シスコ技術者認定公式ガイド CCNP【ONT】編(試験番号:642-845J)(株式会社トップスタジオ 株式会社トップスタジオ シスコシステムズ合同会社 Amir S. Ranjbar)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. シスコ技術者認定公式ガイド CCNP【ONT】編(試験番号:642-845J)

シスコ技術者認定公式ガイド CCNP【ONT】編(試験番号:642-845J)

翻訳
原著
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798115191
定価:
6,600(本体6,000円+税10%)
仕様:
A5・512ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シスコ公式 大好評!!CCNP対策ガイド

キャリアアップを目指すネットワーク技術者から好評の『シスコ技術者認定公式ガイド』シリーズなら、CCNP 資格に必要な4 試験対応書籍がすべて揃います。
「シスコ技術者認定プログラム」とは、企業向けネットワーク機器を取り扱う世界のトップブランド「シスコシステムズ社」が実施する、ネットワークエンジニアに必要な知識とスキルを証明する資格制度です。レベルによって4 段階に分けられた資格体系のうち、CCNP はプロフェッショナルレベルの認定資格になり、「BSCI」「ISCW」「BCMSN」「ONT」の4 試験に合格することで認定されます。実務経験豊富な著者による原書をシスコシステムズ社が監修する『シスコ技術者認定公式ガイド』シリーズでは、CCNP認定に必要な4 試験すべての試験対策書を刊行します。どのタイトルも試験のトピックごとの解説や練習問題による内容の濃い構成に加え、「自己診断テスト」で自分がどれだけ内容を理解しているかあらかじめ確認できるため、効率の良い勉強ができるようになっています。


序文
はじめに
■目標と方法
■本書が想定している読者
■試験の概要
■受験手続き
■CCNPの再認定
■受験勉強の戦略
■本書の構成
■ONT試験のトピック
■疑問がある場合は

Part 1 VoIP

第1章 シスコのVoIP実装
第1章 自己診断テスト
■VoIPネットワークの概要
 パケットテレフォニーネットワークの利点
 パケットテレフォニーのコンポーネント
 アナログインターフェイス
 デジタルインターフェイス
 通話呼の段階
 分散型コール制御と集中型コール制御
■音声のデジタル化とパケット化
 基本的な音声符号化:アナログからデジタルへの変換
 基本的な音声符号化:デジタルからアナログへの変換
 ナイキストの定理
 量子化
 圧縮の帯域幅要件と音声信号の品質
 デジタル信号プロセッサ
■音声パケットのカプセル化
 音声のエンドツーエンドの配送
 音声のカプセル化で使われるプロトコル
 ヘッダーのオーバーヘッドを減らす
■帯域幅の計算
 音声サンプルとパケットサイズが帯域幅に及ぼす影響
 データリンクオーバーヘッド
 セキュリティオーバーヘッドとトンネリングオーバーヘッド
 VoIPコールの総帯域幅の計算
 VADが帯域幅に及ぼす影響
■エンタープライズネットワークへのVoIPサポートの実装
 エンタープライズ向けの音声実装
 Ciscoルータの音声ゲートウェイ機能
 Cisco Unified CallManagerの機能
 エンタープライズIPテレフォニー配置モデル
 IOSの設定における音声コマンドの識別
 コールアドミッションコントロール(CAC)
■まとめ
練習問題
解答と解説

Part 2 QoS

第2章 IP QoS
第2章 自己診断テスト
■QoSの概要
 統合型ネットワークにおけるQoS関連の問題
 QoSの定義と実装の3ステップ
■QoSモデルの特定と比較
 ベストエフォートモデル
 統合サービスモデル
 ディファレンシエーテッドサービスモデル
■QoSの実装方式
 レガシー型のコマンドラインインターフェイス(CLI)
 モジュラQoSコマンドラインインターフェイス(MQC)
 AutoQoS
 Router and Security Device Manager(SDM)QoS Wizard
■まとめ
練習問題
解答と解説

第3章 分類、マーキング、NBAR
第3章 自己診断テスト
■分類とマーキング
 レイヤ2 QoS:802.1Q/p イーサネットフレームのCoS
 レイヤ2 QoS:フレームリレーおよびATM(セル)のDEとCLP
 レイヤ2.5 QoS:MPLS EXPフィールド
■DiffServモデル、DSCP、ホップ単位の挙動(PHB)
 IPプレジデンスとDSCP
■QoSサービスクラス
■信頼境界
■NBAR(Network Based Application Recognition)
■NBAR設定のためのCisco IOSコマンド
■まとめ
練習問題
解答と解説

第4章 輻輳管理とキューイング
第4章 自己診断テスト
■輻輳管理とキューイングの概要
■先入れ先出し、プライオリティキューイング、ラウンドロビン、重み付けラウンドロビンキューイング
■重み付け均等化キューイング(WFQ)
 WFQの分類とスケジューリング
 WFQの挿入とドロップポリシー
 WFQの利点と欠点
 WFQの設定と監視
■クラスベース重み付け均等化キューイング(CBWFQ)
 分類、スケジューリング、帯域幅保証
 CBWFQの利点と欠点
 CBWFQの設定を監視
■低遅延キューイング(LLQ)
 LLQの利点
 LLQの設定と監視
■まとめ
練習問題
解答と解説

第5章 輻輳回避、ポリシング、シェーピング、リンク効率化メカニズム
第5章 自己診断テスト
■輻輳回避
 テールドロップとその制限
 ランダム早期検出(RED)
 重み付けランダム早期検出(WRED)
 クラスベース重み付けランダム早期検出(CBWRED)
 CBWREDの設定
■トラフィックのシェーピングとポリシング
 トラフィックレートの計測
 Cisco IOSのポリシングとシェーピングのメカニズム
■リンク効率化メカニズム
 レイヤ2ペイロード圧縮
 ヘッダー圧縮
 リンクフラグメンテーション/インターリーブ
 リンク効率化メカニズムの適用
■まとめ
練習問題
解答と解説

第6章 QoS事前分類の実装とエンドツーエンドQoSの導入
第6章 自己診断テスト
■QoS事前分類の実装
 バーチャルプライベートネットワーク(VPN)
 QoS事前分類の用途
 QoS事前分類導入オプション
■エンドツーエンドQoSの導入
 QoSサービスレベル契約(SLA)
 エンタープライズキャンパスへのQoSの実装
 WANエッジへのQoSの実装
 コントロールプレーンポリシング(CoPP)
■まとめ
練習問題
解答と解説

第7章 AutoQoSの実装
第7章 自己診断テスト
■AutoQoSの概要
■AutoQoSの実装と確認
 2ステップにわたるルータへのAutoQoS Enterpriseの導入
 IOSベースのCatalystスイッチへのAutoQoS VoIPの導入
 CiscoルータおよびIOSベースのCatalystスイッチでのAutoQoSの確認
■AutoQoSの問題点と解決策
 Cisco AutoQoSによる自動化
 よく発生するAutoQoSの問題
 AutoQoS設定の解釈と修正
■まとめ
練習問題
解答と解説

Part 3 無線LAN

第8章 無線LANでのQoSの実装
第8章 自己診断テスト
■無線LANでのQoSの必要性
 無線LANにおけるQoS
 スプリットMACアーキテクチャとLightweightアクセスポイント
■現行の無線LANにおけるQoSの実装
■無線LANでのQoS設定
■まとめ
練習問題
解答と解説

第9章 802.xの概要、Lightweightアクセスポイントの暗号化および認証の設定
第9章 自己診断テスト
■無線LANセキュリティの概要
 無線LANセキュリティの問題
 無線LANセキュリティソリューションの発展
■802.1xおよびEAP認証プロトコル
 EAP認証プロトコル
 WPA、802.11i、WPA2
■Lightweightアクセスポイントの暗号化および認証の設定
 オープン認証
 スタティックWEP認証
 WPA事前共有キー
 Web認証
 802.1x認証
■まとめ
練習問題
解答と解説

第10章 無線LAN管理
第10章 自己診断テスト
■無線LAN管理の必要性
 Cisco Unified Wireless Network
 シスコの無線LANの実装形態
 無線LANコンポーネント
■CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine
 WLSEソフトウェア機能
 WLSEの主な利点
 CiscoWorks WLSEとCiscoWorks WLSE Express
 簡易化されているWLSE Expressのセットアップ
 WLSE設定テンプレート
 WLSE IDS機能
 WLSEのまとめ
■Cisco Wireless Control System
 WCSロケーショントラッキングオプション
 WCSシステムの機能
 WCSのサマリページ
 Wireless Location Appliance
 WCSの設定例
 WCSマップ
 不正アクセスポイントの検出
■まとめ
練習問題
解答と解説

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2010年09月13日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 262
問題6~10選択肢
a. d. c. d.
a. b. c. d.
2010.08.31
1刷 416
解答のアルファベット
1・・・D  2・・・C  3・・・B  4・・・C 5・・・C  6・・・B  7・・・A  8・・・C 9・・・A  10・・・C  11・・・B  12・・・A  13・・・C
1・・・d  2・・・c  3・・・b  4・・・c 5・・・c  6・・・b  7・・・a  8・・・c 9・・・a  10・・・c  11・・・b  12・・・a  13・・・c 

小文字表記に訂正します。
2010.09.13