→「線光源に変換に変換」を選択します。
「変換」→「線光源に変換」を選択します。
2008.09.08
1刷 292
「座面の作成」の図
2刷
以下の図に差し替えます。
2008.09.08
1刷 299
「左脚の作成」手順2の図
2刷
左側の図を以下に差し替えます。
2008.09.08
1刷 302
「2-1 モデリングの準備」手順1の図
2刷
以下の図に差し替えます。

図内「表示」の◆と◇位置が違っていました。
2008.09.08
1刷 340
「店内壁面装飾パネルの作成」手順1「データパレット-形状」の図
2刷
以下の図に差し替えます。

黒丸の位置が違っていました。
2008.09.08