組込みソフトウェア開発向け 品質作り込みガイド(独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 組込みソフトウェア開発向け 品質作り込みガイド

組込みソフトウェア開発向け 品質作り込みガイド


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798118840
価格:
本体1,714円+税
仕様:
B5変・176ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェアの品質向上へ!
品質目標値の設定とそれを実現する具体的な手法を提示

ソフトウェアの品質向上をめざして、これまでさまざまな手法や考え方が紹介されてきました。しかし、そうした議論や手法の中で、「レビューやテストをどれだけやればよいのか」あるいは「このようなシステムであればどの程度の品質が求められ、そのためにどのような手法を利用すればよいのか」といった、具体的かつ明確な指針は十分に示されてきたとはいえません。その結果、実際の開発現場では、ソフトウェア開発をめぐって、明確な品質目標を定めることが難しい状況にあります。そのため、目標値に近づけるための品質の定量的なコントロール(品質制御)という考え方が十分に実践されているとはいえず、ソフトウェア不具合やシステム障害が発生し続けています。本ガイドは、こうしたソフトウェア開発における品質制御の状況を踏まえて、組込みソフトウェア開発の現場に、よりシステマティックな品質コントロール手法を導入するための手引きとして編纂したものです。その意味で本ガイドは「ソフトウェアの成果物・作業の品質を指標を用いて可視化し、その程度に応じて適切な開発手法の利用に道筋をつける」ことを大きな目的としています。


第1章 品質作り込みガイドの読み方

1.1 品質作り込みガイドの目的と位置づけ
1.2 品質指標に基づく組込みシステム開発
1.3 本ガイドの想定利用者・利用方法と得られる効果
1.4 品質作り込みガイドの構成
1.5 本ガイドの利用に関する注意事項
1.6 関連規格

第2章 システムプロファイリングを利用した品質目標値の設定

2.1 組込みシステムの特性を考えた品質目標設定の考え方
2.2 Step-1:システムプロファイリング
2.3 Step-2:プロジェクトプロファイリング
2.4 Step-3:品質目標値の設定
2.5 プロファイリングの事例
2.6 システム障害の評価とシステムプロファイリングへの反映

第3章 品質指標の定義と参考値

3.1 品質指標の定義と意味、利用法
3.2 品質指標のカテゴライズ
3.3 品質指標―利用上の注意
3.4 プロセス品質評価指標―定義と参考値
3.5 プロダクト品質評価指標―定義と参考値
3.6 基礎指標―定義と参考値

第4章 高品質作り込みのためのヒント

4.1 開発におけるコミュニケーションと意思決定
4.2 ドキュメント
4.3 レビュー
4.4 テスト
4.5 指標を用いた品質作り込み活動

付録 A 参考文献
付録 B フィードバックについて

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2010年06月11日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 039
太字部分
Nタイプの仕様書レビュー充当率:2.00% 設計レビュー充当率の補正ベース値:4.00%
Nタイプの設計レビュー作業充当率:2.00% 設計レビュー作業充当率の補正ベース値:4.00%
2010.06.11
1刷 049
表2-7
4 | 中 | ユーザの目的が一部達成できなくなる
4 | 中 | ユーザの目的が達成できなくなる
2010.06.11
1刷 090、092、094
名称(英語表記)
Document Discription
Document Description
2010.06.11
1刷 098
名称(英語表記)
Ratio Of Controle Statement
Ratio Of Control Statement
2010.06.11
1刷 101
項目の名称
指標値の意味 計方法 指標の利用法
指標値の意味 計算方法 指標の利用法
2010.06.11
1刷 133
名称(英語表記)
Number Of Eriminated Fault
Number Of Ereminated Fault
2010.06.11
1刷 168
参考文献「メトリクス」内の著者名
初めて学ぶソフトウェアメトリクス  ローレンス・H・トナム他
初めて学ぶソフトウェアメトリクス  ローレンス・H・パトナム他
2010.06.11