MCP教科書 Windows Server 2008 Application編(試験番号:70-643)(NRIラーニングネットワーク株式会社 神鳥 勝則 勝山 彰子 山口 希美 荒木 達也 国井 傑)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. MCP教科書 Windows Server 2008 Application編(試験番号:70-643)

MCP教科書 Windows Server 2008 Application編(試験番号:70-643)







形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798117577
定価:
4,180(本体3,800円+税10%)
仕様:
A5・480ページ
分類:
ベンダー資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高度な“サービス”を構成・管理するエキスパートの必須資格!!

70-643 : TS: Windows Server 2008 Applications Infrastructure, Configuring

マイクロソフト認定資格試験(MCP:Microsoft Certification Program)のための学習書です。試験を知り尽くした著者による解説で効率よく知識を習得し、各章末の練習問題で学習をより確実なものにできます。
本書は、Windows Server 2008対応のMCPのうち、ターミナルサービスやIIS、Hyper-Vなどを構成するスキルを問うエントリレベル資格(試験番号:70-643)の試験対策書です。試験を熟知した著者による解説で、試験のポイントを押さえた効率のよい学習を行うことができます。紙面では、画面や図を豊富に掲載しているため、実務経験の少ないユーザーでも学習に取り組みやすくなっています。


第1章 サーバーの展開

1.1 Web展開サービス(WDS)とは
1.2 ライセンス認証
1.3 Hyper-V
1.4 ネットワーク負荷分散(NLB)
1.5 ディスクの管理
練習問題
練習問題の解答と解説

第2章 ターミナルサービス

2.1 ターミナルサービスのインストール
2.2 リモートデスクトップ接続
2.3 拡張されたコア機能
2.4 ターミナルサービスWebアクセス
2.5 ターミナルサービスRemoteApp
2.6 ターミナルサービスゲートウェイ
2.7 ターミナルサービスセッションブローカサービス
2.8 ターミナルサービスのライセンスの管理
2.9 ターミナルサービスの管理と監視
練習問題
練習問題の解答と解説

第3章 Webサービスインフラストラクチャの構成

3.1 IIS 7.0のインストールと構成
3.2 Webサイトの管理
3.3 アプリケーションの管理
3.4 仮想ディレクトリの管理
3.5 IIS 7.0の管理
3.6 SSLの構成
3.7 Webサイトのセキュリティ構成
3.8 FTPサーバーの構成
3.9 SMTPサーバーの構成
練習問題
練習問題の解答と解説

第4章 ネットワークアプリケーションサービスの構成

4.1 Windows Mediaサービスの構成
4.2 Windows Mediaサービスコンテンツの保護
4.3 Windows SharePoint Servicesのインストール
4.4 Windows SharePoint Servicesサイトおよびサービスの構成
練習問題
練習問題の解答と解説

付録

模擬試験
模擬試験の解答と解説
MCP資格制度の概要

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2014年07月01日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 019
HINT
イメージグループとは、インストールイメージをグループ化して管理することです。
イメージグループとは、インストールイメージをグループ化したものを指します。
2014.07.01
1刷 027
手順[10]1行目
3刷
[応答ファイル]ペインの[Unattend]を
[応答ファイル]ペインの[Untitled]を
2010.05.27
1刷 035
下から13行目
機能限定モード
機能制限モード
2014.07.01
1刷 037
図1.39
図1.39の①と②を逆に
2014.07.01
1刷 040
HINT
cscripは
cscript
2014.07.01
1刷 045
図1.45
2刷
Windowsハパーバイザ
Windowsハイパーバイザ
2009.02.02
1刷 054
1行目
仮想ハードディスクを作成方法
仮想ハードディスクを作成する方法
2014.07.01
1刷 060
「結合」手順5 1~2行目
2刷
[新しいハードディスクに結合する]を選択します。
[新しい仮想ハードディスクに結合する]を選択します。
2009.02.02
1刷 061
下から3行目
仮想ハードディスクを作成方法
仮想ハードディスクを作成する方法
2014.07.01
1刷 064
下から8行目
複数のゲストOSを同時に稼働させるには
ゲストOSを稼働させるには
2014.07.01
1刷 064
図1.63 
2刷
図1.63 仮想マシンのネットワーク接続アイコン()とデバイスマネージャ(
図1.63 仮想マシンのネットワーク接続アイコン(左)とデバイスマネージャ(右)
2009.02.02
1刷 066
手順6
2刷
既存の仮想ハードディスクを使用 する
既存の仮想ハードディスクを使用する
2009.02.02
1刷 068
最終行
2刷
サービスセットアップディスクの挿入]を選択します。
サービスセットアップディスクの挿入]を選択します(図1.70)

(図1.70)を追加します。
2009.02.02
1刷 069
3行目
2刷
再起動を促すメッセージが表示されます(図1.70)
再起動を促すメッセージが表示されます。

(図1.70)を削除します。
2009.02.02
1刷 072
「Vmconnect.exeを使用する」
2刷
見出し・・・Vmconnect.exeを使用する 1行目・・・"C:\program files\Hyper-v\vmconnect.exe"を起動します。 図1.74・・・Vmconnect.exeによる仮想マシンのウィンドウ表示 ここがPoint・・・"C:\program files\Hyper-v\Vmconnect.exe"
見出し・・・vmconnect.exeを使用する 1行目・・・"C:\program files\Hyper-V\vmconnect.exe"を起動します。 図1.74・・・vmconnect.exeによる仮想マシンのウィンドウ表示 ここがPoint・・・"C:\program files\Hyper-V\vmconnect.exe"

見出しのみ2刷未訂正です。
2009.02.02
1刷 076
図1.78
2刷
図1.78 WebサーバーでNLBを構成するための準備
図1.78 WebサーバーでのNLBの構成例
2009.02.02
1刷 085
HINT
優先度の高い
優先順位の高い
2014.07.01
1刷 091
下から5行目
ディスクにパーティションの作成方法は
ディスクにパーティション作成する方法は
2014.07.01
1刷 098
2行目
を新規に作成方法は
を新規に作成する方法は
2014.07.01
1刷 109
問題1-5 解説3行目
3刷
Vmconnect
vmconnect

「v」は小文字になります。
2010.05.24
1刷 140
図2.12キャプション
をクリックすると再起動する
をクリックする
2014.07.01
1刷 140
図2.24
PR-1
PR1
2014.07.01
1刷 141
表2.3「設定とその意味」1段目 下から2~1行目
3刷
ターミナルサービス利用時に通常使うプリンタとはしない
ターミナルサービス利用時に通常使うプリンタとする
2010.05.27
1刷 148
四角3および図2.31キャプション(計4か所)
RemoteAPP
RemoteApp
2014.07.01
1刷 152
図2.36キャプション
TSRemoteApp
TS RemoteApp
2014.07.01
1刷 159
図2.47キャプション
インストール後にメニューの
インストール後にスタートメニューの
2014.07.01
1刷 164
step2の四角2
TS Webアクセスに必要な
TSゲートウェイに必要な
2014.07.01
1刷 173
「HINT」下から3行目
2刷
http://go.microsoft.com/fwlink/Linkid=79605
http://go.microsoft.com/fwlink/?Linkid=79605

「?」を「?」(半角)に訂正します。
2009.02.02
1刷 177
本文下から2行目
3刷
ターミナルサーバーが1つのファームとして
ターミナルサーバーが1つのファームとして
2010.05.24
1刷 182
下から4行目
同じグループポリシーが適用されるターミナルサーバーは、すべて同じTSセッションブローカーのファーム名を使用することになります(図2.67の例だと、このポリシーが適用されたターミナルサーバーは、すべてTS-Farmというファームに属することになります
このポリシーが適用されたターミナルサーバーは、すべてTS-Farmというファームに属することになります。
2014.07.01
1刷 187
下から1行目
ターミナルサービス
ターミナルサーバー
2014.07.01
1刷 198
4行目
ドロップダウンメニュー
コンテキストメニュー
2014.07.01
1刷 200
HINTタイトル
70%以上
70%超
2014.07.01
1刷 207
問題2-2、2行目
クライアントもすべてWindows Vista
クライアントすべてWindows Vista
2014.07.01
1刷 210
問2-6 1行目
3刷
ユーザーがターミナルサーバー接続にも
ユーザーがターミナルサーバー接続時にも
2010.05.24
1刷 215
問題2-15、選択肢A
Xmlファイル
XMLファイル
2014.07.01
1刷 230
4行目
対応したアプリーションを
対応したアプリーションを
2014.07.01
1刷 235
15~16行目
パスワードでログインする
パスワードでログオンする
2014.07.01
1刷 253
図3.31 左端囲み内の文字
3刷
個々のプロセスによってされるため
個々のプロセスによって実行されるため
2010.05.24
1刷 258
手順3
2刷
手順3 [IISマネージャ]に戻ります。指定したアプリケーションが作成されていることが確認できます。
手順3 [選択]をクリックし、appool1を選択します。 手順4 [IISマネージャ]に戻ります。指定したアプリケーションが作成されていることが確認できます。

手順を1つ追加します。
2009.02.02
1刷 267
1行目
物理パス
コンテンツ
2014.07.01
1刷 275
表3.7
ad
add
2014.07.01
1刷 288
四角4
IISユーザーマネージャ
IISマネージャ
2014.07.01
1刷 289
四角1
拒否したいファイル拡張子
許可したいファイル拡張子
2014.07.01
1刷 289
四角2
エントリーされている拒否情報を
エントリーされていないファイルの拒否を
2014.07.01
1刷 290
下から8行目
役割サービスの追加を行います。
役割サービスとして追加します。
2014.07.01
1刷 292
四角6
FTP Publishing Serviceの役割サービスに必要な機能が
FTP Publishing Serviceに必要な役割サービスが
2014.07.01
1刷 295
下から3行目
[ftp://サイト名]
[ftp://サイト名/
2014.07.01
1刷 296
3行目
与えられているかどうかを確認する旨のメッセージ
与えられているかどうかの確認を促すメッセージ
2014.07.01
1刷 296
下から3行目
FTPサイトのへの書き込みを許可
FTPサイトへの書き込みを許可
2014.07.01
1刷 302
図3.86キャプション
SMTP機能に必要な
SMTPサーバーに必要な
2014.07.01
1刷 304
図3.89タイトル
送信された
送信されてきた
2014.07.01
1刷 323
下から2行目
メディアストリーミングサービス
ストリーミングメディアサービス
2014.07.01
1刷 326
下から3行目
HTTPを使ったストーム配信は
HTTPを使ったストーム配信は
2014.07.01
1刷 328
四角4
公開ポイントを入力し
公開ポイントを入力し
2014.07.01
1刷 329
手順7 2行目
2刷
[ブロードキャスト用の公開ポイントの配信オプション]で配信方法を選択し、
[ブロードキャスト公開ポイントの配信オプション]で配信方法を選択し、
2009.02.02
1刷 331
表4.4項目の列
ウィザードの完了時に
ウィザードの完了
2014.07.01
1刷 334
HINT エンコーダ
変換する処理のことです。
変換するソフトウェアのことです。
2014.07.01
1刷 339
図4.20と図4.21
2刷
図4.20と図4.21の画像を差し替えます。
2009.02.02
1刷 341
図4.22キャプション
<公開ポイント>
<公開ポイント
2014.07.01
1刷 341
下から3行目
許可するユーザー
許可/拒否するユーザー
2014.07.01
1刷 343
図4.25キャプション
<公開ポイント>
<公開ポイント
2014.07.01
1刷 346
図4.28キャプション
右側のリンクから
左側のリンクから
2014.07.01
1刷 349
図4.32キャプション
サーバー構造
サーバー構
2014.07.01
1刷 350
下から2行目
インストールする前に
実行する前に
2014.07.01
1刷 357
下から4行目
サーバーの全体の管理
サーバー全体の管理
2014.07.01
1刷 357
下から3行目
サーバーの全体の管理
サーバー全体の管理
2014.07.01
1刷 357
下から3行目
サーバーの全体の管理
サーバーの全体管理
2014.07.01
1刷 364
2行目
サーバー全体の管理
サーバーの全体管理
2014.07.01
1刷 364
3行目
サーバー全体の管理
サーバーの全体管理
2014.07.01
1刷 376
4~6行目
2刷
ドキュメントライブラリや、画像ファイルを保存してサムネイル(縮小画像)で一覧を参照できるようにした画像ライブラリなどがあります(図4.63)
ドキュメントライブラリ(図4.63)や、画像ファイルを保存してサムネイル(縮小画像)で一覧を参照できるようにした画像ライブラリなどがあります。

(図4.63)の位置を変更します。
2009.02.02
1刷 379
手順4
2刷
手順4 新しくライブラリが作成されます(図4.66)。
手順4 ライブラリの新規作成画面で、名前欄に「広告掲載用画像ライブラリ」と入力して[OK]をクリックします。 手順5 新しくライブラリが作成されます(図4.66)。

手順を1つ追加します。
2009.02.02
1刷 382
下から3行目
[このドキュメントライブラリに対する権限([このリストに対する権限])をクリックして設定します。
[このリストに対する権限([このドキュメントライブラリに対する権限])をクリックして設定します。
2014.07.01
1刷 386
問題4-3の解説
この方法で月末までの日数を計算し、有効期限として設定します。
月末までの日数を計算し、この方法で有効期限を設定します。
2014.07.01
1刷 398
問題15、1行目
クライアントもすべてWindows Vista
クライアントすべてWindows Vista
2014.07.01
1刷 399
問題16、2行目
クライアントもすべてWindows Vista
クライアントすべてWindows Vista
2014.07.01
1刷 399
問題17、1行目
クライアントもすべてWindows Vista
クライアントすべてWindows Vista
2014.07.01
1刷 400
問題18、1行目
クライアントもすべてWindows Vista
クライアントすべてWindows Vista
2014.07.01
1刷 401
問題20 4行目
3刷
あるユーザーのアプリケーション
あるユーザーのアプリケーションが
2010.05.31
1刷 408
問題33 問題文4行目
3刷
他に設定しなければいけないものを選択してください。
他に設定しなければいけないものを2つ選択してください。
2011.02.04
1刷 417
正解一覧
3刷
問題5・・・C、E 問題33・・・B
問題5・・・D、E 問題33・・・B、C
2010.05.21
1刷 420
問題5 正解
2刷
C,E
D,E
2009.06.25
1刷 432
問題33 正解と解説
2刷
正解・・・B 解説・・・下記の文章に差し替えます。
正解・・・B,C 解説・・・この問題では、「FTPサイトへのアップロードを許可するユーザーに権限を付与した」と設定されているため、要件を満たすには権限を付与したユーザーでFTPサイトにログインしなければいけません。ただし、匿名ユーザーによるアクセスが有効になっている場合、ログインするためのダイアログが表示されないため、特定のユーザー(この場合、権限を付与したユーザー)でログインすることができません。したがって、匿名ユーザーによるアクセスは無効にしておく必要があります。正解は、BとCです。
2009.06.29
1刷 試験直前チェックシート
109
保護期間などの
有効期間などの
2014.07.01
1刷 試験直前チェックシート
33.RDC6.1のサポートOS 1行目
3刷
RDC6.1 Windows Server 2008
Windows Server 2008
2010.05.31
1刷 試験直前チェックシート
26.リモートコンピュータのHyper-VやゲストOSを管理する方法
3刷
“C:\program files\Hyper-v\Vmconnect.exe”
“C:\program files\Hyper-V\vmconnect.exe”
2010.05.31