C#プログラマのためのドメイン駆動的用法 ドメイン駆動(株式会社ロングテール 長尾高弘 長尾高弘 尾島良司 Jimmy Nilsson)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. C#プログラマのためのドメイン駆動的用法 ドメイン駆動

C#プログラマのためのドメイン駆動的用法 ドメイン駆動



監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798116174
価格:
本体5,800円+税
仕様:
B5変・512ページ
分類:
開発管理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン&パターンへのドメイン駆動適用法解説

この本の最大のテーマは、ドメインモデルをクリーンに作りつつ、永続記憶とも仲良くする方法である。ドメインモデルようなもののための永続記憶はどのように構成されるかを示し、ドメインモデルとデータベースの間に橋をかける。
また、単にパターンの使い方を説明するだけでなく、たとえば、O/Rマッパーでパターンがどのように使えるかまで説明する。
この本の中心はパターン自体ではないが、この本ではすべての章でパターンをツールとして、設計のさまざまな側面を論じるための言語として利用していく。この方法には、パターンを知らない読者が、本を読むうちにパターンに興味を覚え、パターンとは何かということに関してイメージをつかんでいくだろう。
プラットフォームごとに読者を分類して言うなら、この本は、ドロップするまでドラッグするというような場当たり的なやり方ではなく、しっかりとした理論に支えられたアプローチを取りたいと思っている.NET世界の人々の役に立つだろう。また、DDDとO/Rマッピングの組み合わせ方についての議論やサンプルからは、Javaの世界の人々も学べるだろう。
(「序章」より抜粋)


第 I 部 背景

第1章 尊重すべき価値
全体的な価値
支持できるアーキテクチャスタイル
開発プロセスの素材として評価できるもの
継続的システムインテグレーション
コラム:システムインテグレーションの問題
運用のことを忘れてはならない
まとめ

第2章 パターン入門
パターンについて少し
デザインパターン
アーキテクチャパターン
アプリケーションタイプに固有なデザインパターン
ドメインパターン
まとめ

第3章 TDDとリファクタリング
テスト駆動開発(TDD)
モックとスタブ
コラム:典型的な単体テスト
リファクタリング
まとめ

第 II 部 DDDの応用

第4章 新しいデフォルトアーキテクチャ
新しいデフォルトアーキテクチャの基礎
最初のスケッチ
ドメインモデルにUIを結びつける最初の試み
さらに別の次元
まとめ

第5章 DDDの手法で前進する
TDDの単純な実験を通じたドメインモデルの改良
フルエントインターフェイス
まとめ

第6章 インフラのための準備
ライフスタイルとしてのPOCO
セーブのシナリオの処理
フェイクメカニズムの構築
コラム:データベーステスト
クエリー
まとめ

第7章 ルールを機能させる
ルールの分類
ルールとその使い方についての原則
APIを作り始める
永続化に関連する基本ルール APIの要件
ドメイン関連のルール
APIの拡張
実装の改良
永続記憶抽象とのバインディング
ジェネリックと匿名メソッド
他の人の方法
まとめ

第 III 部 PoEAAの応用

第8章 永続記憶のためのインフラ
永続記憶インフラの要件
どこにデータを格納するか
アプローチ
分類
もうひとつの分類:インフラのパターン
まとめ

第9章 NHibernateを導入する
まぜNHibernateなのか
NHibernateの簡単な紹介
永続記憶インフラの要件
分類
その他の分類:インフラパターン
NHibernateとHDD
まとめ

第 IV 部 次は何か

第10章 これからの設計テクニック
なにはなくともコンテキスト
コラム:SOA入門
コラム:制御反転と依存性注入
コラム:(AOP)
まとめ

第11章 UIにフォーカス
コラム:プレピローグ
コラム:モデルビューコントローラパターン
コラム:Webフォームの試運転
コラム:マッピングとラッピング
まとめ
エピローグ

第 V 部 付録

付録 A 他のドメインモデルスタイル
コラム:オブジェクト指向データモデル、スマートサービスレイヤ、ドキュメント
コラム:データベースモデルがドメインモデル
コラム:プラグマティズム反伝統的なアプローチ
まとめ

付録 B 論じたパターンのカタログ

参考文献

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。