組込みスキル標準 ETSS概説書[2008年版](独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 組込みスキル標準 ETSS概説書[2008年版]

組込みスキル標準 ETSS概説書[2008年版]


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798117355
価格:
本体1,905円+税
仕様:
B5変・160ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
組込みソフトウェアの開発力強化のための指針

家電製品、携帯電話、自動車など私たちの日常で広く使われている製品は、その中に組み込まれたソフトウェアによって機能が実現されています。組込みソフトウェアは、いまや国際競争力を維持し、情報社会を支える重要なキー技術となっています。組込みスキル標準(ETSS)は、組込みソフトウェアの開発力強化のために、人材育成や人材の有効な活用の指針とするべく策定されたものです。ETSSは、スキル基準、キャリア基準、教育研修基準という3つの要素で構成されています。2008年版は、この3つの要素をわかりやすく解説するとともに、独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センターと経済産業省がまとめた、「スキル基準」「キャリア基準」「教育研修基準」のドキュメントを付録としています。


はじめに

2008年度版の発行にあたって

Part 1 組込みシステム開発の課題と取組み

1.1 組込みシステム開発を取り巻く状況
  現代生活における組込みシステム
  組込みソフトウェアの重要性
  組込みシステム開発の特徴
  組込みシステム開発における近年の傾向
1.2 組込みシステム開発における課題
  ソフトウェア・エンジニアリングの重要性
  人材に関する課題
1.3 人材に関する課題への取組み
  組込みスキル標準策定のあゆみ
  組込みソフトウェア開発に関する技術スキルの体系化
  組込み開発に関する職種(キャリア)の提示
  組込みソフトウェア開発向けの人材育成プログラム

Part 2 ETSSとは

2.1 ETSSの全体像
  ETSSの概要
2.2 スキル基準
  スキル基準のフレームワーク
  スキル基準の3つのカテゴリ
  技術要素スキルカテゴリ
  開発技術スキルカテゴリ
  管理技術スキルカテゴリ
  スキルの粒度
  スキル項目・カテゴリの追加
  スキルのレベル定義
  スキルの測定
2.3 キャリア基準
  ETSSキャリア基準の概要
  職種の責任
  キャリアレベルの定義
  キャリアパスの考え方
  技術以外のスキルについて
  スキル分布特性
  職種に関する補足説明
  キャリア基準を使った職種の定義
2.4 教育研修基準
  教育研修基準とは
  教育プログラムフレームワーク
  キャリア基準と連携させた教育プログラム
  科目について
  科目の教育レベル
  未経験者向け教育プログラム

Part 3 組込みスキル標準(ETSS)の活用

3.1 組込みスキル標準(ETSS)活用イメージ
  マネージャ/プロジェクトリーダにおける活用イメージ
  経営者における活用イメージ
  個人における活用イメージ
3.2 組込みスキル基準分析サンプル
  スキル基準分析サンプルについて
  携帯電話機開発のスキル分析サンプル
  DVDレコーダ開発のスキル分析サンプル
3.3 教育プログラムデザイン
  教育プログラムデザインガイドブックとは
  教育プログラムデザインの工程(図 3.9)
  教育プログラムデザインガイドブックの使い方

付録 1 スキル基準(Version 1.2)

I 概要
  1. スキル基準の概要
  2. スキル基準の必要性
  3. スキル基準で期待される効果
  4. スキル基準では解決されない問題
II スキルフレームワーク
  1. 概要
  2. スキルカテゴリの説明
  3. スキルレベルの説明
III スキル基準
  1. 組込みソフトウェア開発に関するスキルカテゴリ
  2. スキル基準の記述範囲
  3. 継続的な見直し
Appendix:他の分野へのスキルフレームワーク展開
  1. 組込み製品開発の特徴
  2. ハードウェア開発への適用
  3. 汎用コンピュータ用ソフトウェア開発への適用
スキル基準改定履歴

付録 2 キャリア基準(Version 1.1)

I 概要
  1. キャリア基準の概要
  2. キャリア基準の必要性
  3. キャリア基準の期待される効果
II キャリアフレームワーク
  1. 概要
  2. 職種/専門分野とスキルの対応
  3. 職種と責任の対応
III キャリア基準
  1. 職種/専門分野とキャリアレベル
  2. 職種と責任の対応
  3. 職種の説明
Appendix:ドメインスペシャリストの定義例
  1. RTOSスペシャリスト
  2. 画像処理スペシャリスト
  3. プリンタスペシャリスト
キャリア基準改定履歴

付録 3 教育研修基準(Version 1.1)

I 概要
  1. 教育研修基準の概要
  2. 教育研修基準の必要性
  3. 教育研修基準の期待される効果
II 教育プログラムフレームワーク
  1. 概要
  2. 構成要素
  3. ドキュメントフォーマット
III 組込みシステム開発未経験者向け教育プログラム
  1. 利用上の留意点
  2. 教育プログラム
Appendix 1:改訂概要
  1. 教育カリキュラム(Draft)版から教育研修基準(Version 1.0)への改訂
  2. 教育研修基準 Version 1.0からVersion 1.1への改訂
Appendix 2:ITスキル標準研修ロードマップとの相関

用語解説

  1. スキル、技術、キャリア
  2. 教育プログラム

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。