Flex3ビギナーズガイド(Charles E.Brown 永井勝則)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Flex3ビギナーズガイド

Flex3ビギナーズガイド


監訳

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798118383
価格:
本体3,200円+税
仕様:
B5変・576ページ
分類:
Web制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どこからはじめたらいいのか判らない人にもお勧めしたい
Flex3入門書の決定版!!

わたしの希望は、本書を通してみなさんがFlexとActionScript3.0環境を経験し、問題を自力で解決できるようになる力を身につけることです。
本書を読み終えるころ、わたしがFlex3に興奮したあの感覚を、みなさんも味わっていただけるとうれしく思います。本書のサンプルをFlex Buliderで開き、試してみてください。本書を終えることは、終わりではなく、始まりなのです。
「はじめに」より抜粋


Chapter 1 Flexの基本

1.1 インターネットの今昔
1.1.1 HTMLとダイナミックな技術
1.2 FlexとRIA
1.3 Flex、Flex Builder、そしてActionScript3.0
1.3.1 EclipseとFlexBuilder3
1.4 FlexBuilder3のインストール
1.4.1 FlexBuilderをEclipseプラグインとしてインストールする
1.4.2 FlexBuilder3のインストール
1.5 まとめ

Chapter 2 FlexとFlexBuilder3

2.1 FlexBuilder3のスタート
2.1.1 Flexプロジェクトの作成
2.1.2 Flexアプリケーションの作成
2.1.3 プロパティの変更
2.2 Flexアプリケーションの構造
2.2.1 MXML
2.2.2 ヘルプの使用
2.3 舞台裏で起きていること
2.3.1 ファイルのデフロイ
2.3.2 生成されたActionScriptコードを見る
2.4 まとめ

Chapter 3 ActionScript

3.1 ActionScriptプログラミングの概念
3.1.1 クラスファイルとは
3.1.2 前バージョンとの互換性
3.1.3 ActionScript3.0を使ってみる
3.1.4 MXMLとActionScript
3.2 MXMLとActionScriptコードの混在
3.2.1 コメント
3.2.2 trace()関数の使用
3.2.3 関数
3.2.4 関数に引数を渡す
3.2.5 イベントの処理
3.2.6 [Bindable]タグの使用
3.2.7 インタラクティビティ(相互作用性)の追加
3.3 アクセスモディファイア
3.3.1 リファクタリング
3.3.2 Flexのデバック
3.4 まとめ

Chapter 4 コンテナ

4.1 アプリケーションコンテナ
4.2 レイアウトマネージャー
4.3 レイアウトコンテナ
4.3.1 HBoxコンテナとVBoxコンテナ
4.3.2 フォームコンテナ
4.3.3 Panelコンテナ
4.3.4 ControlBarコンテナ
4.4 ナビゲータコンテナ
4.4.1 ViewStackコンテナ
4.4.2 ActionScriptを使ったナビゲーション
4.4.3 TabNavigatorとAccordionコンテナ
4.5 ステート
4.5.1 ステートの変更
4.5.2 ステートとコード
4.5.3 ロールオーバーとステート
4.5.4 プロジェクトへのアセットの読み込み
4.6 トランジション
4.6.1 コンテナの構築
4.6.2 ステートの構築
4.6.3 トランジションの作成
4.7 まとめ

Chapter 5 イベントとコンポーネント

5.1 イベント
5.1.1 イベントオブジェクト
5.1.2 addEventListener
5.2 コンポーネント
5.2.1 コンポーネントの追加
5.2.2 コンポーネントとデータ
5.3 カスタムイベント
5.3.1 カスタムイベントの宣言
5.3.2 イベントの作成
5.3.3 イベントの送出
5.3.4 データの受け渡し
5.4 まとめ

Chapter 6 FlexとXML

6.1 データソース
6.2 XMLの概要
6.3 FlexでのXMLの使用
6.3.1 HTTPServiceタグの使用
6.3.2 データの表示
6.4 XMLとActionScript3.0
6.4.1 ArrayCollectionクラス
6.2 よいコードが悪くなるとき
6.6 FlashPlayerのセキュリティ
6.7 E4Xの導入
6.8 Modelタグ
6.9 DataGridコントロール
6.10 DataGridの列の変更
6.11 DateFormatterクラス
6.12 データの編集とレンダリング
6.13 DataGridコンテナ内の画像
6.14 Treeコントロール
6.15 AdvanceDataGridコンポーネント
6.16 まとめ

Chapter 7 フォーマットとCSS

7.1 FlexとCSS
7.1.1 CSSの基本
7.1.2 FlexでのCSSの使用
7.1.3 Flex3とCSS
7.2 検証とフォーマット
7.2.1 NumberValidator
7.2.3 ActionScriptと検証
7.2.4 StringValider
7.3 まとめ

Chapter 8 Repeaterコンポーネント

8.1 Repeaterコンポーネントの理解
8.1.1 Repeaterコンポーネント内のデータの受け渡し
8.2 XMLデータの使用
8.3 まとめ

Chapter 9 ドラッグ&ドロップ

9.1 ドラッグ&ドロップという概念の理解
9.2 DataGridコンポーネントへのドラッグ
9.3 Listコントロールへのドラッグ
9.4 ドラッグ&ドロップ機能をプログラミングで追加する
9.5 まとめ

Chapter 10 ケーススタディ:パート1

10.1 ケーススタディ:出版社のWebサイト
10.1.1 プロジェクト環境の作用
10.1.2 初期のレイアウト
10.1.3 構造の構築
10.1.4 コンポーネントの作成
10.1.5 コンポーネントの組み立て
10.1.6 プロジェクトでCSSを使用する
10.2 まとめ

Chapter 11 ケーススタディ:パート2

11.1 データソースへの接続
11.2 コードのテスト
11.3 表紙画像の処理
11.4 CoverDetalisコンポーネント
11.5 ステートの変更
11.6 ショッピングカートに機能を追加する
11.7 まとめ
11.8 おまけ

Chapter 12 Flexとデータ

12.1 ColdFusionサーバー
12.1.1 データソースのインストール
12.1.2 FlexからColdFusion8への接続
12.1.3 データの使用
12.1.4 テーマの検証
12.2 LiveCycleデータサービス
12.3 FlexからLCDSへの接続
12.4 PHPまたはASP.NETをアプリケーションサーバーとして使用する
12.4.1 データベースの準備
12.4.2 アプリケーションの構築
12.5 まとめ

Chapter 13 プリント

13.1 プリント処理
13.2 別のプリントとコンポーネント
13.3 プリントとコンポーネント
13.4 まとめ

Chapter 14 チャート

14.1 PieChartコンポーネントの使用
14.2 ColumnChartコンポーネントの使用
14.3 チャートのアニメーション
14.4 BarCharコンポーネントの使用
14.5 まとめ

Chapter 15 AIR(Adobe Integrated Runtime)

15.1 AIRとは
15.2 Hello World
15.3 アプリケーション記述ファイル
15.4 AIRアプリケーションのデフロイ
15.4.1 デジタル署名
15.5 既存のFlexアプリケーションの変換
15.6 最後に

Appendix ColdFusion 8のインストール

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2009年05月25日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 132
手順1:
手順1 http://www.seashop.com/サイトからから
手順1 http://www.seshop.com/サイトから

サンプルファイル(FLEX3.zip)は、以下のURLの[ダウンロード]タブからダウンロードできます。
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=10468
2009.05.25